« 西国三十三所 三室戸寺 | トップページ | 醍醐寺(後編) »

2009年4月 8日 (水)

醍醐寺(前編)

桜に誘われて2週連続のゴルフです。先週初めはホームコースの桜がまだ5分咲きでしたが、昨日プレーしたもう一つのコースでは桜が満開になっていました。新緑のアクセントとして桜の花が鮮やかです。好天と四月下旬の暖かさに恵まれ、しかも半年振りに良いスコアが出て大満足の一日になりました。

 

ゴルフ談義はこれくらいにして近畿地方の名刹巡拝ドライブ旅に戻ります。最後に訪れた名刹は伏見の醍醐寺(世界遺産)です。京都府道7号を六地蔵まで北上して同36号でさらに北上します。何度か走ったことのある道ですから迷わず醍醐寺に到着して道路沿いの有料駐車場(600円)に車を停めました。

 

2009_032401512009_03240152_2   

茶店が並ぶ中を抜けると三宝院前に出ましたが、そちらは後にして参道を醍醐寺(真言宗小野流)の伽藍(がらん)に向かいました。右手の霊宝館の見事な枝垂れ桜が塀越しに見えます。国宝や重要文化財が多数収蔵されている霊宝館は翌日(325日)から春季の開館が始まるそうで、この日は残念ながら館内に入ることができません。霊宝館前に伸びる参道の染井吉野は開花したばかりです。
 
2009_032401222009_032401252009_032401232009_03240128 

なだらかな参道の先に仁王門(西大門)が聳(そび)えています。伽藍の参拝料は600円です。私は三宝院の参拝との共通券(1000円に割引)の方を求めました。

 

2009_03240124 2009_03240131 

下醍醐の伽藍に入ると右手の五重塔951年に完成した国宝、高さ約38m)の周囲にも枝垂れ桜が咲いています。いずれも見事な大木です。

 

2009_03240134 2009_03240132 2009_03240133 2009_03240135 

さらに金堂(国宝)、不動堂、真如三昧耶堂(しんにょさんまやどう)、空海とその孫弟子で醍醐寺を開創した理源大師を祀る祖師堂、伝法院大講堂が続きます。

 

2009_03240136 2009_03240137 2009_03240138 2009_03240140   

池の畔の弁天堂周辺も桜が美しく咲いていました。紅葉の名所だそうです。(続く)
 
2009_032401422009_03240141 

|

« 西国三十三所 三室戸寺 | トップページ | 醍醐寺(後編) »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐寺(前編):

» 日本の世界遺産 [日本の世界遺産]
日本の世界遺産に行ってみよう。 [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 16時42分

« 西国三十三所 三室戸寺 | トップページ | 醍醐寺(後編) »