« 古くなったパソコンのリサイクル | トップページ | 新東名高速道路を走る 清水PA »

2012年4月23日 (月)

新東名高速道路を走る 御殿場JCT-駿河湾沼津SA

4月14日に新東名高速道路が御殿場JCTと三ヶ日間JCT(約162km)で部分開通しました。計画された海老名南JCTと豊田東JCT間の全線(253.2km)が開通するのは少し先です。例によって開通直後の混雑は避けて開通6日目の4月19日に早速開通区間をドライブしてみました。いつもは移動手段として利用する高速道路ですが、今回は高速道路自身が目的ですから、道路を走行した感想とSA/PAの人気スポットを中心に紹介します。新東名の詳しい情報はNEXCO中日本の関連hpを参照して下さい。

いつもより少し遅めに自宅を出発、東名高速道路をゆっくり走って到着した足柄SAで日の出を待ちました。この日の日の出時刻は午前5時4分です。朝方に雨が降ったようでSA内のアスファルトやタイルが濡れています。

生憎(あいにく)の曇天(どんてん)ですが、日の出時刻になると周囲が明るくなりましたので、予定道理に出発することにしました。見慣れた御殿場ICを過ぎるとすぐに御殿場JCTの案内標識があります。東名阪自動車道から新名神高速道路に入る亀山JCTと同様に長いアプローチ・レーンが続きます。
 
2012_04220005
 
御殿場JCTに差し掛かると片側2車線になりますからトラフィックが多くなっても余裕がありそうです。
 
2012_04220006
 
当初は片側3車線で建設する計画だったようですが、道路公団の民営化や高速道路の建設投資に対する厳しい世論などで2車線に変更されたのです。ただし設計速度は140km/時のままですからカーブが緩(ゆる)やかで、東名高速道路とはかなり雰囲気が違って見えます。ちなみに新東名の車線幅員は3.5m-3.75m(東名は3.6m)、最小曲線半径は3000m(東名のちょうど10倍)です。

その本線を4kmほど走ると裾野(すその)市に入りました。トンネルが多いと伝えられる新東名で最初に潜(くぐ)るのは今里トンネル(下り線の延長は774m、土木学会の技術賞を受賞)です。新名神のトンネルと同様に入り口が斜めにカットされたデザインは突入時の圧迫感を減少しています。門松(かどまつ)の竹の切り口のようです。ちなみに武田信玄に攻められて大敗した時に徳川家康が竹の先を武田武士の首に見立てて斜めに切って飾ったことが起源と伝えられるようです。
 
2012_04220011
 
東名の沼津ICに近い長泉沼津ICを通過すると駿河湾沼津SAが近づきました。
 
2012_04220015
 
開通翌日の日曜日には5-6kmの渋滞が発生したと報道された駿河湾沼津SAに立ち寄りました。何と言ってもオーシャンビューテラスからの展望がこのSAの売りのようです。
 
2012_04220016
 
障害者用駐車スペースの配置が従来の並列方式から縦列方式に変わっています。ドライブスルーのように便利で良いアイディアだと思いましたが、2台目の車が先に出発するには・・?
 
2012_04220024
 
赤字でNEOPASA(ネオパーサ)駿河湾沼津と表示された建物はインパクトがある外観です。
 
2012_04220017
 
館内に入ると広い通路の両側に店舗が配置されています。
 
2012_04220022
 
展望テラスへ出てみました。
 
2012_04220021
 
沼津市内と駿河湾が望めます。残念ながら西伊豆の大瀬崎付近は霞(かす)んでいます。帰路にもう一度立ち寄ってみたくなりました。
 
2012_04220020
 
駐車場に戻って富士山方面を望むと愛鷹山(あしたかやま、標高1187m)は雲に隠れて見えませんが、右手にはその山麓にある高山(標高392m)と思われる山が薄(う)っすらと見えました。
 
2012_04220023
 
さらに右手を見ると展望台のようなマウンド後方の空が明るくなって来たようです。このSA内にはドッグカフェとドッグランがあるため犬を散歩させながらSA内を散策する人を見掛けました。右手前の施設は電気自動車用急速充電システム(1充電当たりの料金は100円)です。ITSスポットと表示された場所は高度道路交通システムで、ITS対応カーナビを利用すれば高速で大容量の交通情報を受け取ったりインターネットサービスを利用できるスポットです。
 
2012_04220025
 
カーナビでこのSAの場所を確認すると東名の愛鷹SAの少し先に位置しています。私のカーナビにはまだ新東名がまったく表示されません。海岸にJR東海道本線の原駅の名前が確認できます。旧東海道の原宿へ立ち寄った時に通過した場所です。
 
2012_04220026
 
雲の間からやっと太陽が覗(のぞ)きましたので、さらに先を目指します。
 
2012_04220027
 
(続く)

|

« 古くなったパソコンのリサイクル | トップページ | 新東名高速道路を走る 清水PA »

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/54542845

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名高速道路を走る 御殿場JCT-駿河湾沼津SA:

« 古くなったパソコンのリサイクル | トップページ | 新東名高速道路を走る 清水PA »