« 栃木の小京都(その2): 織姫神社と足利氏の遺構 | トップページ | LED新時代 »

2010年3月11日 (木)

栃木の小京都(最終回): 天然温泉「鹿島園」と佐野ラーメン

足利市の市街地から県道40号で東へ向います。電線が地中化された風景は清々しく感じられて良いですね。当ブログでは電線のない町並みを折に触れて紹介しています。栃木市、宮城県大崎市岩出山、静岡市清水区三島市、長野県中野市など。

 

2010_02280320   

 

県道67号に入った八椚町(やくぬぎちょう)交差点を左折、大小山(だいしょうやま)や起床峠から続く山の裾野に大きな鹿島園ゴルフ練習場が見えてきました。日帰り温泉「鹿島園温泉の利用者はその横を通り過ぎて一旦敷地奥にある宿泊施設「鹿島園の宿」の近くまで行ってから戻る形で施設入口の前に駐車できます。建物外観の印象はやや猥雑(わいざつ)、失礼! 内部もいっぱい貼られた張り紙が目に付きました。

   

2010_02280321 
2010_02280331   

 

一階の自動券売機で入館券を購入、料金は500円と銭湯並みに安い。那須や鬼怒川など有名な温泉地が多数ある栃木県ですがいずれも県北部に集中、南部には地下から汲み上げる比較的新しい温泉が少数あるだけ。そのためか家族連れの客に結構人気があるようです。浴場は階段を下りた地下一階にありますから窓がほとんどない脱衣場と浴室はちょっと息苦しく感じますし、建物内は一昔前のヘルスセンターの風情です。掛け流しされる湯(地下1500mから1日19万リットル湧出)の泉質は単純泉(弱アルカリ性低張性温泉)、無色透明で無味無臭、泉温は40.5度と説明されています。やや温めの湯から上がったあとに肌が滑らかになるように感じたことと身体もほてってきましたから良質の湯なのでしょう。浴室内には温泉風呂、泡風呂、水風呂の他に小振りのサウナがありました。

 

2010_02280328   

 

平成11年(1999年)の開業であることが館内に掲示されていた新聞記事で知りました。まだ11年しか経過していませんがもっと古びて見えます。施設の維持補修が十分ではないようです。それはともかく、浴室で気になったのがタイル張りの床が滑りやすかったこと。脱衣場に近い洗い場周辺だけですからシャンプーが床に流れているようです。同行者も同じことを言っていましたから構造的な問題かもしれません。時々清掃する必要があると思います。

 

2010_02280329   

 

帰りがけに館内案内を見て2階に露天風呂のあることに気がつき、受付の人に確認すると、「入館券を買えば自由に両方の風呂に入れる」との答えが返ってきました。露天風呂とは言っても写真から想像すると展望風呂のようです。温泉に入っている間に外が暗くなっていましたので断念。それに館内着がありませんから地下1階と2階を往復するのは面倒そう・・・。今回は辛口のコメントになりましたが低料金で豊富な掛け流しの温泉を利用できるのは地元の人には嬉しいことと納得しました。

すっかり日が暮れた県道67号(例幣使街道)を佐野市方面に走りました。進行方向に満月が大きく見えて朝方の強雨が嘘のよう。山登りに夢中になったため今回も時間配分に失敗(1時間もオーバー)、心積もりしていたイタリア料理店「ぽるか」(足利市役所近く)へ戻る気になれません。佐野市と言えばそうだ「佐野ラーメン」があると、これもいつものことですが、予定を柔軟に変更。佐野ラーメンの情報を仕入れていませんので飛び込みです。暗い道が続いた県道67号の浅沼町交差点で県道9号へと右折すると電飾がいっぱいの賑やかな雰囲気にかわりました。佐野ラーメンの店を探しながらゆっくり走行していると、左手に「石焼ラーメン火山」、右手に「佐野青竹手打麺 めん一番」の2店を見つけました。前者は佐野ラーメンではなさそうと判断して後者の駐車場に入りました。マツモトキヨシとスーパー・ヤオコーへのエントランス道路の脇です。

 

2010_02280336   

 

私はさっぱりした「塩ラーメン」(あっさりすりゴマ入り)、同行者は超おすすめと書かれた「生姜ラーメン」(薄醤油味)を注文しました。店の看板に手打ち麺と書かれて入口脇に麺打場もあったことから注文を受けてから麺打をしているのかと思うほど時間が掛かりました。この日に訪れた先々を思い出しながら待つ間に客が次々と入店して外で待つ人も現れました。およそ20分後に配膳された塩ラーメンは見た目どおりにあっさり味で、チャーシューが柔らかく、平麺は固めで幅が広いものが混じって微妙な食感も・・。生姜ラーメンも家族連れに人気がありそうな薄味で同行者も気に入ったようです。

 

2010_02280340 
2010_02280343   

 

ラーメン以外にもギョーザだけでなくチャーハンまでメニューにあることは意外でした。

<同行者のコメント> 二つ目のお寺でも駐車場で長く待たされ、ほかに一台停まっていた車が居なくなると人の気配がなくなって心配でした。丹後半島の灯台の時と同じです。足利学校は外から見ただけで残念。温泉はお湯が良かったと思いますがもう少し小奇麗だといいですね。浴室も滑りやすくて大変。ラーメン屋さんではあんな熱いどんぶりを2つも運ぶ女性の店員さんに驚きました。ラーメンは美味しかったです。□

|

« 栃木の小京都(その2): 織姫神社と足利氏の遺構 | トップページ | LED新時代 »

ドライブ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木の小京都(最終回): 天然温泉「鹿島園」と佐野ラーメン:

« 栃木の小京都(その2): 織姫神社と足利氏の遺構 | トップページ | LED新時代 »