« 池尻大橋を散策 そして西郷山公園へ | トップページ | 池尻大橋を散策 文化浴泉 »

2013年4月 6日 (土)

池尻大橋を散策 蕎麦店「東京 土山人」

「桜樹記念碑」がありました。その横にある説明板には『昭和の始めに行われた目黒川の改修工事に合わせて桜並木が作られた』ことが書かれています。
 
2013_03310125
 

休憩(きゅうけい)するための喫茶店を探しながら歩いているうちに山手通りに出てしまいました。昨今(さっこん)は喫茶店が激減したため、年配者にとって街歩きがとみに不便に! それではとフレッシュバーガーに入ってドリップコーヒーとジンジャークリームチャイを飲みながら1時間近くも休憩。頃合(ころあい)を見計(みはか)らって目黒川沿いに戻ると青葉台水位観測局と表示された黒いボックスが目に入りました。
 
2013_03310130
 

杉並区にある善福寺川緑地で見た宮下橋水位警報局と同様の施設です。プチ薀蓄(うんちく)ですが、水位の判断基準は上から堤防の一番高所である天端(てんば)、危険、警戒、注意の順です。青葉台水位観測局では各々5.25m、3.75m、3.25m、2.65mが指定されており、写真にある黄色の矢印は注意水位のようです。
 
2013_03310129
 

目黒川沿いに青葉台三丁目まで戻ると右手に洒落(しゃれ)た看板「蕎麦土山人」(そばどさんじん)が見えました。しかし明るく照明された店舗には色とりどりのランドセルが展示してあります。同行者に訊(たず)ねると、有名なカバン屋である「土屋鞄製造所」(足立区西新井)の直営店「童具店(どうぐてん)」(中目黒店)でした。
 
2013_03310079
 

東京 土山人」の場所にやおら気付いて階段を下り、半地下を演出した地階にある引き戸を開けて店内に入りました。
 
2013_03310133
 

右手のガラス窓の奥に蕎麦(そば)打ち場があり、蕎麦打ち台とともに電動式の石臼(いしうす)が2台置かれています。
 
2013_03310135
 

叩(たた)きが面白くデザインされています。
 
2013_03310150
 

その先にあるもう一つの戸を開けると別世界が広がっていました。明かり取りを兼ねた坪庭(つぼにわ)が落ち着いた雰囲気を醸(かも)し出しています。この「東京 土山人」は兵庫県芦屋市に本店があり、関西を中心に多店舗を展開しているそうです。
 
2013_03310139
 

出された蕎麦茶を飲みながら数え切れないほど多くの蕎麦と天麩羅(てんぷら)などが並(なら)ぶメニューを眺(なが)めながら同行者は店員から聞いたお薦(すす)めの中から炙(あぶ)り地鶏と山菜のつけ汁蕎麦(1470円)を注文しました。蕎麦は「細打ちせいろ」「荒挽き田舎」「太切り」の3種類の中から「細打ちせいろ」が使われており、付け汁は出汁(だし)の濃(こ)くがありながら見た目と違ってマイルドですから細い蕎麦と上手(うま)くマッチ、そして地鶏もほど良い歯応(はごた)えがありました。
 
2013_03310143
 

私は大好物の「鴨南蛮そば」(1680円)と「にしんそば」(1790円)のいずれかにするつもりでしたが、やはりお薦めの中から蛤(はまぐり)の潮(うしお)そば(1680円)を選びました。こちらは太切り蕎麦。大きな蛤は弾力を感じるうえに、ワカメとあいまって海の香りがほのかに伝わってきます。味に物足りなさを感じながら食べ終わってから、黒七味を入れれば味が引き締まっただろうと、ちょっと悔(く)やみました。
 
2013_03310141
 

同行者は器(うつわ)も気に入ったそうです。そして私に配膳された貝殻(かいがら)を置く皿(上の写真)もしげしげと眺(なが)めています。
 
2013_03310144
 

そう言われれば私の器もなかなか風情(ふぜい)があります。帰宅後に調べると、店名「土山人」の由来になった窯元(かまもと)土山人の弟子(でし)だった人たちが作った器のようです。
 
2013_03310147
 

お土産(みやげ)に太巻き(1050円)を追加した同行者は、「お箸(はし)をもらえるんだって!」とはしゃいでいます。何気(なにげ)なく箸袋(はしぶくろ)の裏側を見たところ、『気に入れば持ち帰っても良い』と書かれていたそうです。
 
2013_03310148
 

写真は自宅で食べる前に撮影した太巻きです。出汁(だし)巻き玉子と鰻(うなぎ)が巻かれていました。
 
2013_03310177
 

元来た目黒川沿いの道を引き返して大橋JCTの「オーパス夢ひろば」で開催されている「オーパス目黒大橋まちびらきフェスタ」を覗(のぞ)いてみることにしました。演者たちが多数の子供を相手に楽しそうな音楽遊びを教えています。
 
2013_03310151
 

ぐるりと取り囲む模擬店(もぎてん)も多彩ですが、折からの寒さのせいか客足はまばらです。
 
2013_03310152
 

排気塔が聳(そび)える大橋JCTを見上げると、巨大なダムの直下にいるように感じられました。
 
2013_03310153 
2013_03310154
 

(続く)

|

« 池尻大橋を散策 そして西郷山公園へ | トップページ | 池尻大橋を散策 文化浴泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池尻大橋を散策 蕎麦店「東京 土山人」:

« 池尻大橋を散策 そして西郷山公園へ | トップページ | 池尻大橋を散策 文化浴泉 »