« 大和路のドライブ旅: 継体天皇と河内国 | トップページ | 大和路のドライブ旅: 三輪山周辺の天皇陵と纒向遺跡 »

2008年3月16日 (日)

大和路のドライブ旅: 一休寺といちご狩り

2008_03110086_2 国道171号で高槻市に戻り、国道170号で淀川対岸の枚方市へ、国道1号(枚方バイパス)と国道307号で丘を越えると京都府京田辺市に入りました。

 

急に狭くなった道路幅から京都府であることが分かります。曲がりくねった国道で河内峠を越えると1kmほどで京奈和(けいなわ)自動車道の田辺西ICです。

 

京田辺と言えば「一休さん」が有名です。このまま奈良に向うのも心残りですから一休寺に立ち寄ることにしました。インターチェンジから2kmほどの近さです。JR片町線(学研都市線)の京田辺駅近くの府道22号を経由しました。一休寺の案内に従って左折、一本道を600mほど入った所に広い有料駐車場があります。

   

2008_03110252 2008_03110254 2008_03110255 2008_03110256   

一休禅師が晩年の25年間住んだ寺で、師恩に報いる意味で酬恩庵(しゅうおんあん)と自身で命名されましたが、一般には一休寺と呼ばれます。一休禅師墨蹟碑を過ぎて参道を歩きました。拝観料は500円です。庫裏(くり)、方丈、本堂、一休禅師木像など数多くの重要文化財があります。展示された写真の紅葉風景が見事でした。宝物殿には一休禅師縁の品々が展示されています。墨書の美しさに目を惹かれました。方丈に置かれた輿(こし)は一休禅師が81歳で京都市北区紫野にある大徳寺の住職になられた時に酬恩庵から通うために使われたのだそうです。直線距離でも20km以上ありますから通勤は大変だったことでしょう。

   

2008_03110258 2008_03110260 2008_03110261 2008_03110262 

頓智話の「一休さん」で知られる一休禅師は室町時代の禅僧一休宗純で、後小松天皇のご落胤とも言われます。下の写真にあるように宮内庁は皇子としています。伝えられる頓智話は江戸時代に作られたもので一休禅師とは関係がないようです。すぐ近くに能楽発祥の地とされる薪(たきぎ)神社がありました。

  

2008_03110264 2008_03110265 2008_03110259 2008_03110253 

府道22号と並行するバイパスのような道路(山手幹線)に入って同志社大学京田辺キャンパスを横切りました。道路を挟んで尖塔が美しい礼拝堂と向き合う正門から少し入った場所に継体天皇の筒城宮があったとされます。

  

道草のついでに京田辺市から隣の精華町へ向いました。府道22号に戻り、祝園(ほうその)駅の手前を右手に入った川西観光いちご園を訪れることにしました。ここは京都府内で有数のいちご園でビニールハウスが何棟も並んでいます。入園料1100円を支払うと5番のハウスを案内されました。長さが40-50mもある大きな温室です。

   

2008_03110239 2008_03110251   

畝(うね)の数が7つありました。畝の両側に苺(いちご)が実っていますから12列もある勘定です。季節的には少し早かったようですが赤く色付いた苺を何十個も食べました。昼食後でもありお腹がいっぱいになったことと温室内の暑さに閉口してギブアップです。苺狩りに夢中になって厚着をしていることを失念していました。

   

2008_03110244 2008_03110245   

京奈和自動車道(国道24号バイパス、愛称どんぐり街道)の精華下狛ICから終点の木津ICまで丘陵地帯を抜けて奈良市に入ります。京都縦貫自動車道と同様に対面通行の有料道路ですがトラフィックが少なく快適でした。

 

以下は余談です。京奈和自動車道は名前の通り京都・奈良・和歌山を結ぶ道路として建設中です。最初に開通した京都府城陽市から木津市の区間は「京奈道路」(一番上の写真の標識に小さく表記)と呼ばれています。高速道路仕様であることは京都縦貫自動車道と同じですが、異なる点は京奈道路は一般国道の扱い(国道24号のバイパス)であることです。名前も自動車道路脇には「どんぐり街道」の標識が多数ありますが国道24号の標識はありません。また名称には高速道路を意味する自動車道ではなく「道路」が付いている何とも不思議な道路です。

  

木津ICを出ると県境です。ここ奈良市歌姫から大和郡山市横田の区間は「大和北道路」(高速仕様)として開通しています。国道24号バイパスの扱いですがこちらは無料の一般国道です。大和郡山市から橿原市の区間は「大和御所道路」の一部として開通していますから、京奈道路(片側一車線)に続いて大和北道路と大和御所道路(いずれも片側2車線)を利用すれば実質的には高速道路区間となっています。

|

« 大和路のドライブ旅: 継体天皇と河内国 | トップページ | 大和路のドライブ旅: 三輪山周辺の天皇陵と纒向遺跡 »

街道巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和路のドライブ旅: 一休寺といちご狩り:

« 大和路のドライブ旅: 継体天皇と河内国 | トップページ | 大和路のドライブ旅: 三輪山周辺の天皇陵と纒向遺跡 »