« 東京にまた人気スポットが誕生 | トップページ | 目黒川の桜と大江戸東山温泉 »

2006年3月27日 (月)

鶴見三ツ池公園の桜と綱島温泉

東京で開花宣言が出されるとともに近所の桜も蕾がほころび始めています。お花見の良い場所を思いつきました。横浜市鶴見区にある県立三ツ池公園です。第二京浜の響橋(通称めがね橋)に近い場所で、横浜市道環状2号線あるいは第二京浜の北寺尾の交差点から入るのがよいと思います。鉄道を利用する場合は鶴見駅西口あるいは新横浜駅からバスに乗る必要があります。ここを訪れるのは久しぶりです。
 
DSCF0008DSCF0014
写真 横浜緋桜(上段左) 江戸彼岸と大島桜(上段右)
 
   

DSCF0010DSCF0027 
三ツ池公園は日本の「さくら名所100選」に選ばれていますが、意外と知られていません。この三ツ池公園は、江戸時代に灌漑用水として利用された3つの池を、豊かな木立が囲んでいます。1000本以上、35種の桜が植えられています。大半が染 井吉野ですが、横浜緋桜、大寒桜、大島桜などがちょうど5分咲きといったところで、公園全体が桜色に覆われて壮観でした。
 
DSCF0019Dscf0033
 

池の周りを廻る散策道にそって歩いてみました。1000m余りです。丘の上にはTVKの放送タワーがそびえています。現在整備が進む公園内にあるいくつもの広場は、それぞれ志向が凝らしてあり、家族連れが楽しむのに適しているでしょう。入り口近くには中国から贈呈された「馬超龍雀」の像と韓国庭園があります。
 

DSCF0040鶴見駅近くの総持寺へ向かいました。こちらも久し振りです。桜の木はそれぼど多くはありませんが、参道脇や、香積台と大租堂の前庭には染井吉野や緋桜が咲いていました。(写真 総持寺大祖堂と桜)
 
 
 
 

車で20分ほど、綱島街道の綱島駅近くに綱島ラジウム温泉「東京園」があります。創業が昭和21年と長い歴史を持つ天然のラジウム温泉です。その効果で体が芯まで暖まりました。黒湯の色の濃さと滑り感、そして休憩用の大広間があるなど私好みの温泉です。広々とした庭には草花とともにみごとな桜が楽しめました。入浴料が800円と安いのも魅力です。日中で入浴時間が1時間以内であれば何と400円と激安になることは驚きでした。

 

写真 東京園の桜DSCF0042

<同行者のコメント> ちょうど桜が見ごろになる直前で、人出もまだ少なく、ゆっくり観賞できました。綱島のお湯は真っ黒で驚きました。でも体がポカポカと温まって大満足です。

|

« 東京にまた人気スポットが誕生 | トップページ | 目黒川の桜と大江戸東山温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/9281626

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見三ツ池公園の桜と綱島温泉:

« 東京にまた人気スポットが誕生 | トップページ | 目黒川の桜と大江戸東山温泉 »