« 陣馬山と藤野やまなみ温泉 | トップページ | 隅田川遊覧と浅草蛇骨湯 »

2006年5月28日 (日)

中川温泉ぶなの湯と蛍狩り

あいにくの空模様で遅い出立となりましたが、神奈川県の山北町へ向かいました。国道246号清水橋の交差点を右折、河内川にそって丹沢湖方面に。そして中川温泉を過ぎてさらに奥へと進み、箒杉の茶屋に到着。

Dscf0005_2茶屋内には山の写真が所狭しと貼ってある。尋ねるとご主人が撮ったものだと。中には航空写真もある。以前、土木関係の仕事をしている時にヘリコプターから撮影したとのこと。滝について尋ねると奥からアルバムを取り出して来て、西丹沢の滝と山々の写真を見せながら説明してくれる。東沢、西沢、大滝沢に大きな滝が多数あり、往くのはそれほど難しくない、1時間半くらいだと勧めてくれる。雨天で足元が悪いので今日は「ボウズクリの滝」にすると言うと詳しく道案内も。

 

Dscf0004_4 Dscf0007_3 Dscf0012_1

 

いつもは道路から見上げたり根元に立って眺める箒杉だが、今回は展望台に上って高い位置からも眺めてみた。樹齢2000年、国の天然記念物の箒杉は何度見ても見事である。
 
 
Dscf0008_2Dscf0016_1

  

昼食後は中川温泉へ。前回は信玄館で心地よい湯を使わせて頂いたが、今回は「町立ぶなの湯」にする。中川バス停の下にある人気の浴場である。泉質は単純アルカリ性泉。浴室は八角形のデザインで武蔵村山のかたくりの湯を小形にしたようだ。まだ新しさが残る内湯と外湯は気持ち良く、新緑の木々に囲まれて爽やかな雰囲気である。残念ながら中川の渓流は塀に遮られて望めない。中川沿いの道を涼みながら散策、吊り橋「湯ノ沢橋」から清流を堪能する。
 
Dscf0019_5Dscf0022
三保ダムの下まで戻る。いつもは通り過ぎてしまうが、今回は茶屋のご主人に教えられたように棚沢キャンプ場バス停横を右下に下り、キャンプ場の駐車場に車を停めさせていただく。心もとなげな吊り橋で対岸に渡り、作業中のキャンプ場のご主人に声を掛ける。

 

キャンプ場内を抜けて進むとボウズクリ(坊作り)の滝が見えてきた。2段になって流れ落ちている。最上部が木陰で見えないため40mの高さは感じられないが、なかなかの見ごたえである。山北町では洒水の滝がよく知られているが、南足柄の夕日の滝とともに良い滝である。

 

246号を戻り山北駅近くの宮地を右折して南足柄市へ向かう。入り組んだ道で少しまごつくが、大雄山最乗寺の長い杉並木「天狗の小径」(県の天然記念物、長さ3km)を上って三門へ。そして本堂で参拝する。御真殿の横には洗心の滝があった。さすがに600年以上の歴史がある曹洞宗の名刹である。
 

Dscf0027_2午後の4時半を過ぎたので、同じ南足柄にある某ビール工場へと向かう。その構内で開催される蛍狩りが目的である。暗くなるまでの時間を利用してビール工場内を見学させてもらう。もちろん作りたてのビールの試飲も。帰りは助手席で・・。

 

暗くなった午後7時からいよいよ蛍狩りである。しとしと降る雨の中を「ビオガーデン」の小径を下りて行く。案内にあったように7時半を過ぎると源氏蛍が小川の草むらで光り始めた。雨にもめげないで飛ぶ元気な蛍もいる。彼方此方で歓声があがる。蛍を見るのは何年振りであろうか? 満足して帰路に着く。 

 

<同行者のコメント> 雨の中をまた滝見物です。好きなんですね! 箒杉茶屋のご主人の写真の多さにはびっくり。もっと説明したい様子でした・・・。雨で蛍を見られるか心配でしたが、私の手にとまってくれてすごく感激しました。思っていたよりも蛍は小さいのですね。 

|

« 陣馬山と藤野やまなみ温泉 | トップページ | 隅田川遊覧と浅草蛇骨湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中川温泉ぶなの湯と蛍狩り:

« 陣馬山と藤野やまなみ温泉 | トップページ | 隅田川遊覧と浅草蛇骨湯 »