« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その7) ダイヤモンドヘッド山頂 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その9) カハラモールで昼食 »

2014年8月 3日 (日)

憧れのハワイ空路 ホノルル(その8) ダイヤモンドヘッドからカハラモールへ

ハンバーガーと冷たいものを売る移動販売車が登る時に見かけたのと同じ場所にありました。
 
2014_05260636
 
 

オチビちゃんとコチビちゃんは”Shave Ice”(かき氷、$3.5)を選びました。「レインボー」の名前通りにカラフルでハワイらしさを演出しています。ちなみに、アメリカにおいて虹(にじ)は赤・オレンジ・黄・緑・青・紫の6色と認識されていますが、この「レインボー」では青色が緑・青・紫の3色を代表しているようです。
 
2014_05260683
 
 

そしてワイルドベリーのスムージー($4)も
 
2014_05260684
 
 

近くにログペリオディックアンテナがあることに気づきました。対数周期アンテナとも呼ばれるこのアンテナはテレビ電波の受信に使われる八木アンテナとは違って非同期型であるため、鋭い指向性がありながら広い周波数に対応できるため、業務用(対航空機や大使館など)や軍事用の送受信アンテナとしてよく使われます。よく見ると、外輪山の上にも多数のグランドプレーン型アンテナ(無指向性が特徴)やパラボラアンテナが確認できました。米軍のアンテナ基地のようですが詳細は分かりません。
 
2014_05260687
 
 

トロリーバスに乗車。トンネルを抜けたルックアウト(展望スポット)停留所で一時停車しました。
 
2014_05260691
 
 

運転席の脇を通ってトロリーバスを降りました。
 
2014_05260700
 
 

振り返って見たカハラ・トンネル
 
2014_05260697
 
 

オアフ島東端の半島にある「ひょっこりひょうたん島」の形に似ている「ココ・ヘッド地域公園」(左)と「ハナウマ湾自然保護区」(右)がきれいに見えました。
 
2014_05260692
 
 

ここからは確認できませんが、コオラウ山脈につながる「ココ・ヘッド」は「ダイヤモンドヘッド」と同様、楯状(たてじょう)火山のようです。
 
2014_05260693
 
 

左手は高速道路H1の先にコオラウ山脈と思われる山並みが見えます。
 
2014_05260694
 
 

「ダイヤモンドヘッド」の入口まで戻り、左折してさらに先へ向かいます。
 
2014_05260701
 
 

モンサラット通りからキャンベル通りにそれて、カバフル通りを経由してワイアエラ通りを東に走ると、“macy’s”の看板が見えました。カハラモールに到着したようです。
   
2014_05260702
 
ルックアウト停留所から直線距離で約2kmの近さですが、はかなり遠回りして5つ停留所を経由したため、カハラモールの停留所まで約30分もかかりました。
 
2014_05260703
 
 

午後1時半を過ぎていますが、オチビちゃんとコチビちゃんは昼食を忘れて目的地を目指しました。
 
2014_05260705
 
 

カハラモールに入った入口とほぼ反対側にあるカハラシアター(映画館)まで歩きました。
 
2014_05260708

その右手にある“KURUKURU SUSHI”の隣に「ドラえもん わくわく スタンプラリー」のコーナーを発見。
 
2014_05260710

 
二人はスタンプ帳にスタンプを押しています。
 
2014_05260707
 
2014_05260706

 
(続く)

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その7) ダイヤモンドヘッド山頂 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その9) カハラモールで昼食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60077887

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのハワイ空路 ホノルル(その8) ダイヤモンドヘッドからカハラモールへ:

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その7) ダイヤモンドヘッド山頂 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その9) カハラモールで昼食 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ