« 九州を横断するドライブ旅 阿蘇登山(後編) | トップページ | 九州を横断するドライブ旅 熊本城(その1) »

2014年5月26日 (月)

大阪までのエコドライブ

例によって七つ発(たち)で東名高速道路から新東名高速道路に入りました。最初の駿河湾沼津SAに差し掛かると空が明るくなって来ました。
 
2014_05260004  
 
 

未明(午前5時前)の空の下に沼津の市街地が広がっています。
 
2014_05260001  
 
 

急ぐドライブ旅ではありませんから、新東名でエコドライブに挑戦することにしました。燃費を示す数値が2km/ℓ強から徐々に上がります。ちなみに、自宅-大阪間(450km)におけるこれまでのベスト記録は24.3km/ℓです。燃費メーターとスピードメーターの両方を確認(一定のアクセルで燃費メーターの値を大きくかつ、ほぼ一定のスピードを維持す)しながら、空いているレーンを選んで走行することが私の重視するエコドライブのポイントです。上昇し続けた数値(自宅からの累計)は藤枝PAを過ぎたところで24.8km/ℓになりました。
 
2014_05260005  
 
 

さらにエコドライブを続けると、夜明けを迎えた(午前6時を過ぎた)掛川PA25.1km/ℓ
 
2014_05260012
 
2014_05260007  
   
 

遠州森町PAではついに25km/ℓを超えて25.7kmに達しました。
 
2014_05260019
 
2014_05260016  
   
 

この記録に満足して、通常の定速運転モードに戻りました。
 
2014_05260021  
 
 

すると燃費の数値は少しずつ低下(悪化)して、東名高速道路を経て伊勢湾岸道路に入ったころには24km/ℓ代の半ば」になってしまいました。しかし、伊勢湾岸道路・東名阪自動車道路・新名神自動車道路で少しずつ改善、京滋バイパスの長い下り坂で大きく挽回、第二京阪自動車道路はそれを維持、大阪の目的地に到着した時の累計燃費は25.4km/ℓ (走行距離は約450km)でした。これまでの記録を1km更新できたことはうれしいのですが、今後のエコドライブはハードルがずいぶん上がってしまいました。
 
2014_05260022  
 
 

9日後に同じルートを逆方向にドライブする時にも燃費を最大限意識してドライブしました。大阪で第二京阪に入り、京滋バイパスと名神高速道路を経て新名神高速道路の亀山JCTまで80kmあまり走ると、燃費は30km/ℓの大台を超えて、何と31.1km/ℓに達しました。予想外の良い数値です。
 
2014_05261225  
 
 

しかし、亀山JCTで入った東名阪自動車道は大変な渋滞が四日市IC付近まで8kmほど続いていました。ノロノロ運転になってしまいましたので、それ以上の記録は望めません。通常のドライブモードに切り替えました。それでも、亀山JCTまでの貯金が奏功して、午前0時過ぎに自宅へ戻るまでの平均燃費は26.4km/ℓとこれまでの記録を2km以上も更新できました。
 
2014_05261230  
 

数度にわたった『燃費記録への挑戦』はそろそろ私の運転テクニックの限界による上限に達したかもしれません。

« 九州を横断するドライブ旅 阿蘇登山(後編) | トップページ | 九州を横断するドライブ旅 熊本城(その1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59710759

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪までのエコドライブ:

« 九州を横断するドライブ旅 阿蘇登山(後編) | トップページ | 九州を横断するドライブ旅 熊本城(その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ