2016年9月27日 (火)

新東名高速道路の延伸区間を走る(後編)

岡崎東ICを通過       秦梨(はだなし)トンネル(長さ1130m)       岩中岩戸トンネル(長さ770m)       岡崎SAにも立ち寄ります。       上下線集約型のSAですが、建物のデザインは下り線が積み木をモチーフとした洋風で、上り線が岡崎宿をイメージさせる和風と対照的なものになっているそうです。         片側3車線になった新東名を走りはじめると豊田東JCTが近づきました。     &...

» 続きを読む

2016年9月26日 (月)

新東名高速道路の延伸区間を走る(前編)

7月初旬、伊勢神宮参拝の帰路に新東名高速道路(正式名称:第二東名高速道路)の延伸区間(約55.2km)、トヨタJCT-浜松いなせJCT(上り線)を初めて走行しましたが、夜間であったため、この区間の様子を知ることはできませんでした。今回は下り線になりますが、例によって当該(とうがい)区間である「浜松いなせJCT」-「豊田東JCT」・「トヨタJCT」間を細かく確認しました。ちなみに、「豊田東JCT」-「豊田JCT」間は伊勢湾湾岸道路に属しています。   現状は片側2車線・最高速度100kmですが、当該区間の以東のように、将来の片側3車線化(設計最高速度120km)が予定されているようです...

» 続きを読む

2016年9月17日 (土)

続々・奥の細道擬紀行 帰路

車の通行量が多い国道23号を走り、伊勢市の隣の明和町を抜け、伊勢市を出発してから一時間後には松坂市に入りました。国道42号が合流する地点で渋滞が始まったようです。左手へと分岐する「中勢(ちゅうせい)バイパス」に入ることにしました。国道23号の渋滞を解消するために、鈴鹿市を起点とし、津市を経由して、松坂市を結ぶ国道23号のバイパス(長さ33.8km)です。今年2月に津市野田と同久居間が開通したことで、松坂市小津町-津市野町間(23.95km)および鈴鹿市の区間(4.1km)が開通し、開通率は約83%に達しているそうです。  「中勢バイパス」を20kmほど走った津市河芸町(かわげちょう)...

» 続きを読む

2016年9月16日 (金)

続々・奥の細道擬紀行(続編) 「伊勢志摩スカイライン」

国道23号を伊勢浦田交差点まで戻り、県道32号(いせどうろ)へ右折し、五十鈴川を渡ると「伊勢志摩スカイライン」の料金所(伊勢側入口)がありました。ちなみに、通行料金は1250円。       急な上り坂をを上がります。       駐車スペースがある最初の展望所「鹿が原」から見た東方向(鳥羽方面)の景色です。地震雲とも呼ばれる葉巻型の雲が浮かんでいます。モーニング・グローリーにも似て巨大です。       絶景を堪能(たんのう)して先へ進みました。     「一宇田(いちうだ)展望台」...

» 続きを読む

2016年9月15日 (木)

続々・奥の細道擬紀行(続編) 「おはらい町」と「おかげ横丁」

宇治橋から右手へ歩いて内宮門前町の「おはらい町」へ入りました。右手にある食事処「岩戸屋」(売店)は土産物と伊勢海老コロッケ・串ものなどを売る大きな店です。伊勢神宮(内宮)に一番近く、郷土料理「参宮コンビ」(伊勢うどんとてこね寿司)に人気があるようです。写真では見にくいのですが、左前方にお多福の大きな面がシンボルとなっている「岩戸屋 本店」(明治43年創業)があります。       「岩戸屋 本店」に置かれた「お多福像」です。ちなみに、お多福(別称:おかめ)は、日本神話の「岩戸隠れ」に登場して岩戸の前で舞を舞った女性(日本最古の踊り子)であるアメノウズメ(天宇受賣命...

» 続きを読む

«アボカドを育てる

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ