« 深川散策と「七福神」 | トップページ | 東京の地名「?」(前編) »

2006年12月24日 (日)

イルミネーション(神の啓示)

今日はクリスマス・イヴです。繁華街だけではなく、最近は住宅地でもイルミネーションが美しく飾られるようになりました。十数年前にアメリカで過ごしたクリスマスとイルミネーションのことを思い出します。  

つい最近になってこのイルミネーションのもう一つの意味を知りました。「ダ・ヴィンチ・コード」で一躍有名になったダン・ブラウンが2000年に発表した「天使と悪魔」にその表現がでてきました。ダ・ヴィンチ・コードに先立って書かれたこの小説は、同じ主人公であるハーヴァード大学教授のロバート・ダングドンが宗教に係わる難事件を解き明かす物語です。 

 

二つの小説はほとんど同じ構成とストーリー展開、しかもヒロインが登場することも同じです。短時間の出来事を詳細に記述して長い小説にしたことも・・・。異なる点は小説の舞台です。ダ・ヴィンチ・コードはフランスとイギリスであったのに対し、天使と悪魔ではスイスとイタリアが舞台となっています。 

 

スイス・ジュネーブの市街地(今年7月撮影)

2006_07310243_1   

イタリア・ローマのトレヴィの泉とヴァチカン市国(30数年前の撮影)

106_1 102_1 103_1 104_1  

ダ・ヴィンチ・コードはレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたモナリザと最後の晩餐に隠された謎解きでしたが、今回は「反物質」をめぐるテロが題材となったサスペンス調の小説です。もちろんキリスト教にまつわる場所探しの謎解きが味付けになっています。荒唐無稽な設定とは解かっていても、ストーリーの展開につい引き込まれてしまいます。 

両者に甲乙はつけ難いのですが、インパクトの大きさは宗教と科学の対立を扱った「天使と悪魔」がやや勝っていると思います。そして結末の爽やかさもダン・ブラウンならではのもので、一読をお勧めしたい小説です。

|

« 深川散策と「七福神」 | トップページ | 東京の地名「?」(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/13179473

この記事へのトラックバック一覧です: イルミネーション(神の啓示):

« 深川散策と「七福神」 | トップページ | 東京の地名「?」(前編) »