« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その4) Tギャラリア | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 »

2014年7月31日 (木)

憧れのハワイ空路 ホノルル(その5) ダイヤモンドヘッドへ

翌日(5月20日)は気持ち良く目覚めましたが、窓の外を見ると前日と同じ曇り空です。オチビちゃんたちの準備ができるのを待ったため、午前9時ころに朝食会場へ向かいました。前日に下見をした4階のグランド・ラナイのビュッフェ(午前6時30分から午前10時までオープン)です。最初に向かったのはオムレツのコーナー。朝食が提供されます。立て看板に書かれた”Cooked to Order Breakfast”は客が注文してから朝食を調理するという意味ですが、ここではオムレツに入れる具材を選ぶことができることを指しています。
 
2014_05260609
 
 

このカフェテリアで面白いことは自分が好きな具材を容器に入れてコックさんに手渡す仕組みです。コックさんが上手く調理できるようにと私は意識的に具材の量を控えめにしました。
 
2014_05260612
 
 

私のあとに続いたお客さんが具材を山盛りにしたのを見て驚きました。オムレツがはち切れてしまうのではないかと思ったのです。しかし、もっと驚いたのはコックさんが事もなげにきれいなオムレツに仕上げたこと。さすがプロです。ちなみに、「クロアチア旅行の記事」(ドゥブロヴニク)で書いたように、オムレツの具材を選ぶ時には、具材の名前を言う、あるいは具材をいくつか指差しながら、必要があれば量の好みについてもコックさんに伝えるのが一般的です。

 

私が選んだ朝食
 
2014_05260613
 
 

こちらは同行者の朝食
 
2014_05260615
 
 

朝食を済ませると子供たちはカードゲームを始めましたので、いつもよりかなり遅くなりましたが、午前10時半ころ観光に出かけました。午前11時頃、ロイヤルハワイアンセンターB棟の脇にあるトロリーバスの乗り場へ向かいました。ダイヤモンドヘッドへ登るのがこの日の予定ですから、「ダイヤモンドヘッド/カハラモール・ライン」に乗車。伝説のサーファー「デューク・カハナモク」の像があるクヒオ・ビーチワデューク・カハナモク像停留所を通過しました。
 
2014_05260616
 
 

ワイキキ水族館前も通過
 
2014_05260617
 
 

反対側(ダイヤモンドヘッドの西側)にあるカピオラニ公園はカピオラニ王妃の名がつけられています。広い芝生の広場にはオアフ島のモアナルア・ガーデンにある「日立の樹」と同じモンキーポッド(別名:レインツリー、アメリカネムノキ)などの大木があります。公園の奥には野外音楽堂「ワイキキ・シェル」やテニスコートなどがあるようです。
 
2014_05260618
 
 

ダイヤモンドヘッド通りを東に走ると「ダイヤモンドヘッド」が近づきました。
 
2014_05260619
 
 

その先では「ダイヤモンドヘッド」の外輪山は低くてなだらかになりました。
 
2014_05260621
 

州記念物に指定されている「ダイヤモンドヘッド」の周りを半周した場所に入口がありました。20年前にも訪れています。
 
2014_05260622
 
 

緩やかな坂道が続きます。
 
2014_05260623
 
 

遠くに見えるのは島ではなく、オアフ島東端の半島にある「ココ・ヘッド地域公園」(左)と「ハナウマ湾自然保護区」(右)のようです。
 
2014_05260625
 
 

「ダイヤモンドヘッド」の外輪山をカハラ・トンネルで抜けて火口にある停留所に到着
 
2014_05260626
 
 

火口といっても、噴火時に火山灰が積もったことでほぼ平らであり、広場と呼んだ方が良い場所です。20年前に訪れた時と全く同じ景色がありました。
 
2014_05260630
 
 

右手にある受付小屋の前に船員のような服装をしたグループが見えます。
 
2014_05260628
 
 

もしやと思い調べてみました。ワイキキ港に停泊していたのは日本の航海訓練所の航海練習船「海王丸」(二代目)で、この船員さんたちはその乗組員たちに違いありません。ちなみに、「海王丸」は「海の貴婦人」と呼ばれる4本マストの美しい帆船(全長110m)です。余談ですが、先輩の帆船「日本丸」は引退して、現在は横浜みなとみらいの展示ドックで浮体展示されており、年に何度も29枚の帆を全て広げる「総帆展帆(そうはんてんぱん)」を実施するイベントがあります。

 

我われもその小屋へ向かいました。
 
2014_05260634
 
 

入山料は一人1ドル
 
2014_05260631
 
 

オチビちゃんとコチビちゃんはパンフレットを熱心に眺(なが)めています。
 
2014_05260633
 
 

いよいよ、登山口へ向かうことに
 
2014_05260627
 
 

「ダイヤモンドヘッド」の最高部はこの辺りです。
 
2014_05260635
 
 

(続く)

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その4) Tギャラリア | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60067412

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのハワイ空路 ホノルル(その5) ダイヤモンドヘッドへ:

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その4) Tギャラリア | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ