« 珠玉のクロアチア旅行(その14) トロギールの旧市街Ⅳ | トップページ | 百田尚樹著「海賊と呼ばれた男」(上巻)を読むⅠ »

2014年1月28日 (火)

珠玉のクロアチア旅行(その15) トロギールからプリトヴィッツェへ

国道58号から高速道路A1に入って約220km先にある次の目的地のプリトヴィッツェへ向います。約4時間のドライブです。
 
964 
 
変化に富んだダルマチア海岸を離れた内陸部の単調な景色に飽きてしまい、青空を切り裂くように飛行機雲が伸びるのをガラス窓越しにぼんやり眺(なが)めました。
 
963 

飛行機雲が丘の上に立つ風力発電所の後方を横切ります。
 
962 

少し先では風力発電所が建設中でした。
 
965 

LEITWIND社は欧州とインドの企業が合弁して設立した風力発電設備の製造会社のようです。
 
967 

夕日が傾いて丘に隠れます。
 
970 

燃えるように赤い夕焼け
 
971 974 

また飛行機雲が・・。2本の航跡が擦れ違うのは珍しいシャッターチャンスです。
 
976 

出発して約2時間後に湖沿いの集落を通過しました。
 
977 

ここはアドリア海に注ぐZrmanja川の上流にある湖のようです。
 
978 

高速道路A1が橋を渡る時に、瞬間でしたがクロアチアらしい石灰岩が露出した地形が見られました。ザダルへ向う途中に撮影したのと反対(上流)側の風景です。(手振れ写真をご容赦下さい)
 
983 

パーキングエリアで一時休憩
 
985 

ガスステーション(ガソリンスタンドは和製英語)
 
986 

スーパーマーケット
 
987 

国道522号と国道1号を経由して日暮れて2時間ほどが経過した午後7時過ぎに宿泊するプリトヴィッツェ湖群国立公園に隣接するホテル「イエゼロ」に到着しました。
 
989 

ホテルのロビーは新しく広々しています。
 
990 

部屋もかなり広く、シンプルなインテリアに清潔感があります。
 
991 

やや遅くなった夕食はムール貝の盛り合わせと肉料理です。貝の身は小ぶりですが、美味しく食べました。
 
993   
 
さっぱりした味の肉は兎(うさぎ)だったようですが、薄暗い照明のためその味がよく分かりませんでした。(またまた醜い写真で恐縮です)
 
994 

ここで投稿の小休止を入れます。(続く)

« 珠玉のクロアチア旅行(その14) トロギールの旧市街Ⅳ | トップページ | 百田尚樹著「海賊と呼ばれた男」(上巻)を読むⅠ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59024671

この記事へのトラックバック一覧です: 珠玉のクロアチア旅行(その15) トロギールからプリトヴィッツェへ:

« 珠玉のクロアチア旅行(その14) トロギールの旧市街Ⅳ | トップページ | 百田尚樹著「海賊と呼ばれた男」(上巻)を読むⅠ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ