« 洛南の紅葉名所 東福寺(その5) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台中市の中心部へ »

2014年12月14日 (日)

洛南の紅葉名所 東福寺(最終回)

水明院の玄関を入り、隣室から外を見ました。
 
2014_11280249
 
 

光明院の内部(玄関方向)
 
2014_11280239   
2014_11280240
 
 

光明院の見どころは作庭家の重森三玲によって手掛けられた「虹の苔寺(こけでら)」と称される庭園です。苔の緑の上に紅葉の赤が降りかかり、美しいコントラストを織成(おりな)す名庭を濡れ縁(ぬれえん)に座ってじっくり眺(なが)めました。
 
2014_11280236   
2014_11280237

 
お茶を楽しむひとたちの居る部屋の前を通って、左手の展望室へ向かいました。
 
2014_11280241
 
 

高い場所から見る枯山水と紅葉のコントラストは見事です。
   
2014_11280245

 
先ほどまでいた濡れ縁(左上)に座る人が増えたようです。
 
2014_11280244
 
 

元の場所へ戻る廊下から手水鉢(ちょうずばち)に沈む紅葉を見つけました。
 
2014_11280247
 
 

玄関の右手にある建物へ向かいました。枯山水と紅葉は違う雰囲気を感じさせます。
 

2014_11280250 
2014_11280251
 
濡れ縁と方向を撮影
 
2014_11280252

 
紅葉茣蓙(ござ)
 
2014_11280253   
2014_11280254

 
水明院に40分ほど滞在したあと、次の目的地である泉涌寺(せんにゅうじ)へ向かうことにしました。光明院から見て北東方向、約800mに位置しますが、Yahoo!地図で確認すると、直線的に行く道はありません。止むを得ず東福寺境内の外側の道(南・西・北)を利用して遠回りすることにしました。南側の道に面した「桂昌院」には宇多天皇の菩提所でした。
 
2014_11280255

 
南門を抜けます。
   
2014_11280256   
2014_11280257

 
東福寺の西側を通る伏見街道に出ると、ほどなく第三橋があります。ネットで調べると、伏見街道には全部で4つの橋があるそうです。
 
2014_11280258

 
伏見街道筋の雰囲気を今に表現するきれいな民家
 
2014_11280260

 
竹細工の店には様々なものが展示してあります。私は面白い形をした「一輪挿し」と昔懐かしい「足ふみ」と「こっぽり」に興味を惹(ひ)かれました。
 
2014_11280261

 
東山本町陵墓参考地は伏見区深草車坂町にあるとされる仲恭天皇(第95代天皇)に関するもののようです。
 
2014_11280263
 
東福寺の北大門前まで戻り、さらに東福寺の北駐車場入り口付近を通過
 
2014_11280264

 
紅葉が美しい東福寺の参拝記事を6回にわたって投稿したところで、次の訪問先である「水涌寺」はまたの機会に譲って、台湾旅行の記事に戻ることにします。(続く)

« 洛南の紅葉名所 東福寺(その5) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台中市の中心部へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146335/60807844

この記事へのトラックバック一覧です: 洛南の紅葉名所 東福寺(最終回):

« 洛南の紅葉名所 東福寺(その5) | トップページ | 臺灣縦断超速美食紀行 台中市の中心部へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ