« メガネについての雑感 | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台南市の赤嵌楼 »

2014年11月30日 (日)

臺灣縦断超速美食紀行 台南駅と台南大飯店

台湾鉄路管理局縦貫線の台南駅に到着しました。
 
2014_10230367
 
現在の駅舎は1936年に完成したもののようです。
 
2014_10230352
 
 

台南駅前には「民族英雄 鄭成功(ていせいこう)銅像」が立っています。
 
2014_10230365
 
 

台南駅の右後方にそびえる高層ビルの頂部に「百達」(ばいだー)と表示されていますから、百達文教中心(センター)かと思いましたが、駅に近い立地とタワーの高さから見て「香格里拉台南遠東國際大飯店」(シャングリ・ラ・ファーイースタンプラザ・台南、地上38階建)のようです。
 
 
2014_10230366
 
 

目的地は台南駅前にある台南大飯店
 
2014_10230353
 
2014_10230364
 
 

ホテルのホールには古い写真が多数飾られていました。「環顧過往」は昔を回顧(かいこ)するという意味でしょう。そして、「1965年火車站前景緻」は1965年時点における鉄道駅の写真であることを指しているようです。
 
2014_10230354
 
 

階上にある広東料理レストラン「孔雀廳」(こんちゅえちょう)の円卓に飲茶(やむちゃ)料理が準備されていました。
 
2014_10230356
 
 

着席すると、シューマイ、各種餃子類やチャーシュー饅(まん)など、飲茶料理の蒸篭(せいろ)がいくつも円卓の回転台に並びました。
 
2014_10230358
 
 

大根餅は日本人の舌にはちょっと・・。
 
2014_10230359
 
 

各自、好きなものを小皿に取り分けます。
 
2014_10230360
 
 

飲み物は台湾ビールです。炒飯も少しだけ・・。
 
2014_10230361
 
 

煮玉子と小海老が入った野菜スープ
 
2014_10230362
 
 

空芯菜(くうしんさい)は同行者の好物。蕹菜(ようさい)とも呼ばれるようです。
 
2014_10230363
 
 

昼食に満足して台南大飯店を出ました。(続く)

« メガネについての雑感 | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台南市の赤嵌楼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60735924

この記事へのトラックバック一覧です: 臺灣縦断超速美食紀行 台南駅と台南大飯店:

« メガネについての雑感 | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台南市の赤嵌楼 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ