« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅵ | トップページ | 讃岐うどんの名店@高松をもう2軒巡る »

2014年3月11日 (火)

今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅶ (終)

前方に住宅地が見えてきました。そして左手に桜並木のようなものが続いています。
 
2014_02260172 
 
こちらが今下りてきたばかりの急坂です。
 
2014_02260174 

その道はブロック塀の脇に続いていました。(その途中で振り返って撮影)
 
2014_02260175 

下方に自動車道が見えてきました。古墳群を巡る道が自動車道のどこに出るのかがいよいよ分かると思うと、私のなかで期待が高まりました。
 
2014_02260176 

そこにはお城のように立派な石垣がありました。思いもよらぬ場所です。しかし、この入口を事前に知っていたとしても、足元の悪いこの急坂を上ることは山歩きに自信がある方以外にはお勧めしません。
 
2014_02260177 

この会社の看板には見覚えがあります。曲がりくねった自動車道を歩いて、最初に通り抜けた集落の入口にある大きな石垣は一際目立っていました。
 
2014_02260180 

自動車道を少し下ると、V字型をした摺鉢谷越しに、高松の市街地(高松駅周辺)と瀬戸内海が望めます。
 
2014_02260181 

急坂を一気に下りたことでついに膝(ひざ)が笑い始めましたので、墓地の中をショートカットすることにしました。
 
2014_02260194 2014_02260195 

墓地の入口は不動明王院の参道入口にもなっています。
 
2014_02260196 

往きはそれほどでもなかった自動車道の勾配(こうばい)を膝で感じながら市民病院まで戻ります。路傍に石碑があるのを見つけて、車道側に回ってみました。『皇太子殿下御降誕記念』で建てられた道標でした。
 
2014_02260197 

当初の計画では市民病院から栗林公園の前にある宿泊先までの約1.8kmを歩く予定でしたが、その気力はとうに失せてしまい、高松駅でバスを乗り継ぐことにしました。高松駅前のバスロータリーの隣にある噴水池のような「海水池」の名前に惹(ひ)かれ手立ち寄りました。
 
2014_02260199 

『瀬戸内海(高松港)から水路で海水を引き込み、海と同じように波や潮汐(ちょうせき)をおこして瀬戸のおだやかな砂浜や磯辺(いそべ)と小動物の生態系を駅前に再現し、海を身近に感じられる憩いの場である』と説明されています。
 
2014_02260201 

軽く夕食を摂(と)るためマリタイムプラザ高松に入りました。3階にレストラン&カフェ・エリアがあるようです。その案内板を見ているうちに坦々麺が急に食べたくなりました。通路脇の壁にパネルが並んでいます。『支那そば讃岐(さぬき)ロックは、香川県の特産物を使ったラーメンを造りたい、うどん以外の香川間を全国にひろめたい、そんな気持ちから生まれた。地鶏、讃岐コーチンの丸鶏とガラ、日本一と言われる伊吹島のいりこ、そして小豆島醤油、瀬戸内海と讃岐の大地の恵みが作ったラーメンです』と説明されていますが、そのメニューの営業は終了したようです。
 
2014_02260208 

その隣には陳建一・建太郎親子の写真パネルも
 
2014_02260207 

坦々麺のほかに各種の中華メニューがあるようです。
 
2014_02260205 

入口脇にある自販機でチケットを購入するシステムです。自販機の反対側に置かれたものが気になって確認するとペットバスケットでした。
 
2014_02260204   

ミニ坦々麺(500円)は普通サイズ(750円)の半分ほどの器に入っていますが、普通サイズと同様にご飯が付いてきました。
 
2014_02260203   
 
ピリカラの味が美味しくてご飯が欲しくなり、私にはちょうど良いボリュームでした。ここでプチ薀蓄(うんちく)です。坦々麺の名前が奇妙だとずっと思っていました。調べると「坦々」は四川の方言で天秤棒(てんびんぼう)を意味し、天秤棒に道具をぶら下げ、担(かつ)いで売り歩いた麺料理であることからこの名が付いたそうです。□

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅵ | トップページ | 讃岐うどんの名店@高松をもう2軒巡る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59274359

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅶ (終):

« 今年も高松市へ 峰山公園の古墳群Ⅵ | トップページ | 讃岐うどんの名店@高松をもう2軒巡る »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ