« 木津川ドライブ 日帰り温泉「笠置いこいの館」と名張川の高山ダム | トップページ | パーカッション演奏会 »

2010年7月12日 (月)

木津川ドライブ 名張川と月ヶ瀬湖

月ヶ瀬湖(月ノ瀬湖)に架かる朱色の吊り橋「高山橋」は点検作業のために通行止めになっていました。専用のクレーン車を使って橋の下側をチェックしているようです。対岸にゴルフ場があるとの標識を見かけました。この日にプレーをする人はどうするのかちょっと気に掛かります。

 

2010_06190684 2010_06190686 2010_06190687 

 

 

 

 
 
 

綺麗に刈り込まれた茶畑と日の出の滝の先で奈良県奈良市に入って県道4号(笠置山添線)に行き当たりました。左折して月ヶ瀬湖(名張川)を遡(さかのぼ)ります。

 

2010_06190690 2010_06190691 2010_06190694 

 
 
 
 
 
 
梅林で有名な月ヶ瀬にも朱色の吊り橋「八幡橋」が架かっています。その少し手前の龍王橋脇に車を停めて遊歩道を歩きました。龍王の滝があるようです。役小角(えんのおづの)修行の地などと説明されていました。いくつもの滝が続いていますのでどれが龍王の滝か判断に迷います。

 

2010_06190695 2010_06190697 2010_06190700 

 

 

 

 
 
 

八幡橋の先にある駐車場に車を停めて湖上展望台「浮見堂」まで歩いてみましたが期待したほどの展望はありません。梅林がいくつも続きます

 

2010_06190711 2010_06190712 2010_06190713 

 

 

 

 
 
 

シンプルな朱色の下路アーチ橋「月ヶ瀬橋」の袂(たもと)を通過する山添村に入ります。三重県伊賀市と結ぶ国道25号旧道の五月橋は1928年(昭和3年)に完成したプラットトラスとポニートラスを組み合わせた古色蒼然とした橋です。名阪国道(国道25号)が出来たため利用者が少ないようです。上流に見える新しい橋は名阪国道の新五月橋、この辺りまで遡(さかのぼ)るとダム湖のイメージはほぼなくなります。

 

2010_06190715 2010_06190716 2010_06190719 

 

 

 

 
 
 

さらに遡(さかのぼ)れば宇陀川(うだがわ)を経て赤目四十八滝のある滝川へ至りますが、番外編である深い緑の世界と迫力ある名張川沿いドライブはここまでとして、五月橋ICから名阪国道に入りました。準高速道路に分類されて最高速度は60kmに制限されていますが、実際にはかなりのスピードで流れており、高速道路として利用されているように見えます。

2010_06190722 関JCTで東名阪自動車道(有料区間)に入り、四日市JCTで伊勢湾岸自動車道に反れ、豊田JCTからは東名高速道路、いずれも走り慣れた高速道路で思ったほどの渋滞はなく快調にドライブできました。夕方の渋滞が発生する前に帰宅しようといつもよりスピードをアップしたことが奏功して午後4時過ぎに帰宅できました。

継体天皇と木津川をキーワードとする近畿3.1県(奈良県はかすめただけ)のドライブ旅における総走行距離は約1500kmです。長い連載記事(全14回)をお読みいただき、本当にお疲れさまでした。

<同行者のコメント> 温泉のお湯は良かったのですが楽しさがちょっと足りないように思いました。運転手さんはいつものように山の中に分け入って楽しそう。また帰宅時間が遅くなるのかと思っていましたがいつの間にか東名高速道路を走り終えていました。ご自慢のエコドライブはどうしたのでしょう?

|

« 木津川ドライブ 日帰り温泉「笠置いこいの館」と名張川の高山ダム | トップページ | パーカッション演奏会 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/48857328

この記事へのトラックバック一覧です: 木津川ドライブ 名張川と月ヶ瀬湖:

« 木津川ドライブ 日帰り温泉「笠置いこいの館」と名張川の高山ダム | トップページ | パーカッション演奏会 »