« 洛南の紅葉名所 東福寺(その2) | トップページ | 洛南の紅葉名所 東福寺(その4) »

2014年12月11日 (木)

洛南の紅葉名所 東福寺(その3)

『洗玉澗(せんぎょくかん)と呼ばれるカエデの雲海が色づいており、通天橋からの眺(なが)めはまるで茜色(あかねいろ)の天上を散歩しているかのようにさえ思われるほど』との解説通りの景観です。方丈にも展望台がありました。
 
2014_11280165
 
 

東福寺を開山(かいさん、開創)した聖一国師(しょういちこくし)が宋より持ち帰った唐楓をはじめ、境内の約2000本ものカエデがお寺を秋色に染め上げていました。そして、ハラハラと舞い落ちる楓の葉にも趣(おもむ)きが感じられます。ちなみに、国師(こくし、くす)は天皇から贈られる諡号(しごう)の1つです。
 
2014_11280166   
2014_11280167   
2014_11280168   
2014_11280169
 
 

欄干(らんかん)越しに通天橋の中央部を振り返りました。
 
2014_11280170
 
 

通天橋から三ノ橋川までの傾斜地にも紅葉が輝いています。
 
2014_11280173   
2014_11280172   
2014_11280171
 
 

通天橋を渡り終えた所には直行する廊下の入口がありました。
 
2014_11280174
 
 

通天橋から右折してこの屋根付廊下に入ると開山堂へ行けるようです。
 
2014_11280176
 
 

その廊下から見た開山堂の回廊(かいろう)。ちなみに、開山堂とは仏教寺院において開山(最初の僧侶)の像を祀った堂、つまり祀堂(しどう)のことで、御影堂(みえいどう)と呼ぶ宗派もあります。
 
2014_11280158
 
 

緩(ゆる)やかな階段を上がり、廊下が左へ折れ曲がった場所で振り返りました。
 
2014_11280179
 
 

緑色のままの楓が目にも鮮やかです。
 
2014_11280178
 
 

大きな山門を潜(くぐ)って入った開山塔院の開山堂(重要文化財)は、別名「常楽庵」とも呼ばれ、正面柱間が八間ある禅式瓦敷(かわらしき)屋根を特徴とし、東福寺を開山した帰国僧の円爾弁円(えんにべんえん)、つまり「聖一国師」の像を安置しているそうです。屋上に楼閣を持つ珍しい形式です。
 
2014_11280180
 
 

右手にある石製の手水鉢(ちょうずばち)に紅葉が何枚も浮かんでいます。
 
2014_11280181
 
 

その先にある池付近には緑色が鮮やかな苔(こけ)
 
2014_11280183
 
 

山門から続く参道を振り返ると白砂に市松模様が描かれた石庭を見渡すことができました。右手に見える建物は方丈(ほうじょう、僧の住まい)であったとされる普門院(ふもんいん)です。
 
2014_11280188
 
 

開山堂の内部には簡素な祭壇と「聖一国師」の名前が書かれた額が見えました。
 
2014_11280187

 
普門院の前から枯山水(かれさんすい、石庭)越しに見た築山と借景(しゃっけい)は人気がスポットのようで、濡れ縁(ぬれえん)に腰かけて鑑賞する人が大勢いました。
 
2014_11280189
 
 

開山堂を退出するため、回廊を通って山門へ向かいます。(続く)

« 洛南の紅葉名所 東福寺(その2) | トップページ | 洛南の紅葉名所 東福寺(その4) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60793341

この記事へのトラックバック一覧です: 洛南の紅葉名所 東福寺(その3):

« 洛南の紅葉名所 東福寺(その2) | トップページ | 洛南の紅葉名所 東福寺(その4) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ