2017年10月21日 (土)

「出雲大社」の早朝参拝(後編)

「東神苑」に咲く曼珠沙華(まんじゅしゃげ)     「祓い橋」を渡ります。       「下り参道」を上がって「勢溜の鳥居」へと進みます。       「勢溜の鳥居」からは薄明るくなった空の下に伸びる神門通りを一望できます。やはり、早朝にも参拝して良かったと実感しました。       「神門通り」の先には「大鳥居」(石の鳥居)が見えます。     そして、3名ほどの参拝者の姿も。     国道431号と神門通りが交差する角に立つ「出雲大社周辺案内...

» 続きを読む

2017年10月20日 (金)

「出雲大社」の早朝参拝(中編)

前日と同様、「松の参道」の左側を進みます。     「連理の松」の片方は大きく傾いています。       「手水舎」に寄り、           「荒垣」の出入口に立つ「銅の鳥居」を潜ります。拝殿の前に参拝者を一名発見。       左脇には「神馬神牛(しんぎゅうしんめ)像」があります。       神社にある牛や馬は神様の乗り物あるいは神様の使いとされますが、「出雲大社」では「学問」が進み、「子宝」に恵まれるとの言い伝えがあるそうです...

» 続きを読む

2017年10月19日 (木)

「出雲大社」の早朝参拝(前編)

県道29号と国道431号を戻り、「出雲大社」の「勢溜の鳥居」前から神門通りを南下し、約500m先にある「ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)・出雲大社店」に到着しました。今年6月、群馬県前橋市にある前橋南店に宿泊して利用しやすさが気に入り、今回も宿泊先に選んだのです。神門通りに面していることも魅力です。この日は疲れたこともあり、記録の整理はほどほどにして、午後9時には就寝しました。   翌朝は午前5時に起床。40分後には軽装で部屋を出ました。「出雲大社」を早朝に参拝するためです。前日参拝していますが、新たな気持ちで2度目の参拝をすることにしたのです。     ...

» 続きを読む

2017年10月18日 (水)

「稲佐の浜」から「出雲日御碕灯台」へ(後編)

灯台の近くから見る日御碕は福井県の東尋坊(とうじんぼう)に似た景観です。           記念撮影をする観光客たち       「鳥見台」まではわずか500mですが、「出雲大社」の境内を歩き回ったことで両足の痛みが強まりましたから断念することにして、「日御碕灯台」の敷地内へ向かうことにしました。       「出雲日御碕灯台」の敷地に入ります。参観時間は9:00~16:30とあります。       左手にある「灯台資料展示室」は閉まっているようです。 ...

» 続きを読む

2017年10月17日 (火)

「稲佐の浜」から「出雲日御碕灯台」へ(前編)

「出雲大社」の第2駐車場から国道431号に出て、 出雲の阿国(おくに)の墓がある奉納山公園の脇を通過すると、「出雲大社」から1km余りで海岸線に行き当りました。ちなみに、国道431号はこの交差点で左に折れて国道9号方面へ向かいます。正面(交差点の道路脇)には「日本の渚・百選」「みさきうみねこ海道」「稲さ海岸通り」などの案内看板があり、海から聳(そび)える「弁天島」に鳥居が見えます。ここが神話にも登場する「稲佐の浜」です。       駐車場の防潮壁には「出雲路自転車道」の大きな表示があります。「稲佐の浜」の先に見えるのは「大社(たいしゃたいしゃ)漁港」のようです。...

» 続きを読む

«出雲市の「出雲大社」(最終回)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ