« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その8) ダイヤモンドヘッドからカハラモールへ »

2014年8月 2日 (土)

憧れのハワイ空路 ホノルル(その7) ダイヤモンドヘッド山頂

長い階段の先はコンクリートで固められたトンネルになっていました。
 
2014_05260660
 
 

トンネルは行き止まりになっていて、螺旋(らせん)階段で上へと登ります。
 
2014_05260661
 
 

厚いコンクリートの壁で囲まれた薄暗い部屋に出ました。四隅(よすみ)にはどっしりした台座があります。ここは”Fire Control Center”(射撃統制所あるいは射撃管制所)だった場所です。
 
2014_05260662
 
 

横に細長く続くスリットは射撃統制所のぞき窓であり、4つの台座には方位を計測する装備が置かれていたと考えられます。要塞としての規模は違いますが、子供のころに見たアメリカ映画「ナバロンの要塞」“The Guns of the Navaron”(1961年)に登場したエーゲ海に実在したドイツ軍の巨大なレーダー照準式大砲(要塞砲)を思い出します。

 

射撃統制所から外に出るのは大変です。
 
2014_05260663
 
 

右手方向にはカピオラニ公園とワイキキの街並みが見えます。
 
2014_05260665
 
 

眼下にはダイヤモンドヘッド灯台が手近に見えます。1899年に建設されたこの灯台は6万カンデラの明るさがあり、17マイル(約27km)離れた場所から見ることができ、ホノルル港へ東西方向から向う船のビーコンとしての役目を果たしているそうです。
 
2014_05260664
 
 

いよいよ頂上へ向かいます。54段ある細長い階段はすれ違うことは困難。
 
2014_05260667
 
 

出発して35分ほどで到達したダイヤモンドヘッドの頂上から見たカピオラニ公園とワイキキの街並みです。手前の頂にあるのは位置の基準となる三角点のようです。
 
2014_05260672
 
2014_05260669
 
 

頂上から見たダイヤモンドヘッドの火口丘
 
2014_05260668
 
2014_05260677
 
 

「ダイヤモンドヘッド」と「射撃統制所」の詳しい解説がありました。先ほどいた場所はこの図解から射撃統制所の3階であったことを知りました。
 
2014_05260670
 
 

『約15万年前に一度だけの噴火で誕生したダイヤモンドヘッド・クレーターは直径3520フィート(約1073m)のほぼ真円形であり、最高部は海抜760フィート(約232m)。1910年に建設された射撃統制所は4階建てで、2階には計測機器などがあり、近くのタンタルス山にあった観測所と連携して三角測量を行うことができた。ダイヤモンドヘッドの外輪山(後方傾斜地)にあったフォート・ルーガーのBattery Harlow”と現在の陸軍博物館の場所にあった”Battery Randolph”の大砲が3階の射撃統制所から指示を受けていた』とのこと。そして、方位説明に東京は「西北西方向、距離3397マイル(5460km)」と表示されています。

 

女坂(新登山道)方面
 
2014_05260676
 
 

急な階段が続く旧登山道で頂上まで登ったコチビちゃんは元気です。
 
2014_05260675
 
 

下山するルートは傾斜の緩(ゆる)い女坂(新登山道)です。
 
2014_05260678
 
 

男坂(旧登山道)の長い階段の前に出ました。ここからは登った時と同じルートを戻ります。
 
2014_05260679
 
 

下山道は比較的楽に歩けましたたが、正午過ぎの日差しは一段と強くなってTシャツ一枚だけになりたいほどの暑さにはややヘコタレ気味。頂上から約30分(登り始めて約70分)で火口の出発地点に戻りました。大人の足であれは頂上までを1時間以内で往復できそうです。
 
2014_05260680
 
 

出発地点付近で見かけた赤い頭が特徴的なこの鳥は、とさか状の毛が確認できますから、オアフ島やマウイ島に多く生息するレッド・クレステッド・カーディナル(別名:ブラジリアン・カーディナル、日本名:紅冠鳥、こうかんちょう)のようです。
 
2014_05260681
 
 

雀(すずめ)と鳩(はと)に似た鳥もいましたが名前は分かりませんので調べると、AKEKEKE(英名: RUDDY TURNSTONE、日本名:キョウジョシギ)のようです。アケケケは、アラスカなどのツンドラ地帯から渡ってきて、8月から翌年の4月頃まで、越冬のためハワイに滞在するそうです。
 
2014_05260682
 
 

(続く)

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その8) ダイヤモンドヘッドからカハラモールへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60072591

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのハワイ空路 ホノルル(その7) ダイヤモンドヘッド山頂:

« 憧れのハワイ空路 ホノルル(その6) ダイヤモンドヘッド登山 | トップページ | 憧れのハワイ空路 ホノルル(その8) ダイヤモンドヘッドからカハラモールへ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ