« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅰ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ »

2014年3月 6日 (木)

今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅱ

石清尾山古墳群(昭和60年国の史跡に指定)には便宜的に通し番号をつけた資料がありましたので、ここではそれを使って説明を簡略化したいと思います。つまり、東石清尾地区にある5カ所の古墳は1番から5番、丸山地区(周辺を含む)にある2カ所の古墳は6番と7番、西石清尾地区にある2カ所の古墳は8番と9番です。

当初の計画ではU字型(馬蹄形)をした平坦な尾根に点在する石清尾山(いせおやま)古墳群を1番から9番まで順に巡る予定でしたが、想定外の場所に出てしまいましたから当初のルート案を変更せざるをえません。左手方向にある3つの古墳(1番-3番)を先にした方が距離的には断然短くなりますが、急な坂道をかなり下ってから引き返すことになりますから、右手に点在する古墳(4番以降)を先に巡ることにしました。

最初に訪れた4番「小塚古墳は石清尾山古墳群でもっとも小型の前方部うぃ北側に向け前方後円墳(全長17m)で、尾根道が墳丘上を通っているため荒廃していると説明されています。
 
2014_02260047   

下から見上げても大きな岩が無数に転がっているだけで、まったく古墳であるとは確認できません。
 
2014_02260048   

墳丘(ふんきゅう)に上がってみると、何とかそれらしき形状が確認できました。
 
2014_02260049   

ここが前方部のようです。
 
2014_02260050   

尾根道は先へと続いて、ハイキングコースになっているようです。
 
2014_02260051   

東南東方向にできた木立の間から高松の市街地と屋島がよく見えます。右手前の山は栗林公園の借景となっている稲荷山(標高166m)のようです。
 
2014_02260052   

こちら、南東方向には「ゆめタウン高松」(YOUMEの表示)と高松自動車道路が間近に見えます。
 
2014_02260053
 
遊歩道をさらに南へ歩くと臨時駐車場の脇に出ました。行き止まりとなっている道路を挟んだ向かいにある5番「姫塚古墳」は
前方後円墳の積み石塚(全長43m、高さ約3.6m)で、前方部が向く西側が低いため、より多く石を積んで外形を整えています。『石清尾山古墳群の中でも石船積石塚とともに、もっともその形状をよく保存している。古墳の全長は約43m、で、首長の娘の古墳であるとの伝承から姫塚古墳と呼ばれる』と説明されています。
 
2014_02260054   

道路に面した前方部側から見た姫塚の全景
 
2014_02260059   

横から見た前方部
 
2014_02260058   

後円部脇から前方部を見る
 
2014_02260057   

後円部の横に出ました。
 
2014_02260056

姫塚古墳を過ぎると車道は西方向に向きを変えました。前方に携帯基地局の高いアンテナ塔がそびえています。近づいて見るとKDDIの高松峰山局でした。左手の山は浄願寺山(標高239m)のようです。
 
2014_02260060   

左手を見ると讃岐平野が広がっていました。石清尾山古墳群の主たちが広大な讃岐平野(高松平野)を睥睨(へいげい、にらみをきかせること)できるこの場所を選んだ理由が良く分かります。
 
2014_02260061   

峰山ハイキングコースの立派な標識(設置者:高松ハイキング協会、四国新聞社、高松営林署)がありました。標識が示す方向は左回り(9番から1番へ)のようです。ちなみに、0.8km先と表示される石船塚古墳は3番です。
 
2014_02260064   

車道の右側にある公園でバードウオッチをしているグループを見かけました。
 
2014_02260065   

別荘地のようなエリアを抜けると車道はほぼ直角に折れて北へ真っ直ぐ延びています。この辺りに6番「猫塚古墳」があるはずですが案内標識のようなものは見当たりません。
 
2014_02260066   

第3駐車場の脇に出ました。
 
2014_02260067 

この駐車場脇にも案内地図がありましたので、確認すると6番「猫塚古墳」は車道から分かれた脇道沿いにあることが説明されています。そして、7番「石清尾山2号墳」と8番「石清尾山9号墳」は車道から東に入った場所に、9番「石清尾山13号墳」は展望台の近くにあることが表示されていました。
 
2014_02260068   

石清尾山古墳群めぐりの最終目的地になるはずであったの展望台に向って路傍に石仏のようなものが何体も設置されているのを見つけました。ハイキングコースと思われる脇道に入って確認すると、西国三十三所巡礼の22番総持寺(大阪府茨木市)と23番勝尾寺大阪府箕面市)などと表記されていました。
 
2014_02260069   

(続く)

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅰ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59246736

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅱ:

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅰ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ