« 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅰ | トップページ | 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅲ »

2014年3月19日 (水)

高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅱ

鳴門ICを通過すると、左手に見覚えのある吊り橋が見えました。小鳴門橋です。四国遍路を始めた時に大鳴門橋へ行くために利用し、そして遍路終えて帰宅する時にもこの橋を通過して鳴門北ICから神戸淡路なると自動車道の大鳴門橋に入ったことがあります。
 
2014_02260280 
 
第2鳴門トンネルと第1鳴門トンネルを続けて通過
 
2014_02260282 

前方に大鳴門橋が見えて来ました。風速4mと表示されていますから、バスが揺(ゆ)れることはなさそうです。
 
2014_02260284 

いよいよ大鳴門橋に差し掛かりました。1985年に開通した大鳴門橋の長さは1629m、主塔の高さ144.3m、最大支間長876mです。
 
2014_02260285 

鳴門海峡を見下ろすと渦の種のような動きが確認できます。対岸(淡路島)に見えるのは南あわじ市にある風力発電所のCEF南あわじウインドファームです。全部で15基の風車があり、地元で消費する電力を発生させるとともに、観光資源の開発につながることを南あわじ市は期待しているそうです。直射日光に影響で車内が窓ガラスに写りこんでしまいました。
 
2014_02260288 2014_02260293 

大鳴門橋の中央部に差し掛かりました。
 
2014_02260290
 
鳴門海峡をもう一枚 
 
2014_02260292 
 
淡路島(南あわじ市)に入りました。前方にある陸橋は淡路島南ICへのアクセス道路になっている県道25号のようです。
 
2014_02260294_2   
 
 
あわじ市阿那珂(あなが)の伊毘(いび)港から「うずしお観潮クルージング船」が出ているようです。鳴門市の亀浦観光港(鳴門北ICの近く)からも観潮船が出ています。
 
2014_02260295 

西淡三原(せいだんみはら)ICを通過
 
2014_02260296 

さらに洲本ICと津名ICも通過
 
2014_02260297 

高速バスは淡路島の西海岸に近い室津PAに入って一時休憩をするようです。
 
2014_02260298 2014_02260302 

播磨灘にはブイが並んでいます。室津は牡蠣(かき)で有名ですから、その養殖場でしょう。
 
2014_02260299 

養殖場の沖合いでは2隻(せき)の貨物船がすれ違っています。神戸-坂出航路のようです。
 
2014_02260300 

出発時間が近づきましたのでバスに戻りました。サイドボディーに大きな足が描かれていますから迷うことはありません。
 
2014_02260303 

北淡(ほくだん)ICを通過すると神戸淡路鳴門自動車道は淡路島の東岸に出ました。前方に神戸の市街地が見えます。左端(青い案内標識の先)の山上には須磨浦(すまうら)公園のロープウェイも確認できます。
 
2014_02260304 

大きく左カーブすると明石海峡大橋の全景が見えました。観覧車があるのはその手前の淡路SAです。私が知る限りにおいて高速道路のSA/PAで観覧車があるのは、ここ淡路SAと伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシス、そして東海北陸自動車道の川島PAの3カ所のようです。四国遍路(2回目の区切り打ち)で淡路SAに立ち寄った時に「くぎ煮めし」を食べたことがあります。
 
2014_02260305 

今度は大きく右カーブして淡路海峡大橋へ向います。第二神明道路は神戸方面で渋滞しているようです。阪神高速道路3号神戸線の三宮(京橋PA)まで約20kmを走行するのに45分かかると表示されています。
 
2014_02260306 

(続く)

« 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅰ | トップページ | 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅲ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59323914

この記事へのトラックバック一覧です: 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅱ:

« 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅰ | トップページ | 高速バスの旅(高松駅→大阪駅)Ⅲ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ