« TenQ 宇宙ミュージアム(前編) | トップページ | TenQ 宇宙ミュージアム(後編) »

2014年9月 1日 (月)

TenQ 宇宙ミュージアム(中編)

Orbotix社が開発したロボティックボール”Sphero”(スフィロ)を使った参加型のアトランションで、この宇宙ミュージアムでは「アストロボール」と呼ばれています。”Sphero”のスマートな球体が惑星を連想させ、”Sphero”が姿勢制御される加速度計とジャイロの組み合わせはロケットの慣性センサーと同じであることが名前の由来のようです。
 
2014_0822tenq0066
 

タッチパネル(パッド)を操作してボールを操縦(進路を制御)して目的のゴールに到達してロケットを発射させるゲームです。各チームは5つの”Sphero”で構成され、それぞれ異なるコースを外れないように操縦するようです。ちなみに、この”Sphero”(単体)は宇宙ストアの他、Apple Storeやアマゾンのサイトでも13,800円(税別)で購入でき、iPhoneiPad、そしてAndroidでも操縦することができるそうです。
 
2014_0822tenq0064
 
 

「星造機」は星を眺(なが)めるような気持ちで楽しめる光のオブジェです。天井からこの青い星たちが定期的に下に降りてきますが、その数を数えることは意外に難しいのです。
 
2014_0822tenq0067
 
 

企画展示室に「宇宙旅行」をテーマにした展示がありました。
 
2014_0822tenq0073
 
 

①宇宙旅行でジャンプ!! ②宇宙旅行、何をしましょう? ③宇宙旅行といってもいろいろあります。④現実化しつつある宇宙旅行はこれです。
 
2014_0822tenq0070
 
2014_0822tenq0071
 
2014_0822tenq0072
 
⑤宇宙旅行はみんなの想像をかきたてます。⑥あなたは、どんな宇宙旅行に行きたいですか?
 
2014_0822tenq0069

 
「イマジネーションの部屋」にはさまざまな遊具やクイズコーナーが並んでいます。ミッションラリーQ、アストロボール、宇宙ギャラリー、星造機、眺めルーム、太陽系テーブル、ここからしか見えない星座、みんなでつくる惑星パズル、宇宙自分診断など。
 
2014_0822tenq0077
 
2014_0822tenq0078
 
 

クイズが書かれた扉を開けると答えが書いてある仕組み
 
2014_0822tenq0079
 
 

「眺(なが)めルーム」では、色んな形をした椅子(いす)が用意され、くつろぎながら宇宙映像を眺められました。
 
2014_0822tenq0080
 
 

サイエンスの部屋で購入(300円)したガチャガチャに入っていた「ミッションラリーQ」(クロスワードバズル)はサイエンスの部屋とイマジネーションの部屋で見つけた展示情報で完成できるはずです。
 
2014_0822tenq0094
 
2014_0822tenq0095
 
 

約20問ある質問はいずれも難しく、即答できるものは大人でも半数にも満たないので、展示品の説明で一つひとつ確認する必要がありました。
 
2014_0822tenq0085
 
 

宇宙ギャラリー(下の写真2枚)にもヒントが隠されていました。
 
2014_0822tenq0082
 
2014_0822tenq0084
 
 

ヒントに書かれた場所で火星人を見つけて、火星人から秘密の数字を教えてもらいました。
 
2014_0822tenq0088
 
2014_0822tenq0091
 
 

(続く)

« TenQ 宇宙ミュージアム(前編) | トップページ | TenQ 宇宙ミュージアム(後編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60237737

この記事へのトラックバック一覧です: TenQ 宇宙ミュージアム(中編):

« TenQ 宇宙ミュージアム(前編) | トップページ | TenQ 宇宙ミュージアム(後編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ