« 足柄街道を走る 足柄古道と万葉うどん | トップページ | 足柄街道を走る 万葉公園と足柄明神社 »

2013年10月14日 (月)

足柄街道を走る 夕日の滝

地蔵堂の前に戻ってその左脇を抜ける道に入りました。
 
2013_10080015

 
今回は通過しましたが、前回(2005年1月18日)立ち寄った金太郎の生家跡です。童謡で知られる金太郎は平安時代の侍、坂田公時(さかたのきんとき)の幼名とされます。丹波国大江山で鬼退治をした源頼光(みなもとのよりみつ)の家来で、四天王のひとりと言われています。ちなみに、その鬼たちの頭領(とうりょう)は酒呑童子(しゅてんどうじ)と呼ばれました。
 
Dscf0010
 
民家が点在する山間(やまあい)の細い道を進むと棚田が点在しています。
 
2013_10080055
 
前回は猪(いのしし)の毛皮が干(ほ)してあったのを思い出しました。そして強烈な獣臭(けものしゅう)も・・。
 
Dscf0009
 
地蔵堂から1kmほどで「夕日の滝バンガロー」に行き当たりました。
 
2013_10080054
 
その駐車場に車を停めて案内標識に従ってバンガローの外周を歩きました。通行止めになっていますが、金時山の登山道が右手に続きます。
 
2013_10080033
 
バンガロー・エリアを抜けると内川には朱色の橋が架かっています。
 
2013_10080035
 
記憶にありませんので8年前の写真を確認すると当時は木製の小さな橋でした。前回訪れたのは1月中旬であり、雪が積もる難儀(なんぎ)な道を滝壺(たきつぼ)まで歩いたことを思い出します。
 
Dscf0001
 
橋を渡った正面に金太郎の歌碑がありました。見たことがあるように思われましたが、念のために調べてみると、平成18年度(2006年度)に建てられたことが分かりました。私の記憶もあまり当(あ)てにならないようです。
 
2013_10080036
 
その隣には「見守り地蔵」が並んでいます。こちらも最近造られたものでしょう。
 
2013_10080037
 
「夕日の滝」への順路に飛び石が敷かれている様子は8年前とまったく同じです。古い橋の写真(3つ上)と見比べて見てください。
 
2013_10080038
 
もちろん、この木の根道も変わっていません。
 
2013_10080039
 
木立の間から「夕日の滝」が見えてきました。
 
2013_10080040
 
夕日の滝」の全景です。案内看板には『この滝は酒匂川(さかわがわ)の支流内川にかかっており高さ約23m、幅約5mです。夕日の滝という名称は、夕日に映えるその美しさからきているようですが、説によると毎年1月15日に太陽が滝口の中央に沈むのでその名が付けられたと伝えられています』と書かれています。
 
2013_10080041
 
望遠で撮影した滝口
 
2013_10080049
 
歩きにくい岩場を滝壺(たきつぼ)の近くまで降りて、滝壺を含めた「夕日の滝」の全景を撮影しました。
 
2013_10080044
 
こちらは8年前にほぼ同じ場所から撮影した写真です。冬場だったせいか滝口付近がすっきりしていました。
 
Dscf0005
 
橋まで戻った時、右奥に野外ステージのようなものがあることに気づきました。
 
2013_10080051
 
橋の上から「夕日の滝」がある内川の上流方向を眺(なが)めました。
 
2013_10080052
 
下流方向にはバンガロー(キャンプ場)の炊事場(すいじば)が見えます。
 
2013_10080050
 
駐車場まで戻って、次の目的地へ向かいました。(続く)

|

« 足柄街道を走る 足柄古道と万葉うどん | トップページ | 足柄街道を走る 万葉公園と足柄明神社 »

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/58383893

この記事へのトラックバック一覧です: 足柄街道を走る 夕日の滝:

« 足柄街道を走る 足柄古道と万葉うどん | トップページ | 足柄街道を走る 万葉公園と足柄明神社 »