« 川崎大師と野天湯元・くりひら「湯快爽快」 | トップページ | 比企城館跡群(その1): 杉山城跡 »

2010年1月 3日 (日)

わが家の巣ごもり正月

今年も当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。皆様はどのような正月をお過ごしになられたでしょうか。出歩くことの多いわが家は今年の三箇日も毎朝配達される年賀状を読みながらテレビで駅伝と音楽番組を観るだけの「巣ごもり正月」です。

大晦日には除夜の鐘ではなく「東急ジルベスターコンサート」(テレビ東京とBSジャパンで生中継)を聴いていました。15周年目のジルベスターコンサート2009-2010は初登場の大友直人氏指揮による東京フィルハーモニー交響楽団がホルストの名曲「木星(ジュピター)」をカウントダウン曲として演奏。2009年がガリレオが望遠鏡で天体観測してから400周年を記念する「世界天文年」であることによる選曲のようで、曲の演奏終了と同時に2010年を迎えました。

元旦はお屠蘇で新年を祝ったあと「ニューイヤー駅伝2010(全日本実業団駅伝)」(TBS系で放送)をテレビで観戦、毎年元旦の風物詩になっています。実力の伯仲するチームが競り合うレース展開がエキサイティングで好きなのです。昨年は1秒差で富士通が優勝、今年はその雪辱に燃える日清食品グループが下馬評通りでした。ルーキーの佐藤悠基さんが箱根駅伝で示した実力を遺憾なく第3区で発揮してトップに躍り出ると、後半は安定した走りで初優勝を飾りました。おめでとうございます。

お雑煮とお節料理だけを食べて過ごした元日の夜はもちろん「ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート2010」NHK教育テレビ)2010年の指揮者に選ばれたのは2008年に続いて2度目のジョルジュ・プレートル氏でした。昨年の指揮者バレン・ボイム氏も良かったのですが、一昨年に感激したプレートル氏の指揮振りが85歳を迎えた今年も健在でした。第1部の最初は小気味好い演奏の喜歌劇「こうもり」序曲、優雅なポルカ・マズルカ「女心」、骨太な演奏の「酒、女、歌」、ユニークな「常動曲」、第2部ではワルツ「ウィーンのボンボン」、ポルカ・マズルカ「心と魂」、オッフェンバックの「ラインの水の精」序曲、そして ヨハン・シュトラウスの代表作ワルツ「朝の新聞」を印象深く聴きました。

美術館内の彫像・絵画を前に踊るバレーダンサーが美しい。ポルカ「狩り」は軽快さに溢れ、演奏終了時に指揮者が銃を持ち出して・・・。楽団員全員から新年の挨拶があった後のアンコールは定番の「美しき青きドナウ」、ドイツからルーマニアまでの美しい風景が映し出されました。そして最後はお約束の「ラデツキー行進曲」、観客の手拍子を自在に指揮するのは見事、スタンディングオベーションによる歓喜のフィナーレを迎えました。今回、ダンサーの衣装をデザインしたのはバレンチノでした。デザイン画からドレスが出来上がるプロセスが、演奏の練習風景やフラワーアレンジメントとともに紹介されて楽しさに溢れる約3時間の音楽番組でした

例によって蛇足です。アンコール曲「美しき青きドナウ」の曲名を「美しく青きドナウ」と呼ぶことが多いようです。日本語としては後者の方が自然ですが、原題である"An der schönen blauen Donau"は美しく(かつ)青きドナウではなく、美しい「青きドナウ」と理解できますから前者が良いと思います。

12日は「箱根駅伝」(東京箱根間往復大学駅伝競争)。美しく冠雪した富士山に向って午前8時にスタート、昨年よりも早いペースのレース展開で波乱が予想されます。第2区では日本大学のダニエルさんが驚異の11人ごぼう抜きで2位に躍進して日本大学は出雲と全日本に続く大学駅伝三冠の可能性が出てきました。第5区の山登りは昨年と同じ東洋大学の柏原竜二さんが6人抜きの区間新記録更新で往路優勝に貢献、東洋大学の総合連覇に期待が高まる一方で日本大学はまさかの往路13位に終りました。

お昼過ぎにチビスケくん一家が遊びに来てくれました。元気に遊ぶチビスケくんの相手をしていると時間があっと言う間に過ぎてしまいます。午後5時からはチビスケくん一家と一緒に「ウィン・フィル ニューイヤー・コンサート2010」(NHK BShiで中継録画)を再び聴きました。チビスケくんの両親からウィーン旅行の思い出話を聞いていると出掛けてみたくなります。 注)13日の午前にもNHK総合テレビでダイジェスト版が放送

13日も再び「箱根駅伝」をテレビ観戦、復路も東洋大学が安定した走りで完全優勝を遂げました。駒沢大学が往路の8位から復路は最高タイムで挽回して総合2位になったことが印象に残ります。こうしてわが家の三箇日は穏やかに過ぎて行きました。午後7時からのNHKニューイヤーオペラコンサートを聴きながらこの記事を書いています。

|

« 川崎大師と野天湯元・くりひら「湯快爽快」 | トップページ | 比企城館跡群(その1): 杉山城跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。感動を求める旅を楽しんでいるわが家ですが年末年始だけは穏やかな時間が恒例となっています。そして三箇日が過ぎた昨日は早速ドライブ旅に出かけました。

投稿: onsen-man | 2010年1月 5日 (火) 08時18分

おめでとうございます。
とても賑やかな年末年始だったのですね。
今年もこのサイトに遊びに来ます。

投稿: sora | 2010年1月 4日 (月) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが家の巣ごもり正月:

« 川崎大師と野天湯元・くりひら「湯快爽快」 | トップページ | 比企城館跡群(その1): 杉山城跡 »