« カナディアン・ロッキーのドライブ | トップページ | 北米ドライブ後記 »

2005年11月19日 (土)

ナイアガラへの旅

ニューヨーク市内を2日ほど観光したあと、車でナイアガラへ出発。マンハッタンを抜けると田舎道が続きます。いくつも町を通過してナイアガラに近いバッファローへ到着しました。ここで少し休憩してナイアガラの滝へ向かう。夏の太陽はまだ高いので、滝を望む駐車場に車を停め、手すり越しにナイアガラ滝の遠景を楽しみました。滝の水音だけでなく、地響きまでが伝わってくるようでした。周辺を散策する。
 

13日が沈み始めました。それではホテルへ行こうと、書類を取り出して住所を確認する。何とその住所は国境を超えたカナダです。旅行代理店には「アメリカ側のホテルを」と念を押したはずなのに!私のパスポートは手続きのため手元にないからです。いろいろありましたが、世の中は何とかなるものですね。YMCAの保育施設(デイケア)に泊めていただくことになりました。子供が昼寝に使う簡易ベッドはアメリカでも小さくて、私の足がはみ出てします。その夜は学生時代の無銭旅行を思い出しながら寝ました。

9翌朝、不機嫌そうな同行者の表情に気付かないふりをして遊覧船の乗り場へと急ぎます。さっそく「霧の乙女号」に乗船。手渡された青色の雨合羽を着てみると、サイズが大きすぎました。船はどんどん滝壺に接近します。霧雨のような水しぶきが段々横殴りの雨に変わりました。

視界も霧の中に居るようです。大きな雨合羽を着ていてもずぶ濡れに。ナイアガラの超怒級の水量と滝壷の迫力ある響きに圧倒されました。実は、この時から滝に魅せられてしまい、南米のイグアスの滝や中国貴州省の黄果樹の滝などに出かけることになりました。あとはアフリカのビクトリア滝にも是非行きたいですね。

10遊覧船から降りたときは同行者もご機嫌でした。「すごいすごい」を連発。ナイアガラの滝の威力は素晴らしいですね!感謝しました。

帰路も同じ道をニューヨーク市内へ戻る。このルートは平凡過ぎて私好みのドライブ・コースではありませんでした。往復で800マイル(約1300km)です。

ニューヨークからはアムトラックを利用してワシントンまで列車の旅です。

 
 
 
 

<同行者のコメント> 日が暮れたあとの宿探しは大変!一時は野宿かと思いました。チョットした手違いでは済みませんよ。でもナイアガラの滝が素晴らしかったことで許してあげます。後日、一人で南米まで滝を見に行ったうちの旦那さんは、「イグアスの滝の方が大きかったぞ」と私に自慢?します。それではそちらも見せてくださいな。
 

15 

|

« カナディアン・ロッキーのドライブ | トップページ | 北米ドライブ後記 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイアガラへの旅:

« カナディアン・ロッキーのドライブ | トップページ | 北米ドライブ後記 »