« パソコンとの出会い | トップページ | 府中の並木散策と小平の湯 »

2005年12月17日 (土)

旅の思い出を残しましょう

旅の楽しみは帰ってからも余韻が残ります。持ち帰ったお土産はもちろん、撮影した写真やビデオは何度でも繰り返して見ることができます。私の場合はさらに録音テープが旅の思い出をリアルに甦らせてくれます。最初の海外旅行にはカセットテープを持参しました。機内アナウンスやエンジンの響きが懐かしいです。

旅を重ねると記録が溜まって収拾できなくなりませんか?デジタル家電の時代はこれらの記録を簡単に整理・保存することができるようになりました。カセットテープの音はパソコンでデジタル化してCDに記録、スキャンしたアナログ写真も一緒に入れられて便利です。ビデオテープはDVDレコーダでDVDに記録できます。技術に自信のある方はパソコンを使っても良いでしょう。

とにかくあるものを全部デジタル化しましょう。長い時間が必要ですから、長期戦を覚悟してのんびり取り組むのがコツだと思います。私にとって一番大変だったのは古いレコードとソノラマの音楽でした。ダビングの操作がすべて手動で面倒なうえに、スクラッチ・ノイズが気になります。専用のソフトを使えば楽なのでしょうが、波形を見ながら一つひとつミュートするのは疲れました。これは徒労と言うべきでしょうか!?

写真はデジカメを使えばそのまま使えますが、私が始めた10数年前は結構大変でした。アナログ写真をコダック・ラボでデジタル化して貰ったところ、料金は1枚当たり数ドルで、フィルム数本で何百ドルと高価でした。スキャナーを購入してからはこつこつとデジタル化を行いました。映りの悪い写真のカラー調整には何分も掛かりました。今ならワンタッチで補正してくれる良いソフトがありますから苦労はありませんが・・・。

アナログ・ビデオのデジタル化はパソコンやDVDレコーダで簡単にできますが、大変なのは編集とタイトル付けです。最近のソフトはお仕着せで簡単にできるようです。ビデオの中には30年前の8ミリフィルムをVHSに変換し、さらにDVD化したのもありました。一応カラー映像ですが音無しです。

仕上げはCDDVDのラベルにタイトルとともにイラストや写真を印刷することです。ケースの背中にもタイトルを入れることを忘れないようにしましょう。100円ショップで売っているようなCD/DVDケースに入れて完成です。私は子供たちが産まれてからの記録をパッケージにしてプレゼントしました。皆さんもいかがですか?楽しいですよ!

「最初の海外旅行」 1975年ヨーロッパ
 

アラスカ・アンカレッジ     デンマーク・ヘルシンガー     パリ・エッフェル塔を望む
オランダ・運河と跳ね橋             スイス・ジュネーブ
ロンドン・バッキンガム宮殿           ローマ・バチカン宮殿
スイス・車窓風景                  フランス・モンブラン山麓
Anchorage Helsingor Paris Netherland Geneve_2 Buckingham VaticanSwiss_2 Mont_blanc

|

« パソコンとの出会い | トップページ | 府中の並木散策と小平の湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

温泉マンさん、こまめですね!
海外の写真もたくさんあるのでしょうね
各国のこの一枚と言うようなベスト写真はいかがですか

投稿: 悠遊写真館長  | 2005年12月17日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/7658600

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出を残しましょう:

« パソコンとの出会い | トップページ | 府中の並木散策と小平の湯 »