« 今年も高松市へ 讃岐うどん | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅱ »

2014年3月 5日 (水)

今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅰ

西回りのループバスは25分ほどで市民病院に到着しました。
 
2014_02260024 
 
峰山が間近に迫っています。思ったよりも急峻な山のようです。
 
2014_02260025 

市営峰山墓地の脇に「峰山公園の案内図」がありました。東石清尾地区、丸山地区、西石清尾地区で構成された峰山公園の周辺部に沿って石清尾山(いわせおやま)古墳群が点在しているようですから、まず東石清尾地区へ向うのが良さそうです。
 
2014_02260026 

墓地に沿って急な坂道を上がると高松駅周辺のビルが見えてきました。右側で台地から突き出している岬は屋島の長崎ノ鼻ようです。
 
2014_02260027 

通過した墓地内にも石段の参道があった厄除(やくよけ)不動明王院への参道です。
 
2014_02260193 

さらに高みへと上がると一際高い香川県庁舎(地上22階、高さ113m)とNTT西日本香川支店など瓦町の繁華街も見えました。ちなみに、高松市で一番高いビルは高松駅前にある高松シンボルタワーで、四国でも一番高いビルのようです。
 
2014_02260028 

道路の右手にある階段には峰山公園アスレチックキャンプ場(西石清尾地区)への入口であることが表示されています。こちらへ入ってしまうと逆周りのコースになりますから、通過することにしました。
 
2014_02260029 

左手に見える小山が東石清尾地区のようです。
 
2014_02260030 

左手には歩いてきた曲がりくねる急坂が良く見えます。
 
2014_02260033 

道路の左側に「滝不動尊参道」の石柱を見かけました。
 
2014_02260035 

急な階段を下りたところに滝不動堂の屋根が見えます。その右手に滝が流れ落ちていますから、滝不動堂と呼ばれるのでしょう。
 
2014_02260036 

右側には薬師堂と大師堂への参道入口が
 
2014_02260038 

峰山公園へ向う車道は右に折れますが、真っ直ぐ伸びる脇道へ入ることにしました。
 
2014_02260039 

急な坂道を休みながら上ると突然舗道が途切れしまいました。登山道のような狭い岩場が頂上部へと続いているようで、かまわず頂上部へ向かって直進しました。
 
2014_02260040 

左右に伸びる遊歩道に行き当たりました。さらに上に向うと石船塚ですから、遊歩道を左手へ歩くことにしました。
 
2014_02260042 2014_02260041 

左前方になだらかな遊歩道が見えます。私が目指していたルートのようですが、左手に入る脇道に注意しながらここまで歩いてきましたが、それらしき入口はなかったと思います。まるで狐につままれたような気分になりました。ちなみに、真正面の集落を抜けてこちらに向けて直進する車道を私は歩いてきました。
 
2014_02260043 2014_02260044 

前方の石垣の上に休憩所らしきものが見えます。
 
2014_02260045 

休憩所脇の案内地図で確認して分かりました。私は第2駐車場の脇を抜けて最短ルートで現在地まできましたが、第1および第2駐車場からアクセスできる桜並木の散策路の外周に古墳を巡る散策路が確かに表示されています。やはり散策路への入口を見過ごしてしまったようです。
   
2014_02260046 

石清尾山(いせおやま)古墳群がある峰山公園の標高は約232mと説明されていますから、この休憩所もほぼ同じ高さと思われます。(続く)

« 今年も高松市へ 讃岐うどん | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅱ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59240945

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅰ:

« 今年も高松市へ 讃岐うどん | トップページ | 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅱ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ