2017年6月29日 (木)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その16) 新潟県南魚沼市へ

午前6時前に起床。朝の散歩を終えた午前7時ころ、ロビーへ向かいました。それほど広くはありませんが、フロントと対面する位置(道路に面した場所)にある暖炉の前に椅子が並んでいました。       こちらは右奥のスペース     左手の入口に近い場所に、数種類のパンとトースター、そしてジュースやコーヒーなどが置かれ、宿泊者は好みに応じて選ぶことができることも、アメリカのモーテルと同じです。もっとも、アメリカの硬いパンや甘いドーナツではなく、日本人好みの柔らかくて甘さを抑えたパンばかりでしたが・・。   軽い朝食を済ませた午前7時30分、次の...

» 続きを読む

2017年6月27日 (火)

和田竜著「忍びの国」を読む

7月1日から映画「忍びの国」が上映されます。この映画で描かれる「天正伊賀の乱」も常勝・織田軍が喫(きっ)した大番狂わせです。なぜ、最強にして大軍の織田は戦国大名もいない伊賀を攻略することができなかったのか?(映画のキャッチコピーより)   「のぼうの城」や「村上海賊の娘」で歴史小説の若き旗手となった和田竜氏に興味を持つ私は、映画ではなく、これらと同様、史実に光をあてた同名の原作小説(2008年新潮社刊)を読むことにしました。   [概要] 文吾と無門という2人の若い伊賀忍者を物語の引き回し役とし、伊賀の地侍の集まりである十二家評定衆を束ねる百地(ももぢ)三太夫や下山甲斐(か...

» 続きを読む

2017年6月24日 (土)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その15) 「ファミリーロッジ旅籠屋・前橋南店」と鳥めし本舗「登利平本店」

県道127号から県道10号に入り、国道17号と県道11号、そして県道27号を走って、前橋市西善町にある「ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)・前橋南店」に到着。最近知った郊外型B&B形式(軽朝食付き)の宿泊施設で、市街地の外れに立地するアメリカのモーテル(注、日本とは意味が異なる)とほぼ同じといえます。車で旅行する人には便利(幹線道路への好アクセスと無料駐車場)で経済的な(簡素な客室、夕食なし)宿泊施設といえます。     敷地の奥にある駐車場から収穫期を迎えた麦が栽培される田んぼが広がっています。     実は、群馬県など北関東地方は小麦の生産が...

» 続きを読む

2017年6月23日 (金)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その14) 史跡「上野国分寺跡」

県道10号をさらに東へ進み、棟高東交差点を左折して県道25号(バイパス)を北上し、イオンモール高崎がある辻久保交差点を右折、県道127号(西毛広域幹線道路)の塚田交差点の先で左手の脇道に入りました。この先に史跡「上野国分寺跡」があるはずです。脇道が染谷川(そめやがわ)に行き当った場所にある駐車場に車を停めました。史跡「上野国分寺跡」の専用駐車は最近造られもののようで新しく、乗用車が20台余りとバス5台分のスペースがあります。     「上野国分寺」は、天平(てんぴょう)13年(741年)に聖武(しょうむ)天皇が国ごとに僧寺と尼寺を建立する詔(みことのり、注、天皇の命令)を発...

» 続きを読む

2017年6月22日 (木)

グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その13) 「保渡田古墳群」(後編)

「石棺埋葬の推定断面図」       石棺には長持型・家形・箱型の3種類があるようです。       通路の背面に展示された写真パネル       地下を一周する形で「円墳」の頂部に戻りました。円墳の北側には古墳時代に大噴火した榛名山の「二ツ岳」の方角が絵で示されていました。左端には「薬師塚古墳」も描かれています。       その絵にしたがって榛名山方面を撮影       下方を見ると「内堀」の島も石葺されて、頂部には円筒埴輪が並べられています...

» 続きを読む

«グルメを求めて上信越を巡るドライブ旅」(その12) 「保渡田古墳群」(中編)

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ