« 珠玉のクロアチア旅行(その19) 帰国フライト(後編) | トップページ | アイフォーンのセキュリティ不具合と仮死状態になったWindowsパソコンへの対応 »

2014年2月26日 (水)

クロアチア料理店「ドブロ」でランチ

クロアチア旅行の記事をほぼ書き終えた2月16日(日曜日)、同居者を誘って都心へ出掛けました。日本でクロアチア料理を提供する唯一レストランがあることを偶然に知ったからです。地下鉄銀座線の京橋駅で下車、6番口を出てすぐの路地で左手に入りました。路傍(ろぼう)の残雪に気をつけながら飲食店が並ぶ道を70mほど歩くと、左手に派手な国旗が飾られた店がありました。
 
2014_02160001 
 
クロアチア料理の店「Dobro(ドブロ)」です。
 
2014_02160002 

入口を入った狭い通路の先に視界が広がりました。1階(実際は半地下)の「Konoba(コノバ)」と2階(中2階)の「レストラン ドブロ」がレイアウトされているのです。
 
2014_02160025 

1階はカフェのようにカジュアルな雰囲気です。ちなみに、コノバはクロアチアでシーフード提供する居酒屋を指すそうです。
 
2014_02160023 

店員に案内された2階の「レストラン ドブロ」は落ち着いた雰囲気に好感がもてます。
 
2014_02160007 2014_02160008 

同行者は大きな木彫りの馬が気に入ったようです。
 
2014_02160006 

音楽を演奏しながら酒を飲む人たちのレリーフや絵画などが壁に掛けられています。
 
2014_02160018 

料理を選ぶ前に私はクロアチアの赤ワイ「プラヴァツ(Plavac)」(グラス900円)を、同行者はウーロン茶(600円)を注文しました。黒ブドウ品種「プラヴァツ・マリ(Plavac mali)」で作られたこの赤ワインは色が濃いことからクロアチアでは黒ワインとも呼ばれ、生産地の中央・南部ダルマチア地域、ペリェシャツ半島のディンガチュ村で生産されるクロアチアを代表する赤ワインとのこと。やや辛(から)めの味に特徴がありました。私が土産に買ったワインの一つ「ペリェシャツ(Peljesac)」と同品種のブドウが使われているようです。

ホリディランチメニューには「クロアチアセット」(1800円)と「シュトゥルクリセット」(2500円)の2種類がありますが、後者は私たちにとってヘビーすぎると考えて前者を選びました。いずれのセットメニューも、「サルマ」(3週間塩漬したクロアチアのロールキャベツ)、「魚介のプーザラ」(グリルグリルした魚介)、「パスティツァーダ」(とろとろ牛ほほ肉の赤ワイン煮込み)、「ステーキ」の4種類から1品を選ぶことができます。私はこの店で一番人気と言われて心積もりしていた「パスティツァーダ」を、同行者は「魚介のプーザラ」を注文しました。

「本日の前菜」が配膳されました。皿に美しくレイアウトされたタコとポテト、舌平目(したびらめ)と帆立(ほたて)のパテ、ブロッコリーのムースはいずれもさっぱりした味付けで食欲を増進させてくれました。
 
2014_02160012 

「魚介のブーザラ」は調理したホウボウ、エビ、ムール貝にクロアチア赤ワイン、ガーリック、トマトのソースが添えてあります。同行者は『おいしい』と言いながら食べています。
   
2014_02160014 

私が選んだ「パスティツァーダ」は思った以上に柔らかく煮込まれていてナイフを使う必要がないほどトロトロで、濃厚なソースと一体になっていました。そして、添えられたクリームペンネはマイルドなクリームで味付けされたペンネ・リガーテ(ショート・パスタ)が心地よい歯ざわりを感じさせます。自家製パンも素朴な味とシットリ感が気に入りました。
 
2014_02160015 

デザートはカシスのババロア、欧州風ケーキ、フルーツ(オレンジ)が上品にレイアウトされています。コーヒー(または紅茶)が選べます。
 
2014_02160019 

ワインなどの飲み物を頼んだことで、2人分の料金はちょうど5000円(サービス料7%を含む)でした。同行者は唐突に、『あなたがよく出掛ける飲み会(実態は各国の料理巡り)で食べた外国料理のうちで何番目に美味しい?』と私を詰問(きつもん)するのです。私は慌(あわ)てずに、『もちろん、これが一番だよ』と即答しました。(くわばら、くわばら!)

「ドブロ」のディナーメニューについては「竹輪会」(飲み会)の関連ブログ記事を参照してください。

<同後者のコメント> クロアチアで食べた料理よりもおいしく感じました。日本人の味覚に合わせて味付けされているのかもしれません。ランチとしてはちょっと贅沢ですが、たまには良いと思いますよ。

« 珠玉のクロアチア旅行(その19) 帰国フライト(後編) | トップページ | アイフォーンのセキュリティ不具合と仮死状態になったWindowsパソコンへの対応 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59173198

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア料理店「ドブロ」でランチ:

« 珠玉のクロアチア旅行(その19) 帰国フライト(後編) | トップページ | アイフォーンのセキュリティ不具合と仮死状態になったWindowsパソコンへの対応 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ