2017年3月27日 (月)

40年ぶりのミャンマー訪問(その7) ニャンウー市場

ターミナル・ビルの手前の部分は天井が低い平屋建てでした。左手のドアが預けた荷物の搬入口で、乗客区は右手の入り口からターミナルに入ります。ちなみに、国際空港として通関の機能はあるそうですが、現在、国際線の定期便は運行されていないようです。また、昨年(2016年)バガンを訪れた外国人観光客は約28万4000人、前年から急増(15%増)しているそうです。近年の政治的な安定が背景にあるのでしょう。       機内に預けたスーツケースを待つ間にざっと確認すると、日本人観光客がほぼ半数を占めているようでした。手作業で行われるため、5分以上待たされました。写真はその奥にある天...

» 続きを読む

2017年3月26日 (日)

40年ぶりのミャンマー訪問(その6) ヤンゴンからパガンへ(後編)

午前7:15発AIR KBZのK7 242便は、霧で機体の到着が遅れたため、15分遅れで出発。畿内はビジネス客と外国からの観光客でほぼ満席。バガン空港までは約500km、約1時間20分のフライトです。ちなみに、KBZは航空会社の他に銀行などを所有する企業グループ(コングロマリット)で、昔ミャンマー東部のシャン地域にあった国名にちなむ名前とのこと。窓の外には同じAIR KBZ社のプロペラ機が並んで駐機しています。     誘導路をタクシーイングして主滑走路へ向かいます。         離陸すると左手に国際線用のターミナル1(左)とター...

» 続きを読む

2017年3月25日 (土)

40年ぶりのミャンマー訪問(その5) ヤンゴンからバガンへ(前編)

夕食後にチェックインしたのはダウンダウンの北方、カンドーヂ(ロイヤル)湖畔にある5つ星リゾートのチャトリウム・ホテル・ロイヤル・レイク・ヤンゴン。元はホテル日航(1988年開業)だったそうです。2010年に日航が再建のためホテル事業から撤退したためでしょう。セキュリティをしっかり確保するため、正門では守衛による入場車両の目視確認が行われ、玄関前ではすべての手荷物がX線で検査されました。現地係員がフロントでチェックインを代行してくれます。       ロビーに置かれたミャンマーの伝統楽器であるチョー(弦楽器)の一種サウン・ガウ(ビルマの竪琴、写真右)とワーパタラ(竹...

» 続きを読む

2017年3月24日 (金)

40年ぶりのミャンマー訪問(その4) ヤンゴン空港からダウンタウンへ

機内からボーディングブリッジに出ると直ちに熱波が体に伝わりました。午後4時過ぎとはいってもまだ最高気温からあまり下がっておらず、外気温は35度以上あるのは確かなようです。11番ゲートとの間にあるエスカレーターを利用して1階にある入国審査場(Imigration)へ下りると、ミャンマー国籍、ASEAN国籍、その他外国人(Foreigners)、外交官(Diplomat)の4種類に分けられたカウンターが並んでいました。   入国審査はパスポートとビザの確認はもちろん、カメラの映像による顔認証チェックを行う別の場所にいると思われる係官と音声連絡を取り合うという念の入れ方で、一人当たりの所用...

» 続きを読む

2017年3月23日 (木)

40年ぶりのミャンマー訪問(その3) 機内映画「ラ・ラ・ランド」を観ながらヤンゴン空港へ

12時50分ころ、飛行機は高度9100mで鹿児島県の屋久島上空(やや西寄り)を通過しました。     昼食のあとは入国カードに記入しながら、座席のスクリーンで話題のアメリカ映画「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」(2016年作品、127分)を観て楽しむことにしました。アカデミー賞では13部門で14ノミネートされて前評判が高かったものの、結果は主演女優賞をはじめ、撮影賞・作曲賞など最多6部門で受賞しました。変わった題名は、”LA"つまりカリフォルニア州ロサンゼルスが舞台であることを意味するとともに、「おとぎの国」(ハリウッド)を指すようです。ネタバレがあります...

» 続きを読む

«40年ぶりのミャンマー訪問(その2) 成田空港を出発

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ