« 新東名高速道路(上り線)を走る | トップページ | 大阪の背が高いもん巡り 大坂城(後編) »

2012年5月 1日 (火)

大阪の背が高いもん巡り 大阪城(前編)

ゴールデンウイークに入りました。高速道路や観光地はどこも大変な混雑のようですから、わが家は例年通りに遠出を避けて自宅でのんびりと過ごしています。ゴルフ練習場やスイミングへ出かけたり、最近始めたトレーニングジム通い、時には近くの店に美味しいものを食べに出かけたりと、結構充実した毎日が続いています。そして身体を動かすことが好きでヨガやダンス教室へ通っている同居者もトレーニングジムに同行するようになったことで張り合いが出た私はランニングマシンで走ること(まだジョギングレベル)もできるようになりました。

こうした日常生活はさて置き、連休前に大阪を訪れた時の出来事を紹介します。小学2年生になったオチビちゃんが歌う「♪大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで♪」(大阪うまいもんの歌)の歌詞が印象に残りました。お手本の歌はこちら。「大阪にはうまいものと珍しいものが一杯ある」と言う主旨(しゅし)の歌詞にヒントを得て、「大阪には背の高いもんがいっぱいあるんやで」をテーマに大阪市内にある背が高いもの(せぇたかのっぽ)を巡(めぐ)ることにしました。

オチビちゃんとコチビちゃんは遠くから見ただけでまだ大阪城を訪れたことがないと2人のお母さんから聞き、地元で暮らす2人を案内することにしました。大阪城を何度も訪れている私は「大阪造幣局の桜の通り抜け」「大阪城物語」「大川・中之島の橋梁群」の記事で大阪城を紹介しています。下の写真は今年1月に撮影した乾櫓(いぬいやぐら)と大阪ビジネスパークのビル群。
 
2012_01300129
 
阪神高速13号東大阪線の森之宮出口を出て難波宮跡脇を通過し、法円坂交差点と馬場町交差点を通過して大阪城公園内にある大阪城駐車場に車を停めました。ここが満車の場合には少し東にある森ノ宮駐車場でも良いでしょう。何故か「森之宮」と「森ノ宮」の表記が混在しています。ちなみに「森之宮」の地名は森之宮神社、正式名称は鵲森宮(かささぎもりのみや)に由来するそうです。

駐車場から南外濠(みなみそとぼり)に沿って歩きます。修学旅行の団体が列をなして歩く頭上では桜並木がほとんど葉桜になっていました。
 

2012_04220249
 
濠では亀が甲羅干(こうらぼ)しをしています。
 
2012_04220250
 
南外濠を大きく回り込んで玉造(たまつくり)口跡を左に折れると八重桜が綺麗に咲いていました。写真撮影する人達が大勢います。
 
2012_04220253
 
一行は桜門を目指します。
 
2012_04220254
 
蓮如上人(れんにょしょうにん)袈裟(けさ)がけの松に立ち寄りました。蓮如上人はこの地に大阪御坊(後の石山本願寺)を造った本願寺中興の祖(ちゅうこうのそ)です。
 
2012_04220255
 
その西側には「南無阿弥陀仏」の石柱が建てられて、大阪(石山)本願寺の跡であることを示す唯一の史跡になっています。
 
2012_04220256
 
内堀沿いに広々とした経路が続きます。高層マンションのグランドメゾン大手前タワーが正面に見えます。
 
2012_04220257
 
豊臣秀吉を祀(まつ)る豊國(ほうこく)神社です。
 
2012_04220258
 
前方に桜門が見えて来ました。桜門の左右に位置するのは竜虎石(右は竜石、左が虎石)と呼ばれるそうです。
 
2012_04220259
 
オチビちゃんが右手の空堀(からぼり)を眺(なが)めています。
 
2012_04220260
 
桜門を入った正面にある巨大な石は大阪城第1の巨石蛸石(たこいし)で36畳敷相当の大きさ(推定重量130トン)があるそうです。名前の由来は左下角(すみ)に見える石から鉄分が沁(し)み出て出来た模様が蛸に似ていることによるそうです。
 
2012_04220261
 
枡形(ますがた)を抜けます。
 
2012_04220262
 
突然、天守閣が現れました。現在の天守閣(高さ54.8m)は3代目です。初代はもちろん豊臣秀吉が造ったもの(高さ約40m)で、2代目は1620年に徳川秀忠が天守閣(約58m)と城全体を立て直しましたが約40年後に天守閣は落雷で消失、1931年(昭和6年)に3代目が再建され、平成の大改修を経て現在に至っています。
 
2012_04220263
 
大阪万博のタイムカプセルと満開の枝垂(しだれ)桜を入れて天守閣を撮影。
 
2012_04220264
 
武者姿と一緒に写真を撮る人は海外からの観光客のようです。
 
2012_04220271
 
(続く)

|

« 新東名高速道路(上り線)を走る | トップページ | 大阪の背が高いもん巡り 大坂城(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の背が高いもん巡り 大阪城(前編):

« 新東名高速道路(上り線)を走る | トップページ | 大阪の背が高いもん巡り 大坂城(後編) »