« 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 知立宿(池鯉鮒宿、ちりゅうじゅく) | トップページ | 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 鳴海宿  »

2009年9月12日 (土)

旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 間の宿 有松

国道1号の一里山町新屋敷交差点を過ぎたところで旧東海道は右手に反れますが右折できませんのでそのまま国道1号を走ります。工業団地入り口交差点の先で旧東海道は国道1号を横切って左手に向いますがやはり国道1号を辿りました。富士松駅前を過ぎた今川町交差点で旧東海道は国道1号を斜めに横切って右手へ入って行きますので、ここでは右折して旧東海道に入り境川に架かる境橋を渡りました。ここが三河国と尾張国の境です。

 

2009_09050235 2009_09050236 

関西へドライブする時にいつも利用する伊勢湾岸自動車道の下を潜りました。その豊明ICと名鉄豊明駅前を通過して池下交差点の手前を左に反れると阿野一里塚がありました。道の左右に一里塚が残っています。今は植え込みのようになっていてひと目見ただけでは一里塚と気づき難いのですが、「国指定史跡阿野一里塚」と書かれた大きな標識がありますから見過ごすことはないでしょう。左手(南側)の一里塚には地元の森市雪(いっせつ)が詠んだ「春風や坂をのぼりに馬の鈴」の句碑が立てられていました。
 
2009_090502402009_09050237 

200mほど先、豊明小学校の前に「名残りの松」が一本聳(そび)えていました。旧東海道の松並木のうち豊明に残る数少ない松であると説明されています。小学校前を旧東海道はなだらかな上り坂となって名鉄前後(ぜんご)駅の方向へ続きます。前後駅とは変わった名前ですが間米(まごめ)村の前の郷に当たることから「前郷(ぜんごう)」と呼ばれたものが「前後」に変わったとの説明を見かけました。間米村(現在は中京競馬場がある間米町)は江戸時代になって出来た開拓村ですからさらに新しい集落だったのでしょう。ちなみに前後駅は市の名前を冠した豊明駅よりも主要な駅だそうです。

 

2009_09050244 2009_09050245 

旧東海道は国道1号と約3km並行したあと競馬場入口交差点で国道1号と合流して名鉄名古屋本線のガードを潜ります。中京競馬場駅を過ぎた信号のある交差点を左折しました。旧東海道から離れますが桶狭間古戦場の案内標識を見つけたのです。100mほど先の左手に桶狭間古戦場跡と今川義元之墓がありました。桶狭間(おけはざま)の戦いは上洛する駿河の戦国大名今川義元の大軍を織田信長が10分の1程度の軍勢で対戦、数では劣勢でしたが敵本陣への奇襲で今川義元を討ち取って、大勝利したことで知られます。なお今川義元の目的は上洛ではなく三河国と尾張国東部の支配権を確立することであったとする説もあるようです。そして桶狭間の戦いは豊明市の桶狭間古戦場跡だけでなく名古屋市緑区の桶狭間などでも戦闘が行われた(戦場が広い地域)とも言われます。
 
2009_090502472009_090502462009_090502492009_09050250 
国道1号に戻ると直ぐ名古屋市緑区有松町に入りました。500mほど進んだ大将ヶ根交差点で旧東海道は右手(県道222号)へと入って行きますが右折禁止ですからもうひとつ先の桶狭間交差点で右折しました。間の宿・有松の古い町並みが緩やかにうねる道筋に続いています。旧東海道沿いに有松山車(だし)会館と寿限無茶屋(会館の隣、手打ちうどんが有名)がありました。有松の地名は松が茂る(有った)からと言う俗説もありますが新町(あらまち)が訛(なま)って有松になったとする説が有力のようです。

 

2009_09050252 2009_09050257 

この有松は「絞り」で知られるように絞りを商う店が多数軒を並べながら時代を感じさせる店構えを守っています。有松鳴海絞会館服部家住宅(井桁屋)、岡家住宅、小塚家住宅、仲濱商店久田駅前店、有松絞りを始めた竹田家住宅、唐子山車車庫、神功皇后車山車車庫などがよく保存されて昔の様子を伝えているのが嬉しいです。

 

2009_09050256 2009_09050259 2009_09050260 2009_09050264   

有松絞りとともに山車の車庫が多いことから有松天満社秋季大祭(通称山車まつり、毎年10月に開催)の賑わいが想像できます。東町の布袋車(ほていしゃ)、中町の唐子車(からこしゃ)、西町の神宮皇后車(じんぐうこうごうしゃ)の3台があるようです。美しい町並みを楽しみながらゆっくり進みました。

 

2009_090502612009_0906usj03182009_0906usj03172009_0906usj0313      

そして祇園寺(ぎおんじ)で有松宿の町並みが終りました。祇園寺の前に東海道五十三次二代目松の碑があります。樹齢300年の松から採種して育てたものであると説明されていました。有松宿には新しい建物も一部含まれていますが、これほど見事に昔の雰囲気を維持している宿場町も珍しいと思います。欲張り過ぎかもしれませんが電線を地下化すれば申し分ありません。撮影のアングルを工夫しても電柱と電線が・・・。

  

2009_0906usj0310 2009_0906usj0312

 

2009_0906usj0309祇園寺のすぐ先には工事中のコンクリート製陸橋が見え、江戸時代から現代に引き戻されました。まだ地図には載っていませんので調べると名古屋高速道路の名古屋南JCTと高針JCTを結ぶ道路(名古屋環状2号線、国道302号)のようです。名鉄の踏み切りと手越川に架かる鎌研橋(かまとぎばし)を渡ったところで振り返って有松宿で最後の一枚を撮影しました。

|

« 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 知立宿(池鯉鮒宿、ちりゅうじゅく) | トップページ | 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 鳴海宿  »

街道巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 間の宿 有松:

« 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 知立宿(池鯉鮒宿、ちりゅうじゅく) | トップページ | 旧東海道ドライブ旅(岡崎から熱田まで): 鳴海宿  »