« 身体の健康と学習効果 | トップページ | 新宿副都心のビル群(前編) »

2008年7月20日 (日)

東京ステーションシティ

慌しい日々が続くなか、所用があって東京駅日本橋口のサピアタワーに出掛けました。JR東京駅は八重洲口と日本橋口の再開発が進んだことで見違えるようなビル街に変貌しています。江戸町奉行所跡を訪ねた時に工事中だった場所です。さらに丸の内側も駅前の新丸ビルや丸の内オアゾに続いて、歴史のある東京中央郵便局(ゆうちょ銀行本店)の建て替えが発表されました。東京駅丸の内駅舎も改装工事が進んでいます。戦災で破壊されて2階建てになった現在の駅舎を大正3年に竣工した時と同じ3階建てとし、北口と南口に吹き抜けドームを持つ美しい駅舎に復元するものです。これに合わせて駅前広場も整備されるようです。

 

2008_053100552008_05310052   

昼の休憩時間を利用して東京駅周辺を歩いてみました。サピアタワー20073月竣工、JR東日本の子会社が所有)の名はラテン語で知性を意味するサピエンスから付けられたようです。人間の学名である「ホモサピエンス(知恵のある属)」と同じです。日本橋口を挟んでこのサピアタワーの向えがわに建つのは丸の内トラストタワーN館(森ビルから分離した森トラストが保有)です。すぐ南側には今年11月に竣工予定の「丸の内トラストタワー本館」の外装がほぼ出来上がっていました。

 

2008_05310053 2008_05310054   

八重洲口で一際目立つのは八重洲口駅舎の両側に聳えるツインタワービル「グラントウキョウ」(200710月Ⅰ期竣工、JR東日本と国際観光会館が所有、全体は2012年竣工の予定)です。ノースタワーの低層部には大丸東京店の新店が入居しました。サウスタワー200711月竣工)と結ぶ中央デッキ「グランルーフ」の建設が計画(2013年竣工予定)されています。

 

2008_05310057 2008_05310068 2008_053100652008_05310062   

意外なことに、これら施設の住所はいずれも八重洲ではなく丸の内一丁目です。ノースタワーの場所にあったはずの北町奉行所の跡は残念ながら今回も見つかりませんでした。またサウスタワーの南隣はパシッフィクセンチュリープレイス丸の内(PCPM2001年竣工、32階、150m)ビルで八重洲口再開発の先陣を切って完成しましたが東京ステーションタワーには含まれませんし、右上の写真のように八重洲口からはサウスタワーに隠れて見えません。別の日にこのPCPMビルを訪れる機会がありましたので、その時の写真を掲載します。東京駅構内と東京国際フォーラムが一望できました。

 

2008_07080007 2008_07080009 2008_07080014 2008_07080015   

八重洲北口の改札前の先にある北自由通路で丸の内北口に出ることができます。一階と地階があり、八重洲口側の1階からはキッチンストリート(Kitchin Street)へ、地階からは黒塀横丁に入ることができます。今回は見送りましたが、中央改札口を入ると地下のグランスタ(GRANSTA)と1階丸の内口寄りのDila東京など巨大な「駅中(エキナカ)商店街」が出現しました。

 

2008_05310070 2008_053100712008_053100722008_05310088

 

丸の内北口から地下鉄丸の内線の方面に進んだ行き当りが「丸の内オアゾ」(三菱地所他が所有)です。変わった名前を調べると「オアゾ(Oazo)」とはエスペラント語でオアシスの意味なのだそうです。エスペラント語とは今どき珍しいと思いました。旧国鉄本社跡などを再開発して2004年に竣工したガラス張りのユニークな建物です。

 

2008_05310081_2 2008_05310083_3

     

丸の内駅舎は工事用の白い塀で囲まれています。その塀に東京駅の歴史とこれからの計画「東京ステーションシティ」が説明されていました。東京駅が復元される一方で、東京中央郵便局(丸の内二丁目)は平凡なデザインの高層ビル(ガラス張りの38階)に立て替えられると625日に発表されました。低層部には現在の局舎の外壁が残されて東京駅との調和を図るそうですが東京の顔がもうひとつ消えることは残念です。丸の内駅舎の後に見える建物は左からグラントウキョウ・サウスタワー、PCPMビル、そして東京中央郵便局南隣の東京ビルディングです。

 

追記: 東北縦貫線

東京駅-上野駅間に新たな線路を追加する計画が進んでいます。東北新幹線が東京駅に乗り入れるため1973年に廃止された東北本線の東京駅-上野駅間が東北新幹線の上部に線路を増設することで復活し、これまで上野駅止まりである宇都宮線(東北本線)、高崎線、常磐線の一部列車が東京駅まで乗り入れたり、東海道本線と相互直通運転が行われるのです。後者は湘南新宿ラインと同様の機能です。今年5月に着工され、2013年度の開通が予定されています。(JR東日本のhpより)

|

« 身体の健康と学習効果 | トップページ | 新宿副都心のビル群(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/41912841

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ステーションシティ:

« 身体の健康と学習効果 | トップページ | 新宿副都心のビル群(前編) »