« 東三河の魅力探訪 阿寺の七滝(後編) | トップページ | 東三河の魅力探訪 鳳来寺山(その2) »

2014年10月 5日 (日)

東三河の魅力探訪 鳳来寺山(その1)

明治橋西交差点まで戻って国道151号へ入り、湯谷温泉の手前で県道439号へ反(そ)れ、さらに県道524号(鳳来寺山パークウェイ)へと左折しました。ちなみに、鳳来寺山(ほうらいじさん)パークウェイは有料道路として昭和46年(1971年)に愛知県道路公社によって建設されましたが、平成17年(2005年)に無料開放されました。
 
 

鳳来寺山パークウェイは楽しいドライブを予感させますが、「この先 落石の恐れ」の注意報が気にかかります。
 
2014_09150095
 
 

坂道を少し上がると落石防護ネットが設置された崖が現れました。
 
2014_09150097
 
曲がりくねった道で坂を上りきった場所に「鳳来寺・東照宮」へ向かう三差路が現れました。
 
2014_09150098
 
 

この道は鳳来寺山パークウェイの分岐道で、鳳来寺山の山頂下にある鳳来寺と東照宮の近くまで行くことができます。駐車場は現在も有料(料金510円)です。
 
2014_09150099
 
 

ここにも落石防護ネットが設置されています。
 
2014_09150100
 
 

前方に鳳来寺山駐車場の案内看板とゲートが見えました。
 
2014_09150101
 
 

さらに進むと料金所です。
 
2014_09150102
 
 

料金所を通過して駐車場の奥の車を停めました。
 
2014_09150103
 
 

駐車場からの眺(なが)め
 
2014_09150104
 
 

鳳来寺山パークウェイは明治百年記念事業で建設されたようです。
 
2014_09150105
 
 

駐車場の右奥に東照宮と鳳来寺本堂へ向かう遊歩道がありました。
 
2014_09150106
 
 

遊歩道の入口に土産物屋兼食堂が2軒並んでいます。
 
2014_09150108
 
 

9月中旬ですがまだかき氷を売っているようです。
 
2014_09150109
 
 

鳳来寺本堂と東照宮には鳳来寺バス停から表参道を経由しても上れますが1.2kmの坂道に加えて1425段の石段がありますから大変そうです。ちなみに、石段の参道で有名な四国の金刀比羅宮(ことひらぐう)は本宮拝殿までが785段、奥社まで1368段です。また、鳳来寺山の山頂(最高峰)である瑠璃山(るりさん、標高695m)までは2km弱のようです。
 
2014_09150110
 
 

なだらかな遊歩道が続きます。
 
2014_09150111
 
 

遊歩道から鳳来寺の本堂と奥の院及び岡崎市と豊川市の境界にある本宮山(標高789m)などが展望できるようです。
 
2014_09150112
 
 

紅葉が始まりました。
 
2014_09150114
 
 

案内看板通りに本宮山(写真中央)の山頂付近が手前の御岳山(みたけやま、標高664m)の山並みから少しだけ覗(のぞ)いています。その手前には表参道に沿って立ち並ぶ家並みが確認できます。
 
2014_09150116
 
 

鳳来寺の本堂の左手にある鐘楼(しょうろう)が木立の間に見えます。左後方は仏法僧(ぶっぽうそう)の鳴き声が美しく響くといわれる鏡岩(かがみいわ)のようです。
 
2014_09150117
 
 

瑠璃山と奥の院方向
 
2014_09150119
 
 

(続く)

« 東三河の魅力探訪 阿寺の七滝(後編) | トップページ | 東三河の魅力探訪 鳳来寺山(その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60424322

この記事へのトラックバック一覧です: 東三河の魅力探訪 鳳来寺山(その1):

« 東三河の魅力探訪 阿寺の七滝(後編) | トップページ | 東三河の魅力探訪 鳳来寺山(その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ