« ニュージーランドの首都ウエリントン | トップページ | クウェートの砂嵐と冷や汗 »

2005年12月23日 (金)

メキシコのカンクーン

紺碧の海と空、そして古代マヤ遺跡が多数残る観光地です。アメリカから飛行機で約2時間、メキシコ湾対岸にあるユカタン半島の先端にあります。日本からの観光客に人気のスポットの一つです。
 

1_7_thumb 海岸には高級リゾートホテルが建ち並んでいました。ホテルにチェックインしたあと、さっそく浜辺を散策しました。真っ白な砂浜と海の美しさは期待通りです。土産物屋を冷やかします。ショッピングセンターのホールでフォルクローレの楽団が演奏していました。お決まりの「コンドルは飛んでいる」や日本の歌も…。ホールに響くパンフルートの音色が最高です。夕食はもちろん生演奏を聴きながら家族全員でメキシコ料理を楽しみました。 

 

16_2_thumb17_5_thumb    

カンクーンよりも海がきれいなコスメル島あるいはイスラ・ムヘーレス島へ行くかを迷いましたが、やはり一番興味があるトゥルム遺跡とチェチェン・イツァ遺跡を廻る一泊バスツアーに参加しました。日本人は私の家族だけでした。  

 

最初に停まったシェルハ海浜公園でシュノーケルに挑戦。泳ぎが得意ではない私もはじめてやってみました。深い入り江のため海水が思ったほど澄んではいません(日本の海と同じくらい)が、それでも魚が手に取るような近さを泳ぎます。すぐ近くのトゥルム遺跡は海岸沿いの高台にあります。アメリカ風に開発されたカンクーンに程近いのですが雰囲気がまったく異なります。海洋都市だったようです。原形を留めている建物は一部でしたが、海を望む景色が素晴らしいです。

 

12_3_thumb15_5_thumb

 

バスの車窓からメキシコの田舎町を眺めながら長いドライブ、夕方近くにホテルへ到着。翌日は世界遺産のチェチェン・イツァ遺跡を見て廻りました。

 

20_3_thumb

22_2_thumb 

広いエリアに広場、球技場、天文台、石柱の列、巨大なピラミッドが点在しています。このピラミッドには歩いて登れます。アシストするものはロープ一本ですから急でステップが狭い石段を頂上まで登るのは骨です。頂上の神殿からは辺りが一望できます。森の中に石の建造物が並んでいる様が良く見えました。降りる時はもっと大変でしたが…。四方に階段がついていますが、一部崩れている階段もあり、登れるのは2つだけでした。聖なる泉の深さは吸い込まれそうです。3世紀頃から繁栄したマヤ文明は16世紀にスペインによって滅ぼされます。
 

カンクーンは物価が高く贅沢な旅でしたが最高に満足できました。

|

« ニュージーランドの首都ウエリントン | トップページ | クウェートの砂嵐と冷や汗 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/7803492

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコのカンクーン:

« ニュージーランドの首都ウエリントン | トップページ | クウェートの砂嵐と冷や汗 »