« 赤坂の夜は更けて | トップページ | 軽井沢のウエディングと「トンボの湯」 »

2007年6月26日 (火)

多摩川源流を訪ねるドライブと「小菅の湯」

多摩川は山梨県塩山市にある笠取山に源をもち、一ノ瀬川、丹波川(たばがわ)、そして多摩川と名前が変わって東京湾に注いでいます。笠取山の南にある柳沢峠の下を源とする柳沢川がこの一ノ瀬川に合流し、大菩薩嶺から流れ落ちた水は小菅川となって多摩湖に注いで多摩川に合流しています。

 

何度も訪れたことのある奥多摩ですが、今回は小菅村を歩いてみることにしました。行政的には山梨県に属しているものの公共交通では奥多摩町とのバス便の方が圧倒的に多いのです。大月市から国道139号の急坂を上った松姫峠(武田信玄の娘が織田勢から逃れるために越えたことが名の由来)を越えると小菅村に入ります。

2007_06190001 2007_06190003 2007_06190009 2007_06190010   

小菅村役場前のT字路を左折し、小菅川沿いの林道小菅線を進み山間に入ります。棚倉沢を過ぎると2kmほどで白糸の滝です。林道を約5分歩き、遊歩道の急坂を5分ほど上りました。前方に見える高さ36mの細い滝は白糸の滝の命名が頷けます。展望台から全景を見たあと、滝壺近くから白糸の滝を見上げました。白糸の滝と言えば富士宮市にあるものが有名ですが、軽井沢にも規模こそ小さいのですが同じく横に広がって流れ落ちる滝があります。これらの滝とは違い小菅村の白糸の滝は一条になって流れ落ちていました。

 

2007_06190015_1 2007_06190021_1 2007_06190026_1 2007_06190027_1 2007_06190038_1 2007_06190039_1 
路面の荒れた砂利道をさらに2kmほど進むと雄滝の駐車場です。白糸の滝と同様に東京都水道局が設置したトイレがあります。林道を5分ほど歩いた雄滝の入り口から遊歩道を10分ほど歩き、朽ちかけた木の橋を渡ると雄滝が見えてきました。水に岩が削られて二筋に分かれた滝の形が大変珍しくて迫力もあり一見の価値があります。

 

2007_06190048_2 2007_06190049_2 2007_06190053_4 2007_06190060_3   
林道をさらに進むと上り坂になり、1.6kmほどで林道の終点です。大菩薩峠への登山口があります。その少し手前にある大菩薩峠へのもう1つの登山道入り口は崩落のために改修工事が行われていました。小菅川のさらに上流には平成13年に発見された妙見五段の滝がありますが今回は軽装備のため登山道に入るのを断念しました。

 

2007_06190063_3 2007_06190068_3 2007_06190069_2 2007_06190073_2   

小菅村の集落に戻り、村役場から松姫峠方向へ戻ったところにある日帰り温泉「多摩源流小菅の湯」へ向かいました。入場料は3時間までが600円(一日料金は1200円)。
天然炭酸が入ったジャグジー、大風呂、打たせ湯、寝湯、サウナ、水風呂、そして露天エリアには露天風呂、五右衛門風呂、イベント風呂(この日はヨモギ)と、合計9つの湯があります。 私は五右衛門風呂が気に入りました。入る時に湯が贅沢に溢れ、案内書きに従って手と足を出して入浴すると大変気分が良いのです。

 

2007_06190079_4湯はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)で、水素イオン濃度がPH9.93と非常に高いのが特徴です。泉温は28.8度。神経痛、筋肉痛、関節痛などに効くとの効能書がありました。エステ、食事処、宴会場、地元物産の販売所などがあり、想像以上に大きな施設です。食事処で虹鱒のユッケ丼定食と麦トロ定食を二人で食べました。

 

露天エリアに変わった嗜好がありました。「地獄極楽ロード」と「針地獄」です。足裏の刺激が好きな方には面白いのでしょうが、一般には向かないと思います。若者のヘッピリ腰が面白い。もう一つ、休憩室は遮光カーテンで室内が薄暗く、うたた寝をするには好都合ですが、寝過ごしてしまいそうです。

 

2007_06190093_1 帰路は長野原市へ向かう県道18号を走りました。このルートはバスが春と秋の休日だけに運行されているそうです。スラローム族が残したタイヤ痕が路面に生々しく残っています。多摩川水系と相模川水系の分水嶺である鶴峠の先で長作観音堂(国の重要文化財)に立ち寄ったあと、上野原ICから中央高速道路を利用して4時頃に帰宅しました。走行距離は約280kmです。

 

<同行者のコメント> 凸凹の砂利道は久しぶりです。今回の滝巡りは車での移動でしたから楽でした。温泉は平日で客が少ないことでゆっくり楽しむことができました。お湯はまろやかで肌がつるつるになったようです。ご一緒したグループはこの温泉が気に入り練馬から時々訪れているのだそうです。昼食に食べたニジマス丼はピリ辛の味で美味しかったです。お蕎麦も食べたかったので、売店で源流そばをお土産に買いました。ゆっくりできるこの温泉が気に入りました。また来たいです。

 

そうそう、林道で大発見をしました。工事現場の看板に「ヤマネを見つけたら工事を中止してください」と書かれていたのが気になりました。そして車の前方を走る小さな動物をみつけたのです。リスのようですが尻尾が大きくはありません。車に驚いたのかすぐ草むらに隠れてしまいました。帰宅してから調べると、ヤマネはねずみの仲間で、「生きた化石」とも呼ばれる天然記念物でした。ラッキー!!

|

« 赤坂の夜は更けて | トップページ | 軽井沢のウエディングと「トンボの湯」 »

ドライブ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川源流を訪ねるドライブと「小菅の湯」:

» 酸素カプセル東京・酸素カプセル [酸素カプセル東京・酸素カプセル]
酸素カプセル東京・酸素カプセル [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 11時26分

» 人生が100倍楽しくなるネットでの稼ぎ方緊急講座 [情報商材レビュー]
33才,時給800円のフリーターがわずか207日で1億2047万円稼いだあまりにも効果的な秘密の方法とは? [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 12時24分

» 遮光カーテン といえば [cacchao.net]
こんなものもありますよ。ぜひお越しください! [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 14時31分

» 「ヒアルロン酸」が安く購入できる通販を見つけました。 [「皇潤」の激安・格安通販!]
ひざの痛みに困っていませんか。健康にも、美容にも、基本は足腰です。それには、いまテレビで話題になっている飲むヒアルロン酸が効きます。その情報と格安で購入できる通販を調べました。ご参考なれば―― [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 11時35分

« 赤坂の夜は更けて | トップページ | 軽井沢のウエディングと「トンボの湯」 »