« 茨城のドライブ旅 ひたちなか市の史跡探訪 | トップページ | 茨城のドライブ旅 ひたち海浜公園(中編) »

2012年10月24日 (水)

茨城のドライブ旅 ひたち海浜公園(前編)

午前9時を過ぎた頃、目的地である「ひたち海浜公園」へ向かいました。旧日本軍の水戸飛行場(戦後は米軍の水戸射爆場)の跡地に造られた国営公園(1991年開園)で、広大な面積と四季の花々に人気があるようです。7つのエリアに分けられた公園内の移動手段はシャトルバスとシーサイドトレインですが、レンタサイクルも魅力です。そして自分の自転車を持ち込むことが出来ますから、自宅を出発する前に折りたたみ自転車を車に積み込んであります。

中央ゲートから入園することにして南駐車場へ向いました。開園時間の9時30分に少し時間がありますから安心したのも束の間、何ということか入場待ちの車が表道路まで続いていたのです。10分ほど待たされて駐車料金500円を支払った後、係員の誘導に従ってパーキングロットに入りました。中央ゲートに近い場所はすでに車で埋まっています。車から降ろした折りたたみ自転車を押して向った中央ゲートで混雑する理由が分かりました。この日は秋の都市緑化月間で入園料金が無料だったのです。
 
2012_10210036
 

中央ゲートを入った「プレジャーガーデンエリア」は大観覧車・SEAゴーランド(回転木馬)・林間ジェットコースターなどがそろった遊園地そのもの。同行者の好きなジェットコースターは後にして、中央サイクルセンターへ急ぎましたが、すでに長い待ち行列が出来ていました。タンデム(2人乗り)が少し残っているだけですから、列に並ぶ同行者を残して私だけが出発することに。
 
2012_10210133
 

すぐ横にある中央フラワーガーデンには色とりどりのコスモスが咲き乱れています。写真はカーペットイエローとチョコレートコスモスです。
 
2012_10210038
 

こちらはクリムゾンキャンパスとセンセーション
 
2012_10210039
 

サイクリングコースはすべてのエリアを周回しているようですから、順路に従ってまず西口エリアへ向いました。
 
2012_10210043
 

前方に見えるスロープはBMXコースでした。BMXとは20インチ径のホイール(私の自転車も同サイズ)を持つ競技用自転車のこと。
 
2012_10210081
 

久しぶりにブログへ登場した私の自転車。ハンドルに掛けられたワイヤー錠(じょう)はサイクリングの必需品です。
 
2012_10210047
 

右手には草原エリア(約8haの芝生広場)
 
2012_10210048
 

最初のサークルは「まつかぜサークル」で、名前の通り松林の中にあります。順路に従って左手の「スイセンサークル」へ向いましたが、右手へ進むと草原エリアを一周することもできます。
 
2012_10210049
 

県道57号を横断する「まつかぜ橋」を渡りました。駐輪場があちこちに設置されていますから、自転車を降りて周辺を散策することもできます。丘の上で紅紫色に咲くのはリュウキュウハギ(琉球萩)のようです。
 
2012_10210050
 

西口エリアのシンボルである「水のステージ」では準備作業が行われています。
 
2012_10210051
 

反対側には大きな噴水が涼しげです。
 
2012_10210052
 

左手一帯がスイセンガーデンのようですが、今はスイセンの季節ではありませんから、西口サイクルセンターで折り返しました。最北部の「樹林エリア」ではサイクリングコースが真っ直ぐ伸びています。木立の中で黄色い花を咲かせるセイタカアワダチソウ(背高泡立草)は北アメリカ原産の外来種でススキなどの在来種と競合するそうです。
 
2012_10210053
 

右手の「みはらしの丘」に赤く色付いたコキアが見えましたので、「みはらしエリア」の駐輪場に自転車を停めました。コスモスとコキアが美しいコントラストになった「みはらしの丘」には夏の富士山のようにジグザグ道を登る人の列が続いています。
 
2012_10210056
 

私もその後に続きました。駐輪場の方向を振り返ると「まつかぜ橋」と同様に県道57号を横断する「はまかぜ橋」が見えます。
 
2012_10210057
 

隣の低い丘まで続くコキアの群生は3.6万株もあって壮観です。春には「ネモフィラ」が「みはらしの丘」を青空のようなブルーで覆(おお)いつくすそうですから、埼玉県にある秩父羊山公園(サクラソウの名所)と似た景色になるのでしょう。
 
2012_10210063
 

中国から渡来したこの植物(一年草)は箒木(ほうきぎ)あるいは箒草(ほうきぐさ)と呼ばれます。先端部が茶色くなっているものが見受けられますから、この休日が最後の見頃かもしれません。ちなみに、夏場は緑色をしているそうです。

「みはらしの丘」(第2頂上、標高44m)から見た茨城港常陸那珂(ひたちなか)港区と鹿島灘(かしまなだ)方面です。
 
2012_10210060
 

この「みはらしの丘」(第2頂上)が頂上かと思いましたが、富士山で言えば8合目付近(あるいは宝永山)でした。
 
2012_10210064
 

これは「みはらしの鐘」ですが・・。私は鳴らさないで通過しました。
 
2012_10210065
 

「みはらしの丘」(第3頂上、標高58m)からは大観覧車が遥(はる)か遠くに見えることで、この公園の広さが良く分かります。
 
2012_10210066
 

周辺の航空写真には、TOHOシネマズひたちなか(左下)、茨城港常陸那珂港区(右上)、コマツの茨城工場(みはらしの丘の左上)、東京電力の常陸那珂火力発電所(中央上)、などが表示されています。
 
2012_10210068
 

名前の表示はありませんが、左上の林間にある施設が日本原子力発電(電力会社9社と電源開発が設立した会社)の東海発電所です。1966年に営業運転を開始した日本初の商業用原子力発電所でしたが1998年に運転を終了し、これまた日本初となる原子力発電施設の解体作業が行われているそうです。ちなみに現在は原子炉周辺施設が解体対象で、原子炉本体の解体作業は2014年に着手されるようです。(続く)

|

« 茨城のドライブ旅 ひたちなか市の史跡探訪 | トップページ | 茨城のドライブ旅 ひたち海浜公園(中編) »

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/55961337

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城のドライブ旅 ひたち海浜公園(前編):

« 茨城のドライブ旅 ひたちなか市の史跡探訪 | トップページ | 茨城のドライブ旅 ひたち海浜公園(中編) »