« 私の『電子的ノート』が1000頁になりました | トップページ | 東北ドライブ旅2012春 早春の東北自動車道(後編) »

2012年3月26日 (月)

東北ドライブ旅2012春 早春の東北自動車道(前編)

昨年12月に福島県いわき市へ出掛けましたが今回は本州の最北端を目指します。当ブログの1000回目の記事にも少し書いたように当ブログを始めた動機付け(初心)に戻り、昔の旅をなぞりながらのドライブと温泉を楽しむ旅を思い立ったのです。

日の出の午前5時40分にはまだ1時間余りある午前4時半に自宅を出発して首都高速中央環状線から江北JCTで首都高速川口線に入り、さらに川口JCTを経由して東北自動車道に入ると東の空が白み始めました。日の出がかなり早くなったのは春の兆(きざし)しと実感できますが、車の温度計は気温が1度であることを表示しています。埼玉県北部の羽生(はにゅう)ICを通過する頃には東方の筑波山(つくばさん)がシルエットになって浮かび上がっていました。

2012_03240011 すっかり明るくなった午前6時頃には渡良瀬川を渡って栃木県の佐野SAに到着。休憩を兼ねて早めの朝食です。私は佐野名物「耳うどん」なるものがこのSA(下り)にあると聞いたのです。開店しているフードコートを覗(のぞ)いてみましたがメニューにはありません。午前7時にオープンするレストランのメニューなのかもしれません。同行者は予想通りに佐野ラーメンの中から「生姜らーめん」(650円)を選んでいます。

2012_03240008そこで私は巨大な油揚げが入った「きつねそば」(500円)にしました。先に番号を呼ばれた「きつねそば」は確かに油揚げが丼からはみ出してしまいそうな大きさで、わかめと刻みネギもたっぷりトッピングされています。油揚げの味は濃すぎず良いのですが、大きさに特徴を持たせるのは・・・。

2012_03240009 味見をさせてもらうと「生姜らーめん」は醤油味のスープに針生姜の風味が上手くマッチしています。期待を裏切らない美味しさでした。
 
 
 

2012_03240012 白河ICに差し掛かりました。ここから先は被災者支援のために期間限定で無料開放されています。うれしいことに被災者でなくても無料で通行できます。3年半前には白河ICの南東約10kmの地にある白河の関跡を訪れたことがあります。「路面に段差あり!走行注意」の表示が東北地方に入ったことを実感させます。   

2012_03240015 矢吹ICの手前にも「路面に段差あり!走行注意」の表示が出ていました。まだ先は長いのでドライブの楽しみ方を紹介しながら東北自動車道を紹介します。私にとってドライブする最大の楽しみは道路のカーブを忠実になぞることです。これはフィギュアスケート(現在主流になったダンスではなく図形を描く本来の競技)や自動車のフィギュア競技(狭く曲がりくねったコースでタイムを競うスポーツでラリーと並んで大学の自動車部員に人気がある)に似た楽しさがあります。

2012_03240020 鏡石(かがみいし)PAにあるミニストップでも7年振りに発売された「いちごミルクソフト」が売られていると聞いたのですが・・。「カスタードプリンソフト」に切り替わったのか見つけられませんので、同行者には「いちごとプリンのパフェ」を薦(すす)めました。カスタードプリンとソフトクリームを組み合わせた上に果肉の食感を味わえるいちごソースをかけた女性向けの商品でした。何も高速道路のSAでなくても良いのですが、わが家の徒歩圏内にはミニストップがないのです。

2012_03240023 外気温は相変わらず1度。長距離ドライブの楽しみには、カーナビにある約900曲の好きな歌を聞くことも良いのですが、ラジオ放送を聴くことです。交通情報や天気予報などドライブに役立つ情報が手に入りますが、ローカルな話題は楽しいものが多いのです。ラジオ福島では環境放射線量を報じています。(単位はマイクロシーベルト/時)

後になって知りましたが、1時間おきに県災害対策本部が発表している県内11か所の測定値を速報しているのです。ちなみに環境放射線とは自然界にもともと存在している自然放射線と核実験や原子力事故などで放出された人工放射線の合計値です。

2012_03240024郡山南ICの手前では工事のため車線規制が行われていました。前方に郡山市西部の雪山が見えますが、その先は猪苗代湖(いなわしろこ)でしょう。右端に見えるのは日本百名山の一つである安達太良山(あだたらやま)かもしれません。
 

2012_03240030 いよいよ仙台に差し掛かりました。東北放送(TBC)のラジオ番組で「仙台弁」(旧仙台藩で使われた言葉)について放送していました。昨年のはじめに訪れた時に話した若者は方言を喋(しゃべ)らなかったと記憶していますから、仙台でも方言がそれほど使われなくなったのかも知れません。一方、名古屋と大阪ではラジオ放送のトーク番組で方言がよく聞かれますが・・。ネットで調べてみると、ラジオ沖縄では「方言ニュース」という番組があり、宮城県石巻市には東北弁によるラジオ体操「おらほのラジオ体操」を見つけました。

2012_03240031 渋滞情報が表示されています。また工事渋滞かもしれません。
 
 
 
 

2012_03240033 川口JCTと青森ICの中間点の看板を見つけました。日本では何ごとにも中間(地)点を意識するのは一般的のようで、当ブログでは旧東海道の中間地点にある寺トンネルの中間点を示す標識遊歩道の中間点などを紹介しています。
 

2012_03240036 富谷JCTで三陸道(三陸自動車道)に入れば利府塩釜ICまでが有料道路(現在は無料開放中)で、その先は今のところ無料道路として石巻市を経て岩手県宮古市に至ります。
 
 

2012_03240037 仙台平野はまだ冬景色です。
 
 
 
 
 

2012_03240039 大和(たいわ)ICを通過します。大和町は平成3年に古川農業試験場でコシヒカリと初星を交配して創られた食味(美味しさ)と対冷性を兼ね備えた宮城の米「ひとめぼれ」の登米地区(宮城県北東部)に次ぐ産地です。その他にもトヨタ自動車東北やセントラル自動車(隣りの大衛村)などトヨタグループの工場があります。 

2012_03240041 大崎市の古川ICは伊達政宗の居城があった岩出山鳴子温泉に最寄りのICです。
 
 
 
 

2012_03240043 長者原SAの手前で行われている工事現場には「東日本大震災本復旧工事中」の表示板が立てられています。
 
 
 
 

2012_03240044 大崎市にある長者原SAにはスマートICが設置されています。この先は岩手県一関市と接する栗原市です。(続く)

|

« 私の『電子的ノート』が1000頁になりました | トップページ | 東北ドライブ旅2012春 早春の東北自動車道(後編) »

ドライブ」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

お天気に恵まれたようで何よりです。旅の続きを、楽しみにしています。

投稿: の・いそじん | 2012年3月27日 (火) 04時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北ドライブ旅2012春 早春の東北自動車道(前編):

« 私の『電子的ノート』が1000頁になりました | トップページ | 東北ドライブ旅2012春 早春の東北自動車道(後編) »