« 貴船もみじ灯篭(前編) | トップページ | 貴船もみじ灯篭(後編) »

2013年12月25日 (水)

貴船もみじ灯篭(中編)

今回の主目的はもみじ灯篭10周年を記念して開催される「奥宮奉納全国太鼓まつり」に参加することなのです。ちょうど主催者の挨拶(あいさつ)が終るところでした。
 
2013_12010237 
 
和太鼓の演奏が始まりました。最初は東京(青山)のグループのようです。
 
2013_12010242 

最前列のベンチに空きスペースを見つけて移動。正面から見るとユニフォームに WE TAIKO と書かれています。
 
 
2013_12010252 

躍動感にあふれるパフォーマンス
 
2013_12010253 

2番目のグループが登場して京都のグループと紹介されたと思います。ユニフォームに書かれた「鏡花水月」は儚(はかな)い幻(まぼろし)、あるいは感じ取れても説明できない趣(おもむき)をたとえる言葉です。きびきびした演奏をそのまま聴いていたかったのですが、じっとしていると底冷えが身体の芯(しん)まで凍(し)みるようで、席を立って本殿にお参りすることにしました。
 
2013_12010257 

船形石(ふながたいわ)にある忌火(いむび)は新しく火鑽(ひきり)できった神聖な清い火で、境内の照明などに用いられます。そして夢守火参り(むすびまいり)とは万物を生み出す意味を持つ産霊(むすび)や、すべての縁を結びつける結びに通じるとされ、忌火で点けたロウソクに夢を託してご加護(かご)を願う作法です。貴船神社では本宮・結宮・奥宮の順にお参りした後に夢守火参りをするのが正しいとされるようです。献火(けんか)ロウソクは本宮で購入(100円)できます。
 
2013_12010261 

奥宮本殿と船形石の間にある竹の容器に灯(とも)された夢守火です。
 
2013_12010262 

本殿前の献灯台にロウソクを捧(ささ)げても良いと説明されていました。
 
2013_12010283 

奥宮本殿
 
2013_12010263 

ベンチに戻ると次のグループに交代していました。
 
2013_12010264 

こちらは最初に登場したグループのようです。
 
2013_12010269 

いよいよトリ(主任)のグループが登場。ネクタイを締(し)めたユニークな出(い)で立ちの大阪を中心に活躍するトリオは学生時代の太鼓部仲間だったそうです。最初の一打で圧倒されてしまいました。
 
2013_12010270 

2曲目は女性が2人参加
 
2013_12010273 

3曲目はまた最初の編成に戻りました。 
 
2013_12010275
 
そして2曲目と同じ編成に変化すると、5人の演奏に一層熱が入ります。しかし、1時間を過ぎてファイナル曲が近づいたところで、オチビちゃんとコチビちゃんが寒いと言い出したため、太鼓まつりの会場を後にすることにしました。
 
2013_12010276 

門を出たところにある篝火(かがりび)で全員がしばし暖(だん)をとりました。
 
2013_12010280 

暗闇の参道に灯篭が続く幻想的な光景
 
2013_12010284 

貴船川には噴水が・・
 
2013_12010286 

小さな滝と緋毛氈(ひもうせん)の茶席も
 
2013_12010288 

本宮の参入口にある篝火でも手焙(てあぶ)りをするオチビチャン
 
2013_12010289 

(続く)

« 貴船もみじ灯篭(前編) | トップページ | 貴船もみじ灯篭(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/58819037

この記事へのトラックバック一覧です: 貴船もみじ灯篭(中編):

« 貴船もみじ灯篭(前編) | トップページ | 貴船もみじ灯篭(後編) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ