« 新東名ドライブのフォローアップ 上り線(清水いはらICから駿河湾沼津SAへ) | トップページ | ノンフィクション本 『マネー・ボール』を読む »

2012年5月27日 (日)

新東名ドライブのフォローアップ 上り線(NEOPASA駿河湾沼津)

やはり駐車場内はほとんど満車で、一番奥のエリアだけが空いているようです。数台分の余裕がある駐車スペースに何とか車を停められました。
 
2012_05170226
 
一際異彩(ひときわいさい)を放(はな)つNEOPASA駿河湾沼津の建物です。
 
2012_05170227
 
塔(展望台)には鐘が設置されています。
 
2012_05170229
 
ここが展望台下の入口です。
 
2012_05170230
 
SA/PAの建物には珍しくエスカレーターがあります。
 
2012_05170231
 
2階テラスから駐車場と沼津の市街地を展望することは出来ますが、伊豆の山々は霞(かす)んでしまって、今回もほとんど見えません。
 
2012_05170232  
2012_05170233  
 
展望台へ上がる階段は何の変哲(へんてつ)もありません。
 
2012_05170234
 
ダン・ブラウンの大ヒットミステリー小説『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台となったパリのルーブル美術館にあるガラス製ピラミッドを小型化したようなものの先に鐘が見えます。さっそくその鐘を鳴らして見ました。そちらに気を取られたためルーブル美術館のピラミッドのように下に逆さピラミッドがあるかどうかを確認し忘れたことは残念です。
 
2012_05170235
 
駐車場の風景をもう一枚
 
2012_05170236
 
客が溢(あふ)れる横浜ポンパドウル(POMPADOUR)を通り抜けたショッピングエリアにある『たまごや』(三島市にある卵専門店)で『日の出たまごのたまごたっぷりん』(6個入りが1000円)を見つけた同行者は嬉(うれ)しそう。玉子の殻(から)を模(も)した白いセラミック製容器(プレーン)と紅白まんじゅうのように赤い容器(イチゴ味)と白い容器を組み合わせたものを見比べながら、どちらにしようかと真剣に思い悩んでいるようです。
 
2012_05170238
 
実は新東名を始めて走った時に同行者が浜松PA(下り線)で買って気に入り、帰路も買おうとしましたが、混雑のためPAに入れなくて断念したからです。ちなみに『日の出たまご』とは三島市(箱根西麓)で生産される日の出の太陽ような鮮やかな卵黄に特徴がある玉子でした。

反対側のフードコートへ移動して、沼津港海鮮丼のサマサ(佐政)水産で「まぐろづくし丼」(1100円)を選びました。贅沢(ぜいたく)海鮮丼(1680円)を考えていたのですが、ウニが苦手な同行者の意見を尊重したのです。まだ午後4時過ぎですから一人分を注文して、同行者とシェアして食べました。期待通りの美味しさです。
 
2012_05170241
 
展望台から見た巨大なフラワーバスケット(植え込み)
 
2012_05170247
 
NEOPASA駿河湾沼津のメインエントランス付近も撮影
 
2012_05170249   
 
早出(はやで)したこの日は明るいうちに帰宅出来ました。ちなみに、今回のドライブは走行距離が約390km、平均燃費は26.7km/ℓ。
 
<同行者のコメント> 三保ではずっと車の中にいました。少し前に趣味のサークル仲間と一緒に三保園ホテルに宿泊したことがあるからです。今回も旦那さまは狭い路地を走り回って、車がキズだらけになるのではないかと心配するほど! 由比では桜えびづくし、山奥の温泉もとても良かったです。でも、その温泉へ行く途中に見た大きな花瓶のような形をした奇妙なものは紹介しないのですか?(終)

|

« 新東名ドライブのフォローアップ 上り線(清水いはらICから駿河湾沼津SAへ) | トップページ | ノンフィクション本 『マネー・ボール』を読む »

グルメ」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/54809389

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名ドライブのフォローアップ 上り線(NEOPASA駿河湾沼津):

« 新東名ドライブのフォローアップ 上り線(清水いはらICから駿河湾沼津SAへ) | トップページ | ノンフィクション本 『マネー・ボール』を読む »