« 貴船もみじ灯篭(中編) | トップページ | 珠玉のクロアチア旅行(その8) スプリットからドゥブロヴニクへ »

2013年12月26日 (木)

貴船もみじ灯篭(後編)

貴船神社本宮袂(たもと)にある鳥居茶屋に入りました。奥宮へ向う時にその店先で見かけた「みたらしだんご」が記憶に残っていたことも影響しました。食事あるいはお茶のいずれかを聞かれましたが、意味が良く飲み込めず食事と答えると奥の小上(こあ)がりに案内されました。ちなみに、鳥居茶屋は貴船川の川床を夏期の間だけ別館「真々庵」(しんしんあん)として営業しているようです。

私はあゆそば(1500円)を注文しました。価格が高いのは席料が含まれているのでしょう。私の好きなニシンそばよりあっさりした味でした。
 
2013_12010291 
 
オチビチャンたちの両親は貴船そば(900円)
 
2013_12010292 

オチビチャンは名物の鮎(あゆ)茶漬けとお造り(1900円)が気に入ったようです。箸袋(はしぶくろ)に書かれた四文字は「即味心也」と同じ意味でしょう。
 
2013_12010294 

コチビちゃんはうなぎ丼並(2300円)を選びました。同行者は二人のサポート役に・・。店員さんに訊(たず)ねて分かりましたが、食事をする客はみたらしなど茶席のメニューを注文できないそうです。そこで、店を出る時にみたらし団子を別に買い求めました。
 
2013_12010301 

本宮の鳥居(二の鳥居)も先ほどとは雰囲気が違います。
 
2013_12010316 

本宮の参道石段も灯篭に淡く照らし出されています。
 
2013_12010303 

本宮の門を入った右手後方に見える建物は龍船閣(休憩所)です。
 
2013_12010304 

本宮本殿
 
2013_12010306 

御神水は自由にいくらでも汲(く)んで持ち帰ることができます。弱アルカリ性の水で、これまでに一度も枯れたことがなく、とても美味しい水のようです。脇に「神水五則」と呼ぶべき説明が書かれていました。
 
2013_12010307 

前回訪れた時にも紹介した水占齋庭(みずうらゆにわ)、「水占みくじ」ができる場所です。
 
2013_12010309 

隣り合った人の水占い結果
 
2013_12010311 

本殿下にも篝火(かがりび)があって参拝者が・・。後方に見える木は御神木の桂(かつら)です。樹齢400年で樹高が30mあるそうです。ちなみに、結社(ゆいのやしろ)と奥宮の境内にも桂の大木がありました。
 
2013_12010312 

参道の石段を下ります。
 
2013_12010315 

青竹を切っただけのシンプルな灯篭
 
2013_12010317 

貴船川沿いに灯篭が続きます。
 
2013_12010318 

貴船川の川床にある灯篭群
 
2013_12010320 

船形の灯篭
 
2013_12010321 

貴船臨時バス停(乗り場)に到着
 
2013_12010325 

鞍馬電車で「もみじのトンネル」を通過
 
2013_12010335 

出町柳駅に張られた「紅葉だより」を見ると11月29日現在、貴船神社が「見頃すぎ」ですが京都市の中心部では紅葉がちょうど「見頃」のようです。
 
2013_12010338 

<同行者のコメント> 夜になると洛北はやはり寒いですね。オチビちゃんとコチビちゃんは和太鼓の演奏を楽しんだあと、京都の美味しい料理を食べて大満足だったようです。

« 貴船もみじ灯篭(中編) | トップページ | 珠玉のクロアチア旅行(その8) スプリットからドゥブロヴニクへ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/58823366

この記事へのトラックバック一覧です: 貴船もみじ灯篭(後編):

« 貴船もみじ灯篭(中編) | トップページ | 珠玉のクロアチア旅行(その8) スプリットからドゥブロヴニクへ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ