« 九州を横断するドライブ旅 ハウステンボスを楽しむ(その8) | トップページ | 池井戸潤著「果つる底なし」を読む »

2014年6月15日 (日)

九州を横断するドライブ旅 ハウステンボスを楽しむ(その9)

跳(は)ね橋を渡ります。尖塔(せんとう)がある門の右後方に少しだけ見えるのは「ウインズ佐世保」です。
 
2014_04160890
 

アトラクションタウンに入った時、運河の対岸にパレードがちょうど通りかかりました。橋を渡って「ウインズ佐世保」方面へ向かいます。左手の建物はフラワーショップの「ブルームウィンケル」、右手はウインズ佐世保ゲート。
 
2014_04160891
 

フラワーパレードは、ウエルカムゲート付近を出発して、アムステルダム広場(ホテルアムステルダム側)を経由、「パレスハウステンボス」で折り返し、再びアムステルダム広場(往きとは反対側)経由してスタート地点まで戻るコースで1日1回行われる、花に飾られたパレードカーとキャストたちの行進です。パレードを見ていた同行者と私に生花一本ずつプレゼントされました。
 
2014_04160892
 

パレードカーのクラシックバスに載(の)せられた大きな水瓶(みずがめ)から色とりどりの花が流れ出る様子が印象的です。
 
2014_04160893
 

その後に続くのはミニカーとそれにけん引された車両に乗る天馬
 
2014_04160894
 

鮮やかな色で彩られたバルーン群も
 
2014_04160895
 

巨大なスワン(白鳥)
   
2014_04160896
 

お城のバルコニーから手を振るお姫様
 
2014_04160897
 

きれいな衣装を身にまとってパレードカーに乗る女性はハウステンボス歌劇団のメンバーかもしれません。宝塚歌劇団の雰囲気を感じさせるのは、宝塚歌劇団やOSK日本歌劇団(大阪のSKD)出身のメンバーが6人もいるからでしょう。
 
2014_04160898
 

こちらは一般来場者の自転車パレード。花の自転車(1000円)を借りれば誰でも参加(要予約)できるようです。
 
2014_04160899
 

色違いのパレードカーがやってきました。車体の色に合わせてやや濃いめの花が水瓶から流れ出ています。
 
2014_04160900
 

2頭の白馬が馬車を曳(ひ)いています。
 
2014_04160901
 
フラワーパレードの最後尾を見送りました。ところで、馬車に載せられたボールは一体何を表現しているのでしょうか。
 

2014_04160902
 
ちなみに、ハウステンボスでは昼間の「フラワーパレード」の他に「光のナイトパレード」も開催されるのは、東京ディズニーランドと同様です。前夜は午後7時15分ころにアムステルダム広場へ到着し、午後7時40分頃までアンデス音楽を聴いていましたが、「光のナイトパレード」に気づきませんでした。あとでハウステンボスのhpでイベントを確認すると、「光のナイトパレード」は掲載されていません。期間限定なのかもしれませんでしょうか。そういえば、アムステルダム広場で電飾された馬車を1台見ました。あれも「光のナイトパレード」で使われるのかもしれません。また、過去のビデオYouTubeで見ると、フラワーパレードのものと同じパレードカーが何台も共用されていました。

 

アトラクションタウンに戻って、開演までまだ時間がある”Horizon Adventure +”(ホライゾン・アドベンチャー・プラス)の前を通過、運河沿いのカフェテラス「エバーカフェ」に入りました。
 

2014_04160903
 
お目当ては「佐世保バーガー」。パティ・ベーコン・卵・チーズを挟(はさ)んだ巨大なバンズから、さらに大きなレタスが飛び出して、自己主張しています。行儀よく食べるには飛び出した部分を折り曲げてバンズの大きさにそろえると良いようですが、同行者はまったく無頓着(むとんちゃく)でした。
 
 
2014_04160906
 
こちらはフラワーパレードで私がもらった生花です。同行者は自分の分を胸飾りにしています。
 

2014_04160907

アトラクションタウンの一番奥にあるハウステンボスIFXシアターKirara(キララ)へまず入ることにしました。開演時間が近づいていたからです。『月のない宇宙」をテーマに繰り広げられる未体験映像空間』(約15分)と説明されているように、愛・地球博で人気を博した三菱未来館の『もしも月がなかったら』(ニール・F・カミンズ氏の原作)が、ハウステンボスIFXImagination/Infinity/FX=effects3つの要素が三位一体)シアターとなって登場したもので、地球環境の大切さを伝える圧倒的な映像(天井・床・壁が大スクリーン化)と迫力のある音響が印象に残りました。
 
2014_04160904
 
2つのシアターの間にあるミューズホール(MUSE HALL)の前に公演予定が表示されています。ハウステンボス歌劇団の公演(500円)は1日3回行われ、昨夜、アムステルダム広場のステージで聴いたアンデス音楽(フォルクローレ)グループのソンコ・ジャクタの公演も午後8時30分からあるようです。
 
2014_04160910
 
内部から音楽が流れてきますから覗(のぞ)いてみると、そのソンコ・ジャクタがリハーサルをしていました。
   
2014_04160908
 
次回は「箸(はし)休め記事」を投稿する予定です。(続く)

« 九州を横断するドライブ旅 ハウステンボスを楽しむ(その8) | トップページ | 池井戸潤著「果つる底なし」を読む »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

光のナイトパレードは現在行われていません
多分日没が遅いのと歌劇団の舞台との調整ができないためだと思います
(光のナイトパレードは1時間以上掛りますよね)
光の王国と同時期に復活すると思われます

藪椿さん、「光のナイトパレード」についての情報をありがとうございました。たしかに、ハウステンボス歌劇団は夜の公演もありました。このつぎ、またハウステンボスを訪れることがあれば、「光のナイトパレード」が開催されることを確認してからそのタイミングを決めたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/59818688

この記事へのトラックバック一覧です: 九州を横断するドライブ旅 ハウステンボスを楽しむ(その9):

« 九州を横断するドライブ旅 ハウステンボスを楽しむ(その8) | トップページ | 池井戸潤著「果つる底なし」を読む »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ