« 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の壽山国家自然公園(その2) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の海鮮料理 »

2014年11月 6日 (木)

臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の壽山国家自然公園(その3)

道路を横断して慈済宮(保生大帝廟)へ向かいます。竜虎棟はこの慈済宮の一部とみなされているようです。多数の龍に護(まも)られた慈済宮の造形はきわめて派手ですが、内部から華美な光が漏れています。そして、廟(びょう、中国寺院)の前には果物屋などの露店が市をなしています。
 
2014_10230163
 
 

1974年に建てられたこの中国寺院は呉本という1000年以上前(宋の時代)の福建省の高名な医師を主神の保正大帝として祀(まつ)る福建省の慈済宮から高雄の地に分霊して、病気平癒(へいゆ)の医神(日本風に言えば無病息災の神様)として民間信仰の対象になっているそうです。大帝は工程や帝王の尊称で、慈済宮は当時の王が名づけたとのこと。ちなみに、右下の幟(のぼり)にある「冰棒」は日本語の漢字にすれば氷の棒、つまりアイスキャンディです。
 
2014_10230164
 
 

廟の中に入って驚きました。朱色に金色をアクセントとする色遣(いろづか)いの派手さでは金色を主体とした(白色と対比させた)パリ郊外にあるベルサイユ宮殿や南ドイツのノイシュヴァンシュタイン城も顔色を失うのではないかと思われるほどです。フラッシュは使用できませんから、残念ながらややくすんだ色合いに写っています。
 
2014_10230166
 
 

天井の装飾にも見とれてしまいました。
 
2014_10230167
 
 

最前列から見た主神の後方には竜が描かれています。
 
2014_10230168
 
 

向かって左側の祭神たち
 
2014_10230169
 
2014_10230170
 
 

向かって右側の祭神たち
 
2014_10230171
 
2014_10230172
 
 

廟の中から龍虎塔が良く見えます。上の額に書かれた「紫微長照」の「紫微」は陰陽五行説で天帝が住むところ(北極星のこと)で、そこから生命を司る力が流れ込むといわれます。つまり、「北極星は永遠に下界を照らす」という意味でしょう。
 
2014_10230173
 
   

台湾(中国)のお線香は巨大です。長くて太いだけではなく、弦巻(つるまき、コイル状)バネのような形をしたものもありました。
 
2014_10230176
 
大きな賽銭箱(さいせんばこ)を見つけた同行者はお賽銭を入れています。
 
2014_10230174
 
 

大きな賽銭箱に興味を持った私はその扉を探して反対側を見て驚きました。なんと、古い金庫でした。びっくりしながら撮影したため手振れ写真になってしまいましたが、金庫であることはお分かりいただけると思います。
 
2014_10230175
 
 

湖畔に阿里山の茶を売る屋台がありました。国定公園である阿里山は台湾中央部(やや南)、台湾新幹線嘉義駅東方の山岳地域にあり、日本の京都・宇治のように台湾における高級茶の産地です。「冷泡茶」とは水出し冷茶で、「心静飲茶」(心静かに茶を飲む)、「茶飲静心」(茶を飲めば心が静まる)、「清涼好喝」(清涼なおいしさ)と謳(うた)い文句(もんく)が並んでいます。ちなみに、右端の箱に書かれた「彈珠汽水」の「彈珠」はビー玉で、「汽水」はソーダ水、つまりラムネを意味するのです。「彈」は日本では「弾」に対応します。
 
2014_10230177
 
 

市街地を南西方向へ5kmほど進み、曲がりくねった山道を登ると壽(寿)山の山頂付近に広がる壽(寿)山公園(別名万寿山公園)に到着しました。壽(寿)山は市街地と海を隔てるように横たわる山塊(さんかい)です。前方にある階段の先には国民革命の烈士(りえし、革命に殉じた人)たちの霊を奉る中国宮殿建築様式の忠烈祠(ちゅうれつし)があります。写真ではよく見えませんが、中央の門に「忠烈祠」と表示されています。
 
2014_10230185
 
 

左手に数十m歩いた展望台からは、高雄港のほか、西子湾の夕日や高雄市の夜景が眺(なが)められました。
   
2014_10230181
 
2014_10230179
 
(続く)

« 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の壽山国家自然公園(その2) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の海鮮料理 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60606297

この記事へのトラックバック一覧です: 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の壽山国家自然公園(その3):

« 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の壽山国家自然公園(その2) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 高雄市の海鮮料理 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ