« 旧中山道のドライブ旅 南濃温泉「水晶の湯」 | トップページ | 沖 仁 スプリング・ツアー2011 ~Con Palmas~ »

2011年3月20日 (日)

旧中山道のドライブ旅(番外編) 大垣城

今回のドライブ旅のコースには入っていない大垣市の大垣城を紹介します。旧中山道は垂井町で国道21号から北方にそれて県道234号で垂井町役場近くの垂井宿を通過したあと、県道216号で美濃国分寺跡を経由して大垣市赤坂町の赤坂宿に入ります。大垣市中心部から北西約4kmの場所です。一方、国道21号は大垣市付近で旧美濃路寄りのルートをとっています。ちなみに美濃路は東海道の宮宿(名古屋)から中山道の垂井宿を結ぶ脇往還(わきおうかん、脇街道)でした。

この赤坂宿では本陣近くの四ツ辻で北の西国三十三所第三十三番札所華厳寺(けごんじ)方面に向かう谷汲(たにぐみ)街道と南の伊勢方面に向かう養老街道が東西に延びる旧中山道と交わっています。皇女和宮が旧中山道を江戸へ下った際、この赤坂宿に宿泊したそうです。

さて番外編の本題に入ります。旧中山道のドライブ旅に出かける前に事前調査を兼ねて京都から大垣までJR東海道本線で鉄道の旅をしました。東海道新幹線が出来てから東海道本線も電車区間は細切れになっていますので、京都駅から長浜行きに乗車して米原で大垣行きに乗り換えました。途中、車窓から伊吹山や関ヶ原の古戦場跡などの風景を楽しんでいると京都駅から約1時間半で大垣駅に到着。
 
2011_02190021 
2011_02190027 

ターミナルビル「大垣アピオ」があるJR大垣駅を出ると、駅前ロータリーに水の都らしい巨大なモニュメント「水都タワー」がありました。駅前から南方向に1km余り伸びる県道57号(美濃路)は大垣市中心部の目抜き通りの役割を果たしています。写真の右上に名前が見える西濃運輸は大垣市に本社を置く大手運輸会社です。
 
2011_02190055 

駅前にはもう一つ目立つものがありました。「奥の細道むすびの地」の看板です。俳人松尾芭蕉が江戸の深川を出発して陸奥(東北地方)を反時計回りに巡(めぐ)ったあと、日本海側を経由、大垣まで旅した紀行文集が「奥の細道」と呼ばれます。旅の終わりに詠(よ)んだ句が「蛤(はまぐり)の ふたみにわかれ 行く秋ぞ」。当ブログも2年半前に矢立初(やたてはじめ、旅立ち)の地であった千住と東北地方の奥の細道のルートを辿(たど)っています。
 
2011_02190028 
2011_02190063 

市内に12箇所ある自噴水の説明文と案内図が並んでいました。
 
2011_02190065 

左手の噴水の先に見えるのは大垣銘菓の金蝶製菓総本店です。
 
2011_02190030 

県道57号を南へ歩きました。最初の交差点にある一際大きな建物は大垣市を代表するデパートのヤナゲン本店。ユニークな経営で知られる大垣共立銀行の名も見えます。
 
2011_02190054 

さらに200mほど歩くと水門川(すいもんがわ)に差し掛かりました。大垣城の外堀であった豊かな清流です。
 
2011_02190051 

県道57号の両側に続く商店街は郭町(くるわまち)と表示されています。大垣城の城郭(じょうかく)だった場所でしょう。
 
2011_02190049 

大垣城には立派な表門が再建されていました。
 
2011_02190047 

江戸時代初期の大垣城は何重もの濠(ほり)に囲まれた城であったようです。
 
2011_02190044 

戸田氏鉄(うじかね)公騎馬像が白亜の天守と乾櫓(いぬいやぐら)を背に立っています。三河国で徳川家康の家臣でしたが、大津の近江膳所藩藩主となり、江戸時代初期に10万石の美濃大垣藩初代藩主となった人物です。
 
2011_02190041 

大垣城の天守です。明治時代に入って廃城となった際に取り壊しを免れた天守は国宝に指定されましたが、戦災に遭って焼失、1959年(昭和34年)に再建されました。
 
2011_02190043 

蘊蓄(うんちく)を少し。大垣城は関ヶ原の合戦の前に西軍の石田三成が入城して西軍の本拠地(前線司令部)となりましたが、西軍の主力が関ヶ原へ移動すると前線守備の役割を担います。西軍が敗北すると佐和山城と同様に落城しました。

大垣駅へ戻ると「鉄道のまち大垣」の案内板が目に入りました。明治17年に東海地方初の鉄道が関ヶ原から大垣まで延長され、明治20年に東海道線が新橋‐神戸間で全線開通した経緯が説明されています。写真は旧国鉄大垣貨物駅の保存展示です。

2011_02190057

|

« 旧中山道のドライブ旅 南濃温泉「水晶の湯」 | トップページ | 沖 仁 スプリング・ツアー2011 ~Con Palmas~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/51168310

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中山道のドライブ旅(番外編) 大垣城:

« 旧中山道のドライブ旅 南濃温泉「水晶の湯」 | トップページ | 沖 仁 スプリング・ツアー2011 ~Con Palmas~ »