2017年2月17日 (金)

大崎副都心の高層ビル群(後編)

目黒川の下には首都高速中央環状線(C2)が通っています。       タワーマンションの「アートヴィレッジ大崎ビュータワー」(28階建、2007年竣工)に沿って左手にカーブしました。       オフィスビルの「アートヴィレッジ大崎セントラルタワー」(22階建、2006年竣工)       オフィスビルの「大崎フロントタワー」(15階建、2005年竣工)       オフィスビルの「大崎センタービル」(17階建、2009年竣工)       「大...

» 続きを読む

2017年2月16日 (木)

大崎副都心の高層ビル群(前編)

所用で品川区北品川を訪れました。最寄駅はJR山手線の品川駅と大崎駅ですが、より近い大崎駅で下車。用事を済ませたあと、再開発が目覚ましい大崎駅周辺(大崎副都心)の高層ビル群を巡ってみることにしました。ちなみに、東京の副都心には良く知られる新宿・渋谷・池袋に加えて、上野・浅草、錦糸町・亀戸、臨海(有明・青海・台場・東八潮)、そして大崎の計7か所があります。   大型の建造物が好きな私は当ブログで数多くの高層ビルを紹介しています。主なものを挙げると、「西新宿副都心」「品川駅東口」「汐留エリア」「渋谷ヒカリエ」「有明」「赤プリ」「東京ステーションシティ」「都心のビル」「三軒茶屋」「名古屋駅前...

» 続きを読む

2017年2月12日 (日)

高齢者による自動車運転を考える

交通事故はさまざまな対策が取られたことで事故数がピークに達した10年前の半数の水準まで低下(改善)された一方で、高齢者による交通事故、特に運転中に起こした事故が最近増えていることが、マスコミによって連日のように報道されます。交通事故の2件に1件、つまり半数が高齢者によることが耳目を集めているのです。   死亡事故では、高齢者が約3割を占めますが、年代別にみると、10代と80代が一番高く、次いで20代と70代、そして30代から60代までは大差がないという鍋底形の分布になっています。   また、65歳以上の男性ドライバーでは6割以上が中程度の認識症を抱(かか)えていることが日本...

» 続きを読む

2017年2月 7日 (火)

久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(最終回) 亀山渓谷温泉郷「湖水亭嵯峨和」の立ち寄り湯

県道34号を3kmほど戻って国道410号に入り、君津市方面を目指しました。高度を上げた国道410号は君鴨(きみかも)トンネル(長さ696m)を抜けて鴨川市から君津市に入り、徐々に高度を下げながら名取交差点で国道465号と県道24号に行き当たりました。   どちらの道を選んでも良いようですが、カーナビの推奨する県道24号(久留里街道)を選んだところ、亀山温泉は狭い市道の先であることを示しています。なんとか広い道に行き当たって右折すると「亀山温泉湖水亭嵯峨和」の立て看板が目に入りました。注、写真は帰る時に撮影       案内看板にしたがって左折し、さらに左...

» 続きを読む

2017年2月 6日 (月)

久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(その6) 鴨川市の「大山千枚田」

走り馴れた国道410号(房総フラワーライン)で千倉町平磯や白間津(しらまづ)にある「露地栽培の花畑」を見るため立ち寄った道の駅「白間津花のパーキング」を通過したあと、より海岸線に近い県道251号を走ることにしました。千倉港を過ぎた北朝夷(きたあさい)交差点で国道410号に戻りました。ちなみに、変わった地名の「朝夷」は安房国にあった「朝夷郡」(現在の南房総市の一部と鴨川市の一部)に由来しているようです。   千倉町白子地区(内房線の千歳駅近く)で県道297号(房総フラワーライン)にそれてローズマリー公園前を通過し、フラワーライン入口交差点で国道128号に合流しました。その先は山が海岸線...

» 続きを読む

«久しぶりの南房総ドライブ旅を満喫する(その5) 相浜漁港の相浜漁業組合直営「相浜亭」

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ