« ラーメン小僧の地方行脚(奈良編) 奈良らーめん「あおによし」 | トップページ | ラーメン小僧の地方行脚(米原編) 博多ラーメン「たい風 米原店」 »

2011年3月31日 (木)

ラーメン小僧の地方行脚(長岡京編) ラーメン「来来亭 長岡京店」

向日市(むこうし)の長岡京跡と長岡京市の古墳群を巡(めぐ)るドライブ旅の途中に府道203号沿いのラーメン「来来亭(らいらいてい) 長岡京店」に立ち寄りました。長岡京店といっても住所は向日市で最寄り駅も西向日駅です。以前は長岡京市内の国道171号沿いにあったものを、2006年に現在の場所へ移転した時に店名を変更しなかったためだそうです。滋賀県野洲市(やすし)を本店として自営と「のれん分け」展開する来来亭は、東は神奈川県、西は福岡県まで、170店舗以上(うち独立店は89店舗)の拡がりがあります。ちなみに長岡京店は滋賀県外の第1号店のようです。
 
2011_02190386 
 
広い駐車場に車を停めて店内に入ると男性店員が元気な声で迎えてくれました。12時を少し回っていたため混み初めていましたが、小上がり(座敷)のテーブル席が空いていました。カウンター14席、座敷名用が4卓の計30席 ある店内は明るく広々としています。鮮やかな紺色に塗られたカウンターとシンボルカラー(オレンジと朱色)のコントラストが印象的です。
 
2011_02190379 

ラーメンのメニューは5種類と少ないのですが、定食類が10種類近く、一品料理が約20種類も並んでおり、大衆食堂の雰囲気です。
 
2011_02190378 

そのラーメンは、麺の硬さ(やわらかめ・硬め)、醤油(薄め・濃いめ)、背脂(抜き・多め)、一味唐辛子(手元の容器で適量を入れる)、ネギ(抜き・多め)、チャーシュー(赤身・脂身)と好みに合わせて組み合わせることができる配慮があります。そして「情熱は抜けません」と少し滑り気味の洒落(しゃれ)も書かれていました。
 
2011_02190380 

私はワンタン麺(750円)、同行者はチャーシュー麺(800円)を注文しました。
 
2011_02190381 

ワンタンはプリッとして美味しく、青ネギを多めにトッピングして背脂(せあぶら)を浮かせた醤油(しょうゆ)スープは濃(こ)くを感じさせながら見た目よりもアッサリして、ストレートの細麺も私好みでした。同行者の薄切りチャーシューも見るからに柔らかそう!
 
2011_02190384   
 
独立店が多くて味も店によって微妙に違うそうですが、人気店だけのことはあるバランスの良いラーメンでした。
 
2011_02190385 

帰りがけにカウンターをみるとボール紙の手製の番号札が置いてありました。混雑時に使われるのでしょう。外に出ると確かにその旨を説明した立て看板があり、女店員が並んで待つ客から注文を訊(き)いています。
 
2011_02190387
   

住所: 京都府向日市上植野町桑原15-1
電話: 075-931-0606
hp: http://www.rairaitei.co.jp/index2.php

|

« ラーメン小僧の地方行脚(奈良編) 奈良らーめん「あおによし」 | トップページ | ラーメン小僧の地方行脚(米原編) 博多ラーメン「たい風 米原店」 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン小僧の地方行脚(長岡京編) ラーメン「来来亭 長岡京店」:

« ラーメン小僧の地方行脚(奈良編) 奈良らーめん「あおによし」 | トップページ | ラーメン小僧の地方行脚(米原編) 博多ラーメン「たい風 米原店」 »