« 汐留ラーメン | トップページ | テレビ放送は必要ですか? »

2011年9月 2日 (金)

芝公園の古墳を散策する

港区芝公園にあるザ・プリンス パークタワー東京へ所用で出掛けた機会に、昼の休憩時間を利用して隣接する芝公園を散策することを思い立ちました。当ブログでは「芝から芝浦へ」と「日比谷通り散策」の両記事で芝公園に囲まれた増上寺を紹介しています。今回、都道319号(環状3号線)の歩道を経由して最初に向かった先は「芝丸山古墳」です。
 
2011_07140151
 
芝公園に古墳があることの意外性に惹(ひ)かれたのです。5世紀後半の築造と考えられる前方後円墳は同じ港区の三田にある「亀塚古墳」とともに、このエリアの開発で破壊されずに残った貴重な古墳です。ちなみに、かつて11基の陪塚(ばいづか)の円墳が周辺にあったそうです。
 
2011_07140155
 
丸山貝塚の標識脇にある石段を登りました。

 
2011_07140157
 
広場のような空間には芝丸山古墳(都指定史跡)の石碑と案内板がありました。その説明によると、全長106m前後、後円部は径約64m(高8m)、前方部前端幅約40m(高さ6m)、くびれ部幅約22m、出土物は埴輪(円筒・人物)片、築造時期は5世紀代と説明されています。
 
2011_07140158
 

そして少し離れた場所に小さな円山随身稲荷大明神が祀られていました。
 
2011_07140160
 
都内では田園調布に近い多摩川台公園の亀甲山(かめのこやま)古墳・宝来山古墳・浅間神社古墳、等々力溪谷にある横穴古墳、埼玉県行田(ぎょうだ)市の埼玉(さきたま)古墳群などを訪れた記事を掲載しています。最初の3つは多摩川下流域にあり、埼玉古墳群とまだ訪れていない上野公園内にある摺鉢(すりばち)山古墳は荒川流域および河口域(現在の隅田川)に存在すると言えるでしょう。つまり、武蔵野台地の縁辺部(台地の端)に古墳が多く分布していたようです。
 
2011_07140162
 
さらに石段を上がると平らで細長い広場に出ました。かなり奥の方まで続いていますから、江戸時代以降に墳頂上部が削られたとの説明は頷(うなず)けます。
 
2011_07140163
 
左手に虎の石像がありました。古墳には相応(ふさわ)しくないと思いながら一段高い場所に上がると、基部に「大野伴睦句碑」「文揮毫 鳩山薫」の文字が読み取れました。
 
2011_07140165
 
大野伴睦氏は自由民主党副総裁も勤めた政治家で、鳩山薫氏は共立女子学園理事長であるとともに夫は自由民主党初代総裁鳩山一郎氏(元総理・鳩山由紀夫氏の祖父)です。私には句の文字が判読できないため、後で調べると「鐘がなる 春のあけぼのゝ 増上寺」と書かれていたようです。東京都公園協会のhpによると、この碑は大野氏が名誉会長であった調理師会が昭和38年(19636月に調理師法施行5周年を記念して建てたものでした。しかし、なぜ芝公園に句碑があるのかは謎のままです。

一番奥にはユニークな形をした立派な「伊能忠敬測量偉功表」の碑が立っています。1889年(明治22年)に立てられた碑が戦争中に失われたため、1965年(昭和40年)に再建されたことが説明されていました。ちなみに、当ブログでは伊能忠敬について、東上野にある墓深川の銅像を紹介しています。
 
2011_07140166
 
石碑のすぐ前の大石に「墳古大形瓢」と彫られています。右から瓢(ひょう)形大古墳と読むのでしょう。これは前方後円墳の形状を表す古い表現で、発掘者である坪井正五郎が設置した標識のようです。
 
2011_07140170
 
木の間越しに増上寺が見えます。
 
2011_07140169
 
古墳の石段を下りて右手へ歩くと「銀世界の梅」と表示された石碑があります。説明板にはこの梅林はもと新宿角筈にあって江戸時代から銀世界と称せられていた梅林を現在の地に移されたものであると書かれていました。
 
2011_07140156
 
以前立ち寄ったことがある東照宮の参道前を通過。
 
2011_07140177
 
青空の中に東京タワーの威容が一際映(は)えます。
 
2011_07140180
 
昼休みの時間が残り少なくなりましたのでザ・プリンス パークタワー東京に戻ることにしました。

|

« 汐留ラーメン | トップページ | テレビ放送は必要ですか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/52603239

この記事へのトラックバック一覧です: 芝公園の古墳を散策する:

« 汐留ラーメン | トップページ | テレビ放送は必要ですか? »