« 名古屋尽くしのドライブ旅 リニア・鉄道館(後編) | トップページ | 名古屋尽くしのドライブ旅 名古屋風の結婚式とタイガーカフェ東桜店 »

2012年6月15日 (金)

名古屋尽くしのドライブ旅 山本屋総本家

名古屋の中心部、中区栄地区にあるホテルにチェックインしました。夕食には何か名古屋らしいものを食べようと相談して、名古屋を代表する老舗デパートの松坂屋に向いました。本館の9階にある味噌煮込みうどん専門店の「山本屋総本家松坂屋店」です。
 
2012_06100135
 
チビスケくんとチビエちゃんの両親が選んでくれたこの店の本店は名古屋市科学館に近い中区栄3丁目にあるそうです。暖簾に「元大須」と表示されていますから、大須が発祥の地なのでしょう。あとで調べると大正14年の創業でした。愛知県下だけでなく、東京の神田と人形町にも店舗がありました。

枝豆(315円)と恵比寿ビールは助手席ナビゲーターの特権です。
 
2012_06100128
 
おでん(一皿三品、420円)は見た目には真っ黒でグロテスクですが、味はあっさりしていて美味しいのです。チビスケくんとチビエちゃんもちょっとためらった後は大好きな枝豆と交互に食べました。
 
2012_06100127
 
2人のお母さんと私の2人は「かしわ入煮込みうどん」(1501円)を注文。蓋(ふた)をしないで煮込まれたうどんは蓋をして配膳されました。
 
2012_06100129
 
蓋を取ってもしばらくグツグツと煮立った状態が続きまのので、店員さんに教えられたように穴のない蓋(取り皿の役目)に移して食べました。一石二鳥のアイディアです。
 
2012_06100130
 
岡崎の八丁味噌(赤)をベースに名古屋産の白味噌をブレンドした合わせ味噌とカツオ、シイタケ、コンブ等で作った出汁(だし)に、たまり醤油(しょうゆ)とみりんで味付けした割下(わりした)だそうです。この濃(こ)くのある(辛くない)味噌と歯ごたえのある麺が絶妙にバランスしています。このうどんは、良く言えばしっかりした腰のある麺ですが、始めて食べる人にはまだ中まで火が通っていない硬い麺だと感じられるでしょう。うどん好きのチビスケくんとチビエちゃんはお母さんから分けてもらったうどんの固さを気にせずにたくさん食べていました。

この店で仕入れたプチ薀蓄(うんちく)です。生のうどんを直(じか)に煮るのが「煮込うどん」で、茹(ゆ)でてから煮るのが「鍋やきうどん」だそうです。ちなみに土鍋は煮え方が遅くても冷め方も遅い信楽(しがらき)焼だそうです。

一方、2人のお父さんは名古屋コーチン入りの「かれー煮込みうどん」(1501円)を注文。かなり時間が掛かってから配膳された外見からは美味しさが窺(うかが)えません。それほど辛(から)くなかったそうです。
 
2012_06100131
 
私は知りませんでしたが、これも名古屋名物の一つだったようです。煮込みうどんが鍋やきうどんと異なるように、かれー煮込みうどんは全国区のカレーうどんと別物なのです。念のため調べてみると食品メーカーの東洋水産が「カレー煮込みうどん」を販売している地域は東海・北陸地方でした。

同行者は「海老おろしきしめん」(1942円)を選びました。冷たい中広麺白波に海老の天麩羅とおろしが上手くマッチしています。こしと張りのある、煮くずれのしない、ふっくらとした美味しいきしめんです。煮込みうどんは麺が固いことから好き嫌いが分かれるかも知れませんが、このきしめんは万人向きと言えるでしょう。うどん好きのチビスケくんとチビエちゃんは両方とも気に入ったようで、わんこ蕎麦よろしくお代わりを重ねました。
 
2012_06100132
 
当日はサービスデイとのことで抹茶アイスクリームが4人分サービスされました。子供達用に2つだけバニラに変更してもらうことに。
 
2012_06100133
 
巨大な薬味入れがテーブルに置かれていました。長さが60センチほどもある「すす竹製」で、真中で区切って一方が一味で、もう一方が七味が入っています。チビスケくんが興味をもったため、手が届かない場所に移したため写真を撮り忘れたのは残念でした。

地下の駐車場へ向う途中に奇妙なものを見つけました。自動販売機に「話そみゃー! 名古屋ことば」と大きく表示されているのです。
 
2012_06100136
 
この「名古屋ことば」自動販売機は商品を購入すると名古屋ことば(名古屋弁)が聞こえてくると説明されています。ちなみに矢野きよ実さんは名古屋市大須出身で地元のテレビやラジオで活躍しているローカルタレント(名古屋弁で話すパーソナリティ)です。その名古屋ことばを上手く録音できましたが、ファイルのサイズが1MBを越えたためアップロードできないのが残念です。
 
2012_06100137
 
自販機の下部には、なごやジョウの「エビザベス」、やっとカメの「だなも」、ねがいボシの「かなえっち」、400年の旅人の「ハチ丸」と4つのご当地キャラクターが描かれています。
 
2012_06100139 
2012_06100138
 
当ブログで名古屋弁についての記事を読まれた方はお分かりになったと思いますが、名前の意味が理解できない方のためにこれらのキャラクタを解説します。

「名古屋ジョウ(嬢)」は名古屋生まれの若い女性のうちで裕福な家庭のお嬢さまを指します。お洒落でブランド品に関心が高く、独特のファッションと髪型(名古屋巻き)に特徴があります。「エビザべス」は名古屋嬢をもじったキャラクターで、お城(名古屋城)の身体を持ち、頭(屋根)には名物のエビフライと金の鯱(しゃちほこ)が載(の)っています。

やっとカメの「だなも」は「久しぶりですね」を意味する名古屋弁の「八十日だなも」を洒落(しゃれた)たものでしょう。このカメさんは物知り博士だそうです。

「ハチ丸」は、尾張(おわり)徳川家の合印(あいじるし)で、名古屋市の市章にもなっている丸八印をもじった名称で、名古屋市の公式マスコットです。NHKEテレ)の子供向け番組に登場する「おじゃる丸」(1000年前の平安時代貴族の子供)に似ていますが、歴史は少し新しく名古屋が開府(名古屋城が着工)した徳川時代初期であることを「400年の旅人」と表現したのでしょう。風呂敷包みが定番の持ち物です。

「かなえっち」はハチ丸の風呂敷に入っている願いが叶(かな)う星形キャラクター(ねがいボシ)です。(続く)

|

« 名古屋尽くしのドライブ旅 リニア・鉄道館(後編) | トップページ | 名古屋尽くしのドライブ旅 名古屋風の結婚式とタイガーカフェ東桜店 »

旅行・地域」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋尽くしのドライブ旅 山本屋総本家:

« 名古屋尽くしのドライブ旅 リニア・鉄道館(後編) | トップページ | 名古屋尽くしのドライブ旅 名古屋風の結婚式とタイガーカフェ東桜店 »