« チャングムの誓い | トップページ | 蘆花公園と高井戸天然温泉「美しの湯」 »

2006年9月 3日 (日)

箱根外輪山ハイクと弥次喜多の湯

夏の課題に目途がついたことで温泉巡りを再開。午前730分に仙石原の公時(きんとき)神社に到着。外輪山の最高峰である金時山とその周辺の山をハイキングすることにしました。神社下の公共駐車場に車を停める。この時間でも既に満車状態でしたが、幸運にも一番奥のスペースが空いている。身支度を整えて神社へと向うと、何と神社の駐車場はまだがら空き状態! 

 

公時神社に参拝したあと、脇の坂道を登る。のっけから岩が多い急坂が続く。10分ほどで舗装道路(明神林道)を横切った後も登山道は急な階段が続く。大きな岩が真二つに割れた「金時の宿り石」が急に現われる。誰がしたのか細い木の枝が支柱のように多数あてがわれている。
 

2006_090200042006_09020007

 

急な岩場は前日の雨で滑りやすい。登り切った先は緩やかな路が続くと思いきや急な階段が待ち受けている。出発から40分ほどで視界が広がり、仙石原のゴルフ場群が見える。程なく尾根へ。明神ヶ岳・矢倉沢峠から続く路に合流。
 
2006_09020013日当たりが悪いせいか、泥濘(ぬかるみ)の階段が!! 足を取られないよう注意して登る。汗にまみれた身体に涼風がありがたい。出発から70分で金時山山頂(1213m)に到着。予定より少し遅れたが、足元の悪さを考えればまずまずである。 

仙石原、芦ノ湖、神山、三国山、そして乙女峠・長尾峠などが見渡せる。西には富士山の優美な姿が素晴らしい。疲れた身体を休めながら、澄み切った青空と広がる絶景に見入る。山頂には2軒の茶屋、金時茶屋(金時娘で有名)と金太郎茶屋、がある。いずれの茶屋にも富士山の写真や登山者の色紙が一杯飾ってある。目を惹かれたのは登山回数の多い人の名札。金太郎茶屋には、3,000回以上の3名を筆頭に、100回以上の記録を持つ人たちが数十名。店番をするご婦人の説明によると最高回数は約3,170回とか。毎日登っても10年近く掛かる勘定だ。難所の泥濘について聞くと、流れた後に入れた土がまだ固まっていないとの答え。なるほどと納得?する。
 

2006_09020021 2006_09020019 2006_09020025 2006_09020024

 

乙女峠への道はなだらかと聞き、安心して向う。急な岩場を下りると確かになだらかな尾根道が続く。泥濘がほとんどないので楽に歩くことができる。とは言ってもアップダウンはかなりのもの。木の葉が生い茂っているため残念ながら富士山は見えない。東富士演習場から大砲の音が響く。   
 
2006_09020032 2006_09020035 2006_09020039 2006_09020047 
広場のような長尾山の山頂を過ぎると下り坂。乙女峠は木立に囲まれているが、木製の小さな展望台は富士山を背景にした写真撮影のスポット。乙女峠からの下りは急な岩場が多く難儀であった。先を行くグループは岩場に慣れており身軽に下りて行く!やっとの思いでたどり着いた乙女口からは、排気ガスに煽られながら、138号を出発地点の公時神社まで歩く。3時間余りの厳しいハイキングとなる。少し侮っていました。
  

11時を過ぎたので例によって早い昼食とする。仙石原に来た時に立ち寄るそば処「穂し乃庵」でいつもの地鶏入り大名そばをいただく。同行者は疲れたからと「うなぎちらしそば」を注文する。
 

2006_09020058 2006_09020059

 

締めくくりは温泉です。箱根湯本駅近くまで戻り、「弥次喜多の湯」へ。箱根観光物産館とセブンイレブンの間を右折した右手にある。ホテル(素泊まり専用)の一階が立ち寄り湯になっている。
 
2006_09020060料金は900円。係りの人の対応に好感がもてた。名前から想像したのと違い、綺麗なホールに続く浴室も小振りではあるが清潔感があり好ましい。内湯のジェットバスのあとは、石組みの露天風呂、樽風呂、そしてジャグジー露天風呂とハシゴ。箱根の温泉らしく無色透明の柔らかい湯である。街中にありながら落ち着いた立ち寄り湯としてお勧めします。   

<同行者のコメント> あんなに朝早くから登ったのに下りて来る人たちと出会いました。6時に出発したのだそうです。茶店では富士山に14回も登った人の話を聞きました。2年で100回を目指しているのだそうです。途中でギブアップした私には信じられません。山登りはコリゴリですが、よもぎ屋さんの「よもぎソフト」と湯本の温泉は良かったです。

|

« チャングムの誓い | トップページ | 蘆花公園と高井戸天然温泉「美しの湯」 »

ドライブ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

2年前、栗駒に登りました。
素人のコースを辿ったのですが、
この身(?)には堪えました。
同行者は若くて(と言っても30歳チョイですが)、
でも、登った後の温泉は格別ですね。

今年の10月は焼け石岳に行く予定にしています。
観光客が少ないとこらしく(宣伝が少ない?)、
荒らされてなくていいと聞きました。
そちらの同行者さん
「山登りコリゴリ」だなんて・・・、
なんと淋しいことを。

投稿: goya | 2006年9月 9日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/11741543

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根外輪山ハイクと弥次喜多の湯:

» 癒しの湯煙〜温泉の選び方〜 [癒しの湯煙〜温泉の選び方〜]
「癒しの湯煙〜温泉の選び方〜」草津温泉、下呂温泉、黒川温泉、伊香保温泉などの癒される温泉を紹介する温泉紹介サイト。 [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 23時17分

« チャングムの誓い | トップページ | 蘆花公園と高井戸天然温泉「美しの湯」 »