« 奥の細道擬紀行(その9) 尾花沢と銀山温泉から岩木山へ | トップページ | 奥の細道擬紀行(完) 仙台城址 »

2008年9月14日 (日)

奥の細道擬紀行(その10) 岩出山城址

奥の細道で芭蕉と曽良は平泉を訪れたあと、一関からこの岩出山までを一日で歩いたと伝えられます。曽良の日記から芭蕉達は南に下がった中新田と小野田を経由して尾花沢に向かう予定であったものを、回り道でしかも難所が多いと知って、鳴子経由に変更したとされます。あるいは義経が辿った道に関心を持ったのかも知れません。

 

岩出山駅から隣の有備館駅に至る道筋は岩出山伊達家が京の冷泉家から嫁を二度も迎えたためか古都の雰囲気が感じられます。城山公園に上ると岩出山城址がありました。伊達政宗が豊臣秀吉から謀反の嫌疑をかけられて米沢の領地を没収され岩出山に移った時に築城した城です。この顛末と釈明に際しての正宗の役者ぶりを蒲生氏郷関連の書物で面白く読みました。ちなみに政宗が移るまでは地方豪族の岩手沢城があったようです。

 

2008_09040337 2008_09040338 2008_09040339 2008_09040349 

一段高い本丸跡を囲むように拡がる二の丸跡はさくら広場、こども広場、南広場となり、その外側は学校になっていました。本丸跡南端の橋を渡った本丸の出丸跡に昭和39年(1964年)まで仙台城(青葉城)にあった伊達政宗のコンクリート像が立っています。直立不動の姿勢は仙台城にある政宗の騎馬像とはまったく異なるイメージです。むしろ琵琶湖畔の坂本で見た明智光秀像に似ているように思いました。

 

2008_09040341 2008_09040345 2008_09040354 2008_09040351   

眼下には江合川と岩出山バイパス(左下の写真)、江合川から取水した内川が城下を流れる様子(右下の写真)が見えました。内川は正宗が整備したと伝えられる用水で外堀の役割も果たしていたそうです。

 

2008_09040350 2008_09040361 

城の北側に「有備館」があります。元禄の頃に建てられた寄棟茅葺書院造りの簡素な建物で、現存する日本最古の学問所として、回遊式池泉庭園とともに国の史跡名勝に指定されています。岩出山城は政宗が交通の便がいい仙台に移った後も伊達一族の城として明治になるまで続いたそうです。戊辰戦争(東北戦争)で敗れた仙台藩が石高を半分以下に減封されて財政が壊滅状態になったために岩出山伊達氏が決意した蝦夷地開拓(現北海道当別町)の記念碑「越鳥南枝」(えっちょうなんし)が有備館横の公園に立っていました。映画「北の零年(ぜろねん)」の淡路・稲田家と事情は異なりますがやはり不本意な移民だったのでしょう。

 

2008_09040327 2008_09040322 2008_09040325 2008_09040329   

有備館の南側を流れる内川沿いの細い道を歩くと石畳の遊歩道「学問の道」に出ます。有備館に戻る途中に昔ながらの風情ある造り酒屋「森民酒造」を見かけました。

 

2008_09040317 2008_09040318 

岩出山に2軒あった旅人宿のうち芭蕉は「石崎屋」に止宿(ししゅく)したと言われます。場所を確認したくて飛び込みで尋ねてみました。幸いにも歴史に詳しい人で丁寧に説明してくださいました。芭蕉が一泊した宿の確かな記録はないそうですが石崎屋があった場所は石碑と芭蕉像に近い交番の向いにある保険会社の前辺りとのことでした。道路の拡幅工事で昔の様子は残されていませんから想像するしかありません。(続く)

   

2008_09040331 2008_09040332 2008_09040333 2008_09040335

|

« 奥の細道擬紀行(その9) 尾花沢と銀山温泉から岩木山へ | トップページ | 奥の細道擬紀行(完) 仙台城址 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥の細道擬紀行(その10) 岩出山城址:

» カーシェアリング保険 [カーシェアリング保険]
カーシェアリングは複数の会員メンバーで一台の自動車を所有するというシステムになっているのですが、加入するための自動車保険はどのようになっているのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 11時54分

« 奥の細道擬紀行(その9) 尾花沢と銀山温泉から岩木山へ | トップページ | 奥の細道擬紀行(完) 仙台城址 »