« 仙台の展望室巡り SS30(前編) | トップページ | 仙台の展望室巡り AER(前編) »

2014年7月19日 (土)

仙台の展望室巡り SS30(後編)

最上階の30階に到着。飲食街の“Sky Synphony”(スカイシンフォニー)と展望室の”Sky Screen“(スカイスクリーン)があるようです。スカイシンフォニーはともかく、スカイスクリーンの名称が私にはシックリ来ません。
 
Dscf0050
 
東西に延びる廊下を歩きました。
 
Dscf0048
 
 

その中ほどまで進むと、展望エリア(無料)につながっていました。仙台市街地の南半分(東・南・西方面)を見渡すことができます。
 
Dscf0028

 
ほぼ真南の丘の上に鉄塔が3本確認できました。湿度が高いためか、すこし霞(かす)んでいます。
 
Dscf0030
 

調べると、テレビ放送やFM放送などの電波塔でした。これらの電波塔がある大年寺山(だいねんじやま、標高150m)は昨年1月に訪れた「地底の森ミュージアム」の少し手前に位置します。
 
Dscf0031
 
 

広い道路は国道4号。仙台では「大通り」と呼ばれているようです。
 
Dscf0032
 
 

右手(西側)のガラス窓へ移動
 
Dscf0045
 
 

丘陵地帯に鉄塔がもう1基見。東北放送が2012年3月末まで地アナの電波を送信していた八木山にある電波塔です。
 
Dscf0033
 
 

東北放送の本社もここにあるようです。電波塔の手前に見える白い建物がそれでしょう。
 
Dscf0035
 
 

すぐ近くにある八木山ベニーランドの観覧車の後方にオニギリのように三角形の山が気になりました。調べると、太白山(たいはくやま、標高約320m)で、仙台富士とも呼ばれているそうです。
 
Dscf0042
 
 

大年寺山と八木山の間(太白区、たいはくく)の丘陵地帯は住宅地となってどこまでも続いているようです。
 
Dscf0038
 
 

今度は左手(東南方向)へと移動
 
Dscf0044
 
 

高層マンションの「パークハウス仙台五橋」(左手前、地上28階、82m)、「シティタワー仙台五橋(いつつばし)」(右の赤っぽい建物、地上28階、高さ99m)、前者の後方に見える大きな建物はJR仙台病院(左の大きな建物)
 
Dscf0039
 
東方向には「楽天Koboスタジアム宮城」があるはずですが、視界が良くないため、確認できません。右手前の建物は「チサンマンション第三仙台」(地上11階)、左手に見える赤白に塗り分けられた鉄塔はNTTドコモ仙台ビルです。
 
Dscf0040
 
 

早朝で開店していませんが、同じフロアの北側にある飲食街”Sky Symphony”(スカイシンフォニー)にある「ラパウザ仙台」や「アレイズ」などを利用すれば、北側の景色も南側と同様に楽しむことかできます。名前が表示されていた”Suite Anniversary SORANOWA”(ソラノワ)はチャペルがある結婚式場でした。天井に何か丸いものがあります。
 
Dscf0043
 
 

地球の自転で円を描く夜空の星を表現するオブジェでした。
 
Dscf0046
 
 

飲食街スカイシンフォニーの“SKY RESTAURANT 30View”(サーティビュー)は閉店したようです。
 
Dscf0047
 
 

午前10時近くになりましたので、スカイシャトルで地上まで下りることにします。
 
Dscf0049
 
 

反対側の出入り口を出ました。目の前に仙台国際ホテル、右手にはセントラルフィットネスクラブがあります。
 
Dscf0058
 
 

(続く)

« 仙台の展望室巡り SS30(前編) | トップページ | 仙台の展望室巡り AER(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60002639

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台の展望室巡り SS30(後編):

« 仙台の展望室巡り SS30(前編) | トップページ | 仙台の展望室巡り AER(前編) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ