« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅴ »

2014年3月 8日 (土)

今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅳ

梅園を出ました。すぐ先で左手にそれる脇道に入り、約100先のT字路を左折して30mほど左前方にある公園のような場所に案内看板が立っていました。峰山公園の芝生広場の手前です。7番「石清尾山2号墳」は9番「石清尾山13号墳」と同様に、直径10mの盛土墳(横穴式石室墳)です。案内看板には『追葬(多くの人を葬ること)ができることから、家族の墓と考えられている。積石塚古墳が少数の人を葬っているのと大きな違いである。2号墳が造られたのは古墳時代も終わりの6世紀の末から7世紀の始めにかけての時期で、積石塚古墳との関係は分かっていない』と説明されています。
 
2014_02260101   
 
住宅のすぐ脇にある「石清尾山2号墳」の前景
 
2014_02260103   

石室の内部を覗(のぞ)くと、人が中腰で入ることができる高さがありました。奈良・明日香の石舞台古墳(いしぶたいこふん)よりずっと小型であり、巨石が使われているわけではありませんが、石室の雰囲気がよく似ています。
 
2014_02260105   

天井の構造も同様です。同じ石室でも大阪府寝屋川市にある石宝殿(いしのほうでん)古墳や明日香の「鬼の雪隠(せっちん)」(石室の一部)とは造り方が大きく異なるようです。
 
2014_02260106   

峰山公園の外周にある車道に戻りました。『1000m先(車は)行き止まり』の標識は臨時駐車場の付近で車は行き止まりであることを示しているようです。
 
2014_02260107   

アップダウンのある車道を歩きました。周囲が木立に覆われているためか、同じ道でも行きと帰りでは違う雰囲気を感じながら300mほど進んだところに、ガードレールが途切れている場所を発見しました。行く時には気づかなかったことです。案内看板のようなものは一切ありませんが、私の頭の中で猫塚の場所が明確に示されていますから、迷わず獣道(けものみち)のような狭い脇道に入りました。
 
2014_02260108   

木漏れ日の関係で読みにくののですが、『猫塚まであと90m』の標識があります。
 
2014_02260109   

さらに獣道のような脇道を進むと、前方に岩山のような6番「猫塚」が突然出現しました。
 
2014_02260110   

少し左手に回るとその規模の大きさが良く分かります。
 
2014_02260111   

近づくと岩を積み上げたこともはっきり見て取れます。
 
2014_02260112   

6番「猫塚」の案内看板には、『全国的にもまれな形式の双方中円墳(積石塚)で、石清尾山古墳群中で最も大規模で全長約96m、高さ約5mである。同形式の鏡塚古墳とともに古墳群の中でも古いもののひとつである。中円部は突出部に比べて非常に高くなっており、1910年に大きな破壊を受け中央が大きく変形している。中央に大きな竪穴式石室1基とそれを取り囲む8基の小さな石室があったと伝えられている。中央の石室から鏡、小銅剣、石釧(いしくしろ、腕輪の一種)、筒形銅器、銅鏃(どうぞく、青銅製のやじり)、鉄斧(てっぷ)、鉄剣、鉄刀、鉄ノミ、鉄ヤリガンナ、鉄鏃(てつぞく)、土師器などが見つかり、これらの出土品は現在では東京国立博物館に所蔵されている』と詳しく解説されています。
 
2014_02260113   

90度ほど移動してみても中円部が目立つだけで、4世紀前半に築造されたとみられる猫塚の全貌を知ることはできません。
 
2014_02260116   

すぐ先に『石船石塚まであと0.9km』の標識』が
 
2014_02260114   

猫塚を通り過ぎた場所(右手)に池がありました。標高が高い峰山の尾根付近にあることは珍しいと思います。
 
2014_02260117   

何気なく左手を見ると、驚くことにもっと大きな池も・・。住宅から排出された水にしては量が多すぎますから伏流水があるのでしょうか。
 
2014_02260118   

2つの池を過ぎると簡易舗装された真っ直ぐな路の脇に大きな石が積み上げてありました。
 
2014_02260119   

車道に合流したところで振り返りました。この周辺にも猫塚の案内表示はありません。そのかわり、往きに見かけた『石船塚まであと0.8kmの標識』があった場所です。
 
2014_02260120   

携帯電話基地局脇を通過して送電線用鉄塔が建つ臨時駐車場の脇に出ました。
 
2014_02260122
 
(続く)

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅴ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59256656

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅳ:

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅲ | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅴ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ