« 小説「Box!」を読む | トップページ | 三浦半島南端部をドライブ(後編) »

2012年11月15日 (木)

三浦半島南端部をドライブ(前編)

今年1月以来の三浦半島ドライブです。前回は観音崎・久里浜・三浦海岸を巡りましたので、今回は三崎漁港周辺を中心にドライブすることにしました。最初に向ったのは三崎漁港です。6年前に訪れた場所です。到着目標の午前7時を10分ほど回った頃、三崎港産直センター「うらり」に隣接した駐車場に到着しました。
 
2012_11100007
 

「うらり」では開店の準備作業が始まったばかりのようです。私は午前7時に開店するとばかり思っていましたが、それは朝市が開かれる日曜日だけであることを到着後に知りました。周辺の食堂を何軒か確認すると、判で押したように「うらり」の開店時間に合わせて午前9時からの営業になっています。
 
2012_11100005
 

どうするべきかを考えながら「うらり」の周辺を散策しました。隣は三崎マリーンセンターとその交流広場です。
 
2012_11100003
 

ウッドデッキのある「ゲストバース」(駐船場)に係留された純白のヨットと青森丸(青森県立八戸水産高等学校の練習船)が見えます。後者は鮪延縄(まぐろはえなわ)漁業と烏賊(いか)一本釣り漁業、航海・機関の運用などの実習に使われているようです。
 
2012_11100002
 

「朝ごはんはどうするの?」と不機嫌そうな同行者の声が聞こえますので、食堂探しのドライブに出掛けることにしました。三崎港の周辺にある店は可能性がなさそうですし、城ケ島大橋を渡った城ヶ島は何度も訪れていますから、海岸沿いに油壺方面に向かうことに。道が行き当たる公園付近の殺風景な空き地から富士山が見えることを知り、ビューポイントを探しながらさらに進んで小さな漁港で最初のポイントを見つけました。
 
2012_11100013
 

隣のヨットハーバーから見る富士山も絵になります。
 
2012_11100015
 

ズームアップ(光学20倍)するとまた違った雰囲気です。
 
2012_11100016
 

京急油壺マリンパークの手前にある京急油壺観潮荘に立ち寄ってみました。ひょっとしたら朝食サービスが有るかも知れないと思ったのですが、営業は午前11時からとの説明にすごすごと引き下がりました。意を決して午前中の計画を大きく変更して、朝食の前に三浦半島南端部(三崎・南下浦エリア)をドライブすることに。

県道215号を東に進み市街地を抜けると三浦半島らしく大根畑が広がります。
 
2012_11100019
 

その風景には不釣合いな2基の巨大な風車が目に飛び込んで来ます。宮川公園内にあるこの施設は三浦ウインドパーク株式会社(日本風力開発株式会社の子会社)が運営しています。頂上部にMICONと表記されていますが、これはデンマーク・ミーコン(NEG-Micon)社製の製品であることを示しています。
 
2012_11100017
 

発電能力は一基当り400kW(約300世帯分の消費電力)で、直径31mFRP(繊維強化プラスチック)製ローター3枚羽とオーソドックスなものです。ちなみに設備の設置は三浦市、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、ニチメンが共同で設置したもので、NEG-Micon社は同じデンマークのVestas社に買収されています。

公園の奥にある木製の展望台からヨットハーバーが見えました。みうら・宮川フィッシャリーナはプレジャーボート(ヨットやモーターボート)が停係泊できるポンツーン(浮き桟橋)です。ちなみに、「フィッシャリーナ」とはフィッシュ(魚)とアリーナ(劇場)を組み合わせた造語のようです。
 
2012_11100022
 

視界の右端から長く延びた黒い岩礁(がんしょう)に純白の灯台が見えます。小さな灯台ですが色のコントラストが綺麗です。城ヶ島東端(安房崎)にある安房埼(あわさき)灯台のようです。宮川公園には、未舗装ですが駐車場があり、トイレと遊戯施設もありますから家族連れに適した場所だと思います。
 
2012_11100023
 

県道215をさらに東進して毘沙門(びしゃもん)トンネルを抜けました。波打ち際に毘沙門洞窟(どうくつ)があるようですが、順路が複雑で時間がかかりそうですから、同行者の反応を気にしてこの鍾乳洞(しょうにゅうどう)に立ち寄ることは諦(あきら)めました。剣崎(つるぎさき)小学校の前を通過して大きなカーブを抜けた信号の手前の交差点を標識に従って右折しました。道幅がだんだん狭くなって車のすれ違いが出来なくなりましたので、対向車が来ないことを念じながら500m余り走ると、前方に侵入禁止を示すような標識が見えます。

車のすれ違いが出来る場所に車を留めて(同行者を車内に残して)歩くことにしました。逆光が眩(まぶ)しい右前方に剣崎(つるぎさき)灯台が見えました。
 
2012_11100024
 

急な上り坂の道を歩きます。
 
2012_11100026
 

右手の丘の上に巨大なアンテナが見えます。頂上部に大きな帽子(正式名称は容量環、同調周波数を低くしてアンテナ本体を短くするトップ・ローディング機能がある)を被(かぶ)った中波ラジオ放送の送信アンテナにも見えます。基部付近が太くなっていますからアンテナ長を短くするコイル(ベース・ローディング)でしょう。
 
2012_11100027
 

調べると海上保安庁剱埼DGPS(デイファレンシャルGPS)局の受信アンテナでした。無線方位信号所(レーマークビーコン、電波灯台あるいは中波無線標識)にも使われていましたが、GPS(全地球測位システム)が普及したことで、平成21年4月10日に廃止されたそうです。

その右手にある林越しに富士山が見えました。
 
2012_11100038
 

入口の案内看板には明治政府が1871年(明治4年)に設置した、対岸の洲埼(すのさき)灯台と対で東京湾の入口(浦賀水道)を表していると説明されています。海水面から灯火までの高さは41mあるそうです。
 
2012_11100028 
 

剣埼灯台を正面(入口側)・南側・北東側から3点撮影しました。
 
2012_11100030 
2012_11100031 
2012_11100037

 
灯台の頂上部にあるものは南北指示器と風見鶏(かざみどり、鶏をかたどった風向計)のようです。(続く)

|

« 小説「Box!」を読む | トップページ | 三浦半島南端部をドライブ(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島南端部をドライブ(前編):

« 小説「Box!」を読む | トップページ | 三浦半島南端部をドライブ(後編) »